冷えとり生活

やっぱりそうだったか!冷えを取るにはリラックスすることが大事

投稿日:

にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

 

先日、北里研究所で日本初の「冷え症 外来」を開設した、渡邊賀子先生の「正しい冷え性対策」のブログ記事を書きました。

詳細はこちら 正しい冷え性対策とは 冷え性外来開設の渡邊賀子先生のお話

 

そんな渡邊先生の、参考になるインタビュー記事を見つけたので今日はそのお話。

 

リラックスすることが一番の冷えとり?!

そのインタビューが掲載されていたのはこちらのサイト。

 

羽毛布団のサイトなだけあって、多方面のスペシャリストから「眠り」に関する専門的な半紙を伺うこのコンテンツ。専門家の言葉だけに重みがあります。

 

渡邊先生は漢方医の医師なので、冷えを漢方という観点から語っています。
それとは別に、「リラックスすることが冷えをなくすコツ」とおっしゃっていました。

 

まず、冷えに対する対処として大切なことが2つあります。1つめは実際にあたためる、ということ。もう1つがリラックスするということです。

 

冷えを治したい!と思うとまず体を温めることから始めると思いますが、もちろんそれも大事な事だけど、実はリラックスすることが意外に重要なことだったりします。

 

これは私も冷えとり歴5年の中で、実際に感じていたことの一つです。
私は性格的にストレスを抱えやすく、それが冷えを作り出しているという事を経験的に知ったのです。

 

だから渡邊先生がおっしゃたことが、スーッと入ってきました。
では、リラックスすることについて、「これをすると良い」ということはあるのでしょうか。

 

戦闘モードの交感神経を休めることが大切です。五感に訴える気持ちの良いものを取り入れることを普段から心がけておくと良いでしょう。

 

「戦闘モード」というとなんだか物々しいですが、仕事をしている状態もある意味「戦闘モード」と言えるかもしれませんね。賃金をいただいている以上、中途半端な仕事はできません。

 

それゆえに、一人で背負い込んでしまうことも多々あるでしょうし、自然と肩に力が入ってしまう方もいるでしょう。ではどうすればそんな「戦闘モード」を解除できるのでしょう?

 

帰宅してお部屋に入った時の匂い、カーテンの色、スーツから部屋着に着替えた際の心地良い感触、お風呂にゆっくり入ってホッとするなど、ご自分を「ゆるめる」ことがとても大切です。忙しい毎日の生活の中で、冷えを取るために頑張るのではなく、頑張り過ぎず、ゆるく続けられることをしてみましょう。

 

なるほど!
確かに仕事から疲れて帰って来て、家に着くとホッとする経験は皆さんおありだと思います。

 

ただそれは、単に「家に帰ってきた」ということだけでなく、家の中の匂いやその全てが、五感が自然と緊張をゆるめるていく効果があるのですね。

 

家の匂いというのは生活が染みついた匂いで、たとえそれが他人からしたら落ち着かないものであっても、家の匂いを嗅いだだけで「帰ってきた!」と安心しますよね。

 

たったそれだけのことなのに、緊張をゆるめる効果があるなんて!
逆に言えば、それだけ外では体がガチガチに固まっているという事ですよね。

 

アロマの香りを炊くのもいいけれど、いつもの我が家の匂いそれだけで、人は知らず知らずのうちにホッとするものなのですね。

 

そこに半身浴をして体をほぐしたり、靴下の重ね履きで足元を温めれば、心も緊張もほぐれていきそう!暖かいって、それだけで癒しの効果があるような気がします(^-^)

 

また眠る時に締め付けるのはNGだそうで、血流を妨げるようなガードルや靴下(きついもの)は控えると、より体はゆるんでリラックス状態を作り出せるそうですよ。

 

冷えとりをリラックスという観点から見てみましたが、重ね履きでもなく半身浴でもなく、マインド次第で冷えを解消したり、また強い冷えを作り出してしまうのですね。

 

心穏やかに過ごす。。。それだけでなんだか冷えがほぼ解消できちゃいそう!

 


この投稿がお役に立ちましたら応援をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

関連記事

  • この記事を書いた人
haco.

haco.

2011年10月から始めた冷えとり健康法で、体や心に少しずつ変化がおきています。そんな様子を伝えていきます。⇒さらに詳しく

-冷えとり生活
-,

Copyright© 冷えとりと暮らそ。-冷えとりゆるゆる生活日記- , 2018 All Rights Reserved.