冷えとり生活

鼠径部のマッサージを夏の習慣に

投稿日:2018/07/12 更新日:




にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

 

 

毎日暑いですね(>_<)

 

日中はなんとか汗をふきつつ扇風機で過ごせても、さすがに夕方から夜寝るときはクーラーを入れないことにはいられません。

 

クーラーをつけて布団をかけて寝る・・・なんとも贅沢で、これまでの浅い眠りがウソのようにぐっすり眠れるようになりました。

 

が、やはりクーラーをつけない時よりも体の冷えが気になるように。ましてや暑がりの子供が、目を離したすきにすぐに設定温度を下げるので(笑)、部屋の中でもなるべく冷気が届かないところにいたりして。

 

昨日もヨガでそんな話になりました。

 

 




クーラーをつけた部屋の中では一枚羽織ものを

暑いのでリネンのノースリーブばかりループできています。

 

何年か前にユニクロで色違いで買ったノースリーブシャツが3枚あり、汗をかいてもすぐにサラリと乾き、リネンなので張り感もあって、涼しいのにキチンと見せてくれるお気に入りの夏服です。

 

このままクーラーをつけると体がキンキンに冷える・・・(>_<)
でもなぜか羽織るのを忘れて「寒い・・・寒い・・・」と思いながら過ごしているという(笑)

 

そのせいか、ここのところ朝起きると体がだる重。ヨガの先生もその状態を「クーラーが効いた部屋の中で薄着をしているから」とズバリ指摘していました。

 

今は朝がだる重ですが、このまま続くと秋になって体にドーンと負担がきます。クーラーの温度設定も適温にし、暑い時こそ半身浴でしっかり体を温めたいと思います。

鼠径部をマッサージ

それから、冷えていると下半身がむくみやすいです。私は特に座って作業している時間が長いので、気を付けてケアしていないとすぐにむくみます。

 

座っていることから鼠径部がつまりやすいのかも?と思い、気づいた時に鼠径部のマッサージをしています。

 

思い出した時には手のこぶしでゴリゴリと流していますが、テニスボールを使うとイタ気持ちいい! 寝そべった状態で鼠径部にテニスボールを置き、自重でゴリゴリ。

 

痛いけれどこれをやったあとは心なしかスッキリします。
1度リンパを流したからと言ってOKではなく、生活していればたまるものでしょうから、気づいた時にこまめに行うのが大切ですね。

 

骨盤エクササイズのレッスンに参加すると、体についている筋肉や関節など、今までいかに無頓着で暮らしてきたのかよくわかります。

 

気づいた時でいいからその場でゆがみをリセット&マッサージ。この夏の習慣にしたいです。


この投稿がお役に立ちましたら応援をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

関連記事

  • この記事を書いた人
haco.

haco.

2011年10月から始めた冷えとり健康法で、体や心に少しずつ変化がおきています。そんな様子を伝えていきます。⇒さらに詳しく

-冷えとり生活
-

Copyright© 冷えとりと暮らそ。-冷えとりゆるゆる生活日記- , 2018 All Rights Reserved.