子宮温活で冷えとり

この一ヵ月子宮温活をしてきた結果がスゴイ!

投稿日:2014/12/03 更新日:

年々、生理前の症状(PMS月経前症候群)が重くなってきたなぁと感じていました。これまでそういうことに恥ずかしいほど鈍感だったため、余計に症状を強く感じてしまっているのかも?

それが今月はPMS月経前症候群が全くなくて、生理が来て初めてそれを気づいたほど。いつもなら
「お腹が重いなぁ・・・そういえばなんとなくイライラするし・・・そろそろ生理が来るのかな?」
とアプリをチェックすると
「生理三日前です」
となっていたりしたのに。

その理由は・・・あれしか考えられません!

気持ちいいから続けていたら、結果的に子宮温活になっていたみたい

丸の内イルミネーション2010
丸の内イルミネーション2010 / Norio.NAKAYAMA

「子宮を温めるには仙骨を温めると良い」
と知ったのは一ヵ月ほど前のこと。

子宮温活は仙骨に注目!生理痛緩和・冷えとりに効果抜群の仙骨温め

あれ以来、毎日湯たんぽで仙骨を温め続けてきました。湯たんぽは柔らかいタイプの「ファシー」です。

入るお湯の量はわずかなので、朝湯たんぽに入れたらお昼に沸かし直し、日中はずっと仙骨にあてています。
途中こんなこともやらかしてしまいましたが、あれ以上ひどくなることもなくホッと一安心。

たま~にお湯を沸かすのが面倒になることもありますが(なにせ湯たんぽ二つのためにお湯を沸かすので)、今はもう仙骨にあてていないと物足りないというか・・・完全に習慣になってしまっています。

以前にも書いた通り、子宮を温めるにはお腹を温めるよりは仙骨を温めたほうがより子宮に近いということで仙骨にあてているのですが、正直、それで本当に子宮が温まっているのかは疑問ではありました。

お腹にあてていれば、その暖かさが子宮にまで届いているか・いないかは別として、お腹がじんわりと温まるのを感じます。
が、仙骨にあててもお腹が温かくなる感覚は得られません。ただ、「お尻が暖かいな~」と思うだけ。

もちろん、それだけで十分暖かくて気持ちいいのですが、「子宮温活」という点では若干の物足りなさも感じます。が、ここ一ヵ月は冬の定番「湯たんぽ&寝袋」に加え、「仙骨に湯たんぽ」でせっせと温活にいそしんできました。

ただ単に「暖かくて気持ちいい」というだけで一ヵ月続けてきましたが、フト気づけば
何の前触れもなく生理が来た
というわけで。

何の前触れもなく、と書くとなんだか悪いことがやってきたかのようですが(笑)、これまでは痛みや気持ちの揺らぎ等で
「来るぞ~、来るぞ~」
と警告させていたものが突然、
「来ちゃいました、えへっ」
的な感じでひょっこりとやってきた・・・という感じ。

特にここ数年、生理前のお腹の重い感じが気になっていたことだっただけに、予兆がなく生理が来るというのはこんなに快適なことだったなんて!という感じです。

生理中だけでなく、お腹の痛みから排卵日あたりからすでに生理が始まっているような感じで、
「なんだか一ヵ月の半分が生理中みたいな気分・・・」
と思っていただけに、あっけなく生理が来ただけで、なんだか久しぶりな気になってしまうほど(笑)

それにしても、生理前の気になる諸症状がないだけで、こんなにも快適に過ごせるものなのですね!お腹が重くならなかった他にも、排卵期に必ず引き込まれるような強い眠気に襲われていたのですが、今回はそれもありませんでした、気付けばw

湯たんぽは無理!という方は、仙骨にホッカイロをあてるだけでも効果は同じだと思います。もう女子に絶対おススメですよ~(#^.^#)


この投稿がお役に立ちましたら応援をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

関連記事

  • この記事を書いた人
haco.

haco.

2011年10月から始めた冷えとり健康法で、体や心に少しずつ変化がおきています。そんな様子を伝えていきます。⇒さらに詳しく

-子宮温活で冷えとり
-,

Copyright© 冷えとりと暮らそ。-冷えとりゆるゆる生活日記- , 2018 All Rights Reserved.