冷えとりしたらこうなった 冷えとりブログ 冷えとり生活 最近の記事

冷えとりをすると「手放す」ことが楽になる

2013/11/19

先日、「郡上もりのこ鍼灸院」の加藤さんのブログで、
この記事を読みました。

冷え取りをすると‘手放す’ことが楽になる

 

これを読んで、
「そうか、そうだったのね!」
とスッキリ解決した気持ちになりました。

というのもここ最近、私は
「手放す」
ことがとても上手になったと感じていたから。

何を手放すか?
なんでも、です。

自分の中で一番収穫が大きかったものは
「感情を手放した」こと。

私は一人で単純な作業をしている時、
具体的に言うと 「食器を洗っている時」と「洗濯物を干している時」なのですが、
なぜかこの二つの作業中は嫌な事ばかり考えてしまうのです。

なんであの人はあの時あんなこと言ったのだろう。
どうしてあの時、あの人は意地悪だったのだろう。
なぜ私はあの時、もっと怒らなかったのだろう。
酷い事を言われたのに言い返せないどころか、へらへら笑っていた自分が悔しい・・・

などなどなど。
もう書きだしたらきりがありません。

 

そして本当に不思議なのですが、
どうしてこうも負の感情が一気に湧き上がってくるのか、自分でもわかりませんでした。

 

でも、ある時から、浮かび上がる負の感情を
「感謝のイメージに変える」
という方法を覚えたので、負の感情が沸きあがるたびに、
「あ、いけないいけない、感謝感謝」
と思い直し、両親・夫・子供・ご先祖様、ひいては電気がスイッチを入れたら灯ることにさえ!!
感謝する気持ちに置き換えることができるようになったのです。

 

ただ、置き換えられるようになったのはいいのですが、
置き換えるたびに 【自分の中で一瞬でも沸いた強い負の感情】 にうんざりさせられるのです・・・。

毎回毎回、そのことに気付いてしまい、自分にガッカリ・・・みたいな。

 

一歩進んだものの、また戻らされそうになる感情のふりこの揺れに、
少々疲れることもありました。

 

それがなぜかここのところ、
「そんな感情の全てを手放す」
という事が出来るようになり、自分の突然の変化に驚きもし、
またとても嬉しく思っていた時にこの記事を目にしたので、
本当に嬉しく感じました。

 

自分が良かれと思ってしたことや、
可哀想、大変そうと思う気持ち、
それらは裏を返すとすべて「エゴ」。
自分の気持ちの押し付けという見方もできます。

 

そしてその「エゴ」がスムースに受け取ってもらえなかったりすると、
その相手に対して 多少なりとも負の感情が沸くわけです。

 

全てがエゴが招いた負のスパイラルです。

 

昔から私は考えるのが好きで、物ごとをつく詰めて考えていくタイプなので、
物事を棚上げしたり、「ま、いっか」と一見投げ出すように見える行為が好きではありませんでした。

 

投げ出しそうになると、
「いかんいかん」
とわざわざ自分を元の場所に連れ戻して考え直したりしていたし。

 

でもそれらすべてを 「手放し」てみたら、あまりにも自由であることに気付いたのです。
そして、手放したことで状況がどんどん良くなっていったのですから驚きです。

 

これは引き寄せの法則などでも言われていることですね。
手放すことで、入ってくるというか。

 

ここのところ、簡単に手放すことができていたので、
「私も歳をとったのかな」
と思っていましたが、どうやらそれも冷えとりをしていたおかげなのだとか。
うわ~、なんか嬉しいな、それ。

 

冷えとりって、体の冷えを取るだけではない、
感情の変化までも起こしてくれるのですね。
またまた、冷えとりの新しい魅力発見です。

 


この投稿がお役に立ちましたら応援をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

関連記事

  • この記事を書いた人
haco.

haco.

2011年10月から始めた冷えとり健康法で、体や心に少しずつ変化がおきています。そんな様子を伝えていきます。⇒さらに詳しく

-冷えとりしたらこうなった, 冷えとりブログ, 冷えとり生活, 最近の記事
-,

Copyright© 冷えとりと暮らそ。-冷えとりゆるゆる生活日記- , 2020 All Rights Reserved.