冷えとりブログ 冷えとり生活 最近の記事

背中の汗

2013/08/27

 

この夏、とにかく大量の汗をかいています。
もともと汗はあまりかかない方でしたが、近年の暑さのせいか、夏はそこそこの汗をかいてきました。

冷えとりを始めて最初の夏だった昨年、
汗もかいたけれど、その汗が 「悪さをする」 ことはありませんでした。

ところが冷えとり2度目の今年(2013年)の夏、
大量の汗に苦しめられています。

 

それは、痒み。

 

私の場合、最初のめんげんが 「足の痒み」だったのですが、
この汗も痒みに変わりました。

頭皮からも汗をかいてタラタラ垂れるのですが、
一番不快なのは背中の汗。

 

家ではいつもブラキャミ一枚で過ごしているのですが、
そのブラの上の部分、肩からブラの部分にびっしょりと汗をかくのです。

 

これが ブラ付きタンクトップだとまだ汗を吸い取る布の部分があるのですが、
キャミソールタイプだと汗は吸いとる生地もなく噴き出し続けるだけ。

 

拭いても拭いても噴き出すので、しまいには背中に薄手のタオルを一枚はさみこんで過ごすように。

 

あまりの大量の汗に、またしても
「これって更年期障害のホットフラッシュ・・・?」
と疑ったことも。

 

・・・というか、未だに謎ですが。

 

ホットフラッシュというとイメージ的に、
なんの前触れもなくぶわっと汗が噴き出す・・・という感じがあります。

 

私の場合、もっとも汗をかくのは 朝起床してから家事が終わるまでの2時間。
ひと段落つくと、スーッと嘘のように汗が引いて行くのです。

ついで多いのが日中の暑い時間帯。
これは仕方がないでしょう。

 

ただ、その汗のかき方が今までに比べてはるかに多いわけです。
先日もそのことで、初めての経験をしました。

 

子供が映画を見たいというので、ショッピングモールに併設された映画館に連れて行ったのですが、
私はあまり興味がない映画だったので、あとで待ち合わせることに。

 

その間、久しぶりに一人でウィンドウショッピングをしていたのですが、
暑くて考えることは皆同じなのか、人の多さでクーラーもあまり効いていないほど。

 

暑いな~と思いながら雑誌を見ていると、背中に感じた汗。
この汗、吸いとるものは着ている服しかない!!

 

自分の背中が、汗でびっしょり濡れて黒ずむ姿を想像したら、
もういてもたってもいられなくなり、いったん家に戻ったほど。

 

先ほども書いた通り、もともとあまり汗をかく体質ではなかったので、
背中が汗で濡れるなどという経験をしたことがなかったのです。

 

よく、汗で悩む方が多いという話を聞いたことがあるし、
その汗を止めるためのノウハウなどもみかけたことがありましたが、
全て他人事として見聞きしてきました。

 

それが今、自分に起こっているとは・・・。

 

少々、いや、かなりショックな出来事でした。
そして気持ちは
「やっぱりホットフラッシュかなぁ・・・」
とどんどんネガティブな方向へ。

 

そんな時に、コメントで昨年の夏に同じような経験をなさったという体験談をいただき、
救われるような思いでした。

 

一番気が楽になったのは、
「冷えとりを始めて同じような経験をされた方がいる」
ということ。

 

冷えとりをしていると、めんげんが悪い病気かもと心配になったり、
こんな症状、私だけかもと不安になる事が多いのですが、
実際に同じような症状が出たという話を伺えると本当に心強い。

 

これでとても気持ちが楽になりました。
(じゅんこさん、ありがとうございます!!)

 

そして、同じように私が体験してきた症状で救われる方がいるなら、
どんな経験も無駄ではないのだなぁと実感しました。

なんだかいつもこの部分でグルグルと巡っている気がしますが・・・。

 

先駆者の言葉は、行く先の暗闇にいつも光を与えてくれますね。
そんな光に、私も少しでもお役に立てるよう、経験談を書き続けて行ければと思っています。

 


この投稿がお役に立ちましたら応援をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

関連記事

  • この記事を書いた人
haco.

haco.

2011年10月から始めた冷えとり健康法で、体や心に少しずつ変化がおきています。そんな様子を伝えていきます。⇒さらに詳しく

-冷えとりブログ, 冷えとり生活, 最近の記事
-, ,

Copyright© 冷えとりと暮らそ。-冷えとりゆるゆる生活日記- , 2021 All Rights Reserved.