冷えとりめんげん 冷えとりブログ

耐え切れずに飲んだ薬の代償は

2012/03/14

冷えとりを神のようにあがめるつもりはありませんが、冷えとりの体験談を読んでいるとつい、
「冷えとりさえやっていれば、病気でもなんでも治るんだ!!」
という気持ちになってしまうことも。

 

これはあまり良い事とは言えませんね。

でも、冷えとりを始めて半年、
病気治しのために冷え取り健康法を始めた訳ではありませんが、それでも 「治ったらいいな~」と心の隅っこにずっと思っていたことがあります。

それは、
「花粉症が治ったらいいな」ということ。

 

耐えきれずに飲んだ薬の代償は

花粉症が発症するサイクルも私にはわからないし、
どうすれば 発症してしまった花粉症が治るのかどうかもわからない。

 

でもでも、
「冷えとり健康法を実践しているから」 という観点からでなく、
「体が冷えているから病気が起きる」 という観点から物事をみるならば、
花粉症を治すということが、さほど夢物語ではないような気になってくるのです・・・

 

ここで私の花粉の症状を書いておくと、
まず発症したのは20歳の頃。

 

祖母の葬儀に参加してて、大好きな祖母だったのでボロボロと泣いていたのですが、
泣くと必ず鼻が詰まるのはいつものこと。

 

その時も、泣いたせいで鼻が詰まるのだと思っていましたが、
涙がすっかり乾いたころになっても鼻づまりは治らず、
それどころか、経験したことのないほどの、まるでコンクリートでフタをしたかのようなひどい状態に陥ったのです。

 

思えばそれは3月の事。
それが長い花粉症の幕開けでした。

 

以来、毎年3月からゴールデンウィークの頃まで鼻はふさがったまま。
ずーーーっと口呼吸です。

 

この口呼吸ですが、今は鼻呼吸ではなく、口で呼吸する人が多いと聞きますが、
私は苦手。

 

口の中が乾いて、喉がカラカラしてくるし、
なにより、口で呼吸していると なぜかイライラしてくるのです。

 

夜も口呼吸では一睡もできず、仕方なく薬に頼ることになります。
そうでないと、生活がまわらなくなるので。

 

普段から薬を飲むことはまずないので、
「花粉の季節の間だけの我慢」
と、薬を飲む罪悪感をうちけすように自分を納得させていました。

 

でも、飲まないで済むなら、それに越したことがない・・・

 

ずっとそう思っていました。

 

だから、心のどこかに、「冷えとりをしているから花粉症が治るかも」という
淡い期待を抱いていたのです。

 

 

そんなことを考えながら突入した花粉シーズン2012。

 

いつもなら2月に入るころには耳鼻科で薬をもらっている頃。
それが、2月は過ぎ、3月に入っても鼻がふさがらない!!

 

あまりの今までとの違いに、
「今年はまだ花粉が飛んでないのかな?」とか
「今年は花粉の量がたいしたことないのかもしれない」などと
花粉症が発症しない理由を探しつつも、
実は心の中では小さくガッツポーズをしていたのですw

 

しかし、花粉予報でも 「今が花粉のピークです」を言っていたその夜、
さすがに鼻がムズムズし始め、あっという間に鼻にコンクリートを詰めたいつもの状態に。

 

やはり・・・
冷えとりで花粉症を治すのは無理なことなのでしょうか。

 

 

 

薬はすぐに効き、イライラを招く鼻のムズムズも次第に消え、
就寝する頃にはすっきりと鼻が通り、口呼吸せずに眠りにつきました。

 

ところが翌日、
朝起きて家事をしていると、頭の奥の奥、芯の方で、
ズキーーーン、ズキーーーンと痛むのです。

 

最初は手を止めて耳を澄まさないとわからないほどの痛みも、
次第に気を紛らわせなければならないほどの まぎれもない痛みに。

 

普段あまり頭痛になることがないのでこれには参りました。

 

しかたなく少し横になって休むことに。
私はよく、痛い時や辛い時などに「寝て治す」という方法をとるのです。

 

目が覚めたころには すっかり頭痛も消えいていてホッと一安心。

 

と、そこでフト気付きました。
もしや、この頭痛は薬を飲んだめんげん・・・?

 

よくよく考えてみると、
私がこれまで経験したことのある数少ない頭痛に比べると、
痛み方・痛む場所が全然違いました。

 

たまに痛くなるのは、こめかみが痛くなるタイプ。
それに対し、今回初めて経験した、頭の芯がうずくタイプ。

 

これはまさに、薬を飲んだことによって出た毒・・・?

 

・・・な~んて考えるとキリがないですが^^;
でもこんな風に立ち止まって考えてみるということは大切ですね。

 


この投稿がお役に立ちましたら応援をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

関連記事

  • この記事を書いた人
haco.

haco.

2011年10月から始めた冷えとり健康法で、体や心に少しずつ変化がおきています。そんな様子を伝えていきます。⇒さらに詳しく

-冷えとりめんげん, 冷えとりブログ
-, , ,

Copyright© 冷えとりと暮らそ。-冷えとりゆるゆる生活日記- , 2020 All Rights Reserved.