進藤幸恵さんの壮絶なめんげんとは

昨日のブログ で、
「ひざ下の傷が治るまで、靴下を足首まで下げてみた」
と書きました。

ヘタレな性格なので、以前の傷のことを思い出すだけで、体が拒否反応を起こしている、
そんな感じです。

でもね、前に841さんに相談のメールをした時に、
進藤幸恵さんの こんな壮絶なめんげんとの戦いを知りました。

進藤義晴先生の娘さんの幸恵さんは 4年間下半身がケロイドのようにかぶれて
絹の靴下とレギンスがぴったりと肌に張り付いてお風呂の中でふやかして脱いでいたそうです。
指の間もぼろぼろで。
婦人科系のすごい毒出しだったそうです。
掻いて半身浴してひたすら毒出しして現在はきれいな皮膚になっていらっしゃいます。
なかなか壮絶ですがこんな毒出しもありますので参考に心強く思って頂けたら幸いです。

うぅぅっ・・・

読んでるだけでドキドキしちゃうようなメールです。
幸恵さん、すっ、すごいです(^_^;)

でも確かに、ぴったりと張り付いた靴下やレギンスを、乾いた状態で無理矢理はがすより、
お風呂の中で少しふやかした状態にすれば、「はがす」というよりも、スッと「はずれる」 感じなのかも。

だからといって、私みたいな臆病者には絶対にマネできません・・・うぅぅっ。

この壮絶なめんげんで4年半かかったなら、私のように逃げまくっていたら何年かかるのやら。

でも私の冷えとりは「ゆるゆる」 がモットーなので!

のんびり、気持ちよく冷えとりしながら、ちょろちょろと毒だししていきたいと思います。

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. おつん より:

    はじめまして
    私も同じく、昨年の秋から、ゆるゆると冷え取りを始めた初心者です。
    いろいろと情報交換できたらなーと思います。

    昨日は天気が悪くて夜に偏頭痛が酷く、半身浴を長めにやって、
    アロマオイルでマッサージして乗り切りました。
    前までは、すぐ「頭痛=ロキソニン」だったんですが、
    可能な時はお薬の力に頼らない生活を送ろうと思ってます。

    これから地道に冷え取りブログ書いていきますので
    よかったら遊びに来てください。
    (まだまだ始めたばっかりなので、本当にこれからですが)

    ではまた来ます~

    • haco. haco. より:

      おつんさん、コメントをありがとうございますw

      おぉっ!
      同じ時期から冷えとりを始めたのですね~w
      同期ですね(笑

      毎日冷えとりの良さを痛感しています。
      一緒に楽しんでいきましょうね♪