冷えとりブログ 冷えとり生活 湯洗い・湯シャン

髪をお湯で洗うだけの「湯シャン」に変えたら良いことだらけ!

投稿日:2012/07/05 更新日:

 

先日の記事でも触れましたが、ここ数日、新たな洗髪法にチャレンジしています。
関連記事 悪いものは子宮にたまる

 

それは「髪の湯洗い」。

 

その名の通り、シャンプーや石鹸を使わずに「髪をお湯だけで洗う」 洗髪方法で、湯シャンと呼ばれています。

 

湯シャンを試してみて一週間になりますが、良いことだらけで・・・もう石鹸シャンプーにすら戻れなそうな予感です。

 

\ 新湯シャン生活♪ 地肌専用 /
すっぴん地肌

髪を湯シャンに変えたら

私がそれまで使っていた合成シャンプーから、石鹸シャンプーに変えたのはここ10年。 かなり試行錯誤はしましたが、この5年は完全に石鹸シャンプーのみとなりました。

 

合成シャンプーから石鹸シャンプーに変えたのにはいろいろ理由がありますが、先日の子宮の記事の件もあるし、一番は「頭がかゆい」これにつきます。

 

元々化粧品にかぶれたりすることは全くなかったのですが、ある時、CMでも有名な某シャンプーを使ったら 頭皮に湿疹ができ。そんなことは初めてだったのでビックリ!

 

信じられなかったので、湿疹が治ってもう一度そのシャンプーを使ってみたところ、
やはり同じように湿疹ができたので、「シャンプーのせいだ」 と確信しました。

 

それから抜け毛。

 

出産してしばらくは体重が減ったせいか髪が抜けましたが、それ以降もシャンプーの度に髪が抜け続けました。

 

毛量が多いので、多少の抜け毛は心配ないのですが、抜けてどうのというよりも「どうしてこんなに抜けるのか?」が気になって仕方ありませんでした。

 

石鹸シャンプーに変えてから、痒みも抜け毛も以前ほどではなくなったものの、洗った直後から頭が痒くなるたびに、「何を使ってもダメなのかなぁ・・・」と悲しくなることも。

 

ヘアカラーもせず、トリートメントもかねてマハラニ ヘナヘナを愛用していますが、そのヘナ通販のサイトを見ていた時に、「ハーブシャンプー」というものを発見。

 

ハーブシャンプーって、いろいろなメーカーから出ていますよね。
最初はそういうものだと思っていましたが、全然違いました。

 

インドハーブ100%の粉シャンプーをお湯に溶かして地肌を洗う、泡立たないシャンプー

 

というもの。

使ってみたい~!!なんでも、頭がスッキリと軽くなるのだとか。ぜひ試してみたい!

 

ただ、送料も結構かかるのでちょっとクールダウン(^_^;)
その場で注文してしまうのが私の悪いクセなので。(ただ、近いうちにきっと注文するでしょうね・・・笑)

 

そこで、「それならいっそのこと、何も使わずにお湯だけで洗ってみようか」そう思い立ち、検索してみるとこれが・・・結構いるんですね、お湯洗い洗髪をしている方!

 

まずはシャンプー前によくブラッシングして地肌の汚れを浮かせ、少々熱めのシャワーでよーーーく地肌を洗います。

 

たったこれだけ♪

 

それなのにこれが驚くほど気持ちいい!
そして洗い終わっても地肌が痒くない♪その上 超お手軽っ!!

 

これまでシャンプーは二日に一回でしたが、お湯洗いにしてからは あまりに簡単なので毎日洗っています(^-^)

 

そして湯洗いをするようになってから、抜け毛が激減したのです。
排水溝にたまる抜け毛の量の違いは歴然!

 

やはり・・・たとえそれが石鹸シャンプーであっても、地肌にはよくなかったのでしょうか・・・?

 

それから、冷えとり的に見ても湯洗いはおススメ。
何といってもお手軽だから、サッと洗ってすぐに半身浴タイム♪

冬場の寒い時などは特にいいかもしれませんね~(^-^)

 

心配していた地肌の臭いも今のところ一切なし。
これには驚きました。
どうして・・・?

 

冷えとりを始めてからというもの、それまでの常識が私の生活には 非常識になりつつあります。

それがまた楽しいのですが♪

 

あ、でも髪をお湯で洗っているだけと聞いても引かないでくださいね(^_^;)
本当に臭わないんですって・・・ホントに・・・

 

おーーーい、ついてきてくれてます・・・?

\ 新湯シャン生活♪ 地肌専用 /
すっぴん地肌


この投稿がお役に立ちましたら応援をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

関連記事

  • この記事を書いた人
haco.

haco.

2011年10月から始めた冷えとり健康法で、体や心に少しずつ変化がおきています。そんな様子を伝えていきます。⇒さらに詳しく

-冷えとりブログ, 冷えとり生活, 湯洗い・湯シャン
-, ,

Copyright© 冷えとりと暮らそ。-冷えとりゆるゆる生活日記- , 2018 All Rights Reserved.