冷えとりしたらこうなった 冷えとりブログ 冷えとり生活 最近の記事

2013年 スギ花粉はいつまで?

2013/03/17

 

「2013年の花粉は飛散量が多い」
と散々驚かされ、いつ来るか、来たらピークはいつなのか?
・・・と、毎日ドキドキしながら暮らしてきました。

 

連日の暖かさで一気に花粉のピークに達したわけですが、
どういうわけか・・・重度の花粉症である私なのに、この大変だという年に未だなんとか過ごせているという・・・。

 

こっ、これはもしや、冷えとりのおかげ・・・。

 

基本的に専業主婦で用がなければ家にいられる環境なので、
「今日は風が強いから花粉が飛びますよ」
「暖かいから花粉が飛びますよ」
という予報を朝見た日には、
「今日は郵便局に行く予定だったけど明日でいいや」
と融通をきかせることができます。

 

これは花粉症の私にとって本当にありがたいこと。

 

ただ、どうしたって出かけなきゃならないこともあります。
そんな時には完全武装です

 

花粉用メガネ・マスク・帽子・ナイロン製の上着

 

どれもこれも、いわゆる「花粉症のテッパン」ではありますが、
こういう定番もの、今さらそんなことはわかりきってる的なものが、
やっぱり基本中の基本のよう。

 

テレビや本などで花粉症対策を見ていても、
専門家が必ずこの事は言っていますね。

 

おへそが背中の方にまわっているようなひねくれものの私ですが(笑)、
ここはひとつ従順に、素直に専門家の意見に従っています。

 

それからマスクですが、私なりのこだわりとして、
「布マスク」
にこだわり続けています。

この ケーパイン立体ガーゼマスク がもうぞっこんLOVE。

 

使い捨てのマスクは内側に水滴がついたり、
肌の調子が悪い時などはチクチク不快に感じたりと、どうしても1日中つけていることができませんでした。

 

でもこのガーゼの布マスクは、
もちろん水滴がたまることもなく、それどころかいつもさらりとしていて快適♪
呼吸も苦しくならないし、ケバケバも使い捨てマスクよりは気になりません。

 

しかも、顔半分が隠れる大判サイズなので、ノーメークを隠すのに最適。

 

今年もシーズン始めに数枚まとめ買いし、
それを毎日、時には日に何度か代えて洗って使っています。

 

細かい花粉を完璧に除去できるかという点からしたらあれかもしれませんが、
「快適にマスクを装着し続けられる」
という点ではこれに勝るものはないかなと。

 

そのマスクのせいなのか、それとも外出しないせいなのか、
あれほど 「今年の花粉は・・・」と言われていたのに、
なぜか今のところなんとか生活できていまして・・・

 

いや、そこはぜひとも 「冷えとりのおかげで」と言おうよ。

 

よくこのブログでも何度も書いていますが、
私は基本的に 冷えとり健康法でなんでも治るとは思っていません。

 

そう言うと、なんだか素晴らしい冷えとりが、急に宗教チックになってしまうような気がして・・・

 

ただ、間違いなくこれまでに比べ、花粉症の症状が軽減しています。
これは確かです。

 

冷えとり健康法でなんでも治る!
・・・と言ってしまうと誤解も出てくるでしょうから、今の正体を私はこんな風に考えてみました。

 

冷えとりを続けているおかげで、心身ともにリラックスすることができ、
その結果、ストレスが軽減して花粉症の症状も最小限におさまっている

 

お! 思いのほか、きれいにまとまった
いい着地ができた感じ(自己満足)

 

これまで冷えとり健康法をしてきてみた経験から言えば、
冷えを作るのって結局自分なんだなぁとつくづく思うわけです。

 

強いストレスも、体を冷やす悩みも、全部自分が作り出しているもの。
裏を返せば、ストレスも悩みもなければ冷えない体になる、ひいては病気知らずの体になれる!!

 

・・・安直すぎる・・・?

 

まぁ、ストレスも悩みも捨てろというのがまず大変なのですけれどね。
でもすべて自分に返ってくるわけですからね。

 

出来るところからやってみましょ。

 

ところで2013年のスギ花粉ですが、
西日本・東日本のピークはすでに超えているものの、
今年は飛散量が多いため、もうしばらく対策は必要なようです。

スギ花粉が終わっても、このあとまだヒノキも待っているわけですが・・・。

 

とりあえず、スギ花粉にお悩みの皆さん、今しばらく対策をして乗り切りましょう!!

 


この投稿がお役に立ちましたら応援をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

関連記事

  • この記事を書いた人
haco.

haco.

2011年10月から始めた冷えとり健康法で、体や心に少しずつ変化がおきています。そんな様子を伝えていきます。⇒さらに詳しく

-冷えとりしたらこうなった, 冷えとりブログ, 冷えとり生活, 最近の記事
-, , ,

Copyright© 冷えとりと暮らそ。-冷えとりゆるゆる生活日記- , 2020 All Rights Reserved.