冷えとりブログ 冷えとり生活 最近の記事

めんげんとすね毛の関係

2013/03/29

先日、子供の学校の卒業式に参加した際、スーツにストッキングという服装で出席しました。
冷えとりをしているとなるべく避けたいものの一つに化繊のストッキングがありますが、こういう場面では致し方ありません。

 

ストッキングの代わりに綿のタイツを履くという手もありますが、卒業式という場面ではそういうわけにもいかないので、肌が透ける薄手の黒ストッキングを着用しました。

 

・・・となると、この足のすねに生えっぱなしになっているムダ毛を、どうにかしなければなりません(>_<)

 

体ってすごい!防衛本能で毛深くなった?

以前ならムダ毛に対して適切な処理をしてきましたが、結婚後子育て中は「出かける前だけキチンと処理する」になり、今では「処理しない」に変わってしまいました。

 

特に冷えとり健康法を始めてからというもの足の皮膚なんて、何枚も重ね履きした靴下の、下の下の方にあるわけですから、すね毛の処理どころかここ最近の自分のすね毛の現状すらわかっていません(^_^;)

 

多分、ものすごい事になってるのだろうなぁ・・・・

 

さすがに卒業式にはこのままでは行けないので、前日の夜、お風呂場で処理することにしました。

 

そして、久しぶりにじっくり自分のすね毛を見て大笑い!

ナニコレ、男の人の足だ~(^_^;)

そして何より驚いたことに、ムダ毛が集中していた場所に、この冬、掻きまくった跡らしきものがありました。

 

面白いことに、一番ムダ毛が多く、なおかつ濃くてしっかりした毛が生えていたのは、ひどく掻いた場所だったのです。

 

そこで気づいたのが、
「この冬、肌の掻き壊しを防げたのは、ムダ毛のおかげ」
だったということ。

 

確か昨年も、痒かったところの毛が太く濃くなっていました。

これはもしかして、体の防衛本能が働いて、毛で皮膚を保護してくれたのでしょうか?

もしそうだとしたら体って本当にすごいですね。
学習能力があるというか、ちゃんと対応してくれていたのですね。

 

ムダ毛とはよく言いますが、決して無駄に生えているのではないなぁと感心してしまいました。
この毛がなかったら、きっと今年も掻き壊しに泣かされたことでしょう。

 

今回ばかりはムダ毛に感謝しなければならないかも?ですね。

 


この投稿がお役に立ちましたら応援をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

関連記事

  • この記事を書いた人
haco.

haco.

2011年10月から始めた冷えとり健康法で、体や心に少しずつ変化がおきています。そんな様子を伝えていきます。⇒さらに詳しく

-冷えとりブログ, 冷えとり生活, 最近の記事
-

Copyright© 冷えとりと暮らそ。-冷えとりゆるゆる生活日記- , 2020 All Rights Reserved.