冷えとりめんげん 冷えとりブログ

【画像あり】 足のめんげん、その後

2012/03/19

これまでも何度かお伝えしてきた、膝下の傷。

 

足の痒みは一時期ほどひどくはありませんが、それでもたまに我慢できないほど痒くなって、バリバリと強く掻いてしまうことがあります。

 

気を付けて掻いているつもりでも、皮膚の方は正直で、すぐにあちこちに傷ができます。
そのまま治ることもあれば、例の 「靴下にパリッ」とくっつくこともあり。

 

それでも 一番ひどかった右足のすねの傷までは至らなのでホッとしています。

 

【画像あり】 足のめんげん、その後

それよりも何よりも、痒くて痒くて仕方ない時に、
ズボンをあげて、レギンスを3枚あげて、靴下を数枚下ろして・・・と、
なかなか皮膚があらわれてこないのがもどかしいったら(^_^;)

 

ズボンやレギンスの上から掻くくらいじゃもう収まらないあの強い痒み。
わかってもらえるでしょうか。

 

一番ひどかった傷ですが、傷パワーパッドのおかげですっかり治りました。
靴下を脱ぐ時に、傷口がピッタリとくっついていないというのは快適です。

 

その傷ですが、今はこんな感じ。

 

傷だらけで、治ってきた部分があちこちにあって まだらな色の足になっています。

 

841さんの傷のその後と同じような感じに なってます。
バリバリと掻いた後は、傷にはならなかったものの、皮膚がテカテカしています。

 

自慢じゃないけど、顔の肌に比べ、いつも靴下で覆われていることの多かった私の足は、色も白くてシミひとつないきれいなものでした。

 

ところが今じゃ・・・

 

進藤幸恵さんや841さんは
「ウソのようにキレイに治る」
とおっしゃっていますが、この足を見る限り、そうなるとは到底思えません(>_<)

 

今後見せることもないだろうからいいですが(^_^;)

 


この投稿がお役に立ちましたら応援をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

関連記事

  • この記事を書いた人
haco.

haco.

2011年10月から始めた冷えとり健康法で、体や心に少しずつ変化がおきています。そんな様子を伝えていきます。⇒さらに詳しく

-冷えとりめんげん, 冷えとりブログ
-,

Copyright© 冷えとりと暮らそ。-冷えとりゆるゆる生活日記- , 2020 All Rights Reserved.