冷えとりブログ 冷えとり生活 最近の記事

大人になった自分にかけてあげたい言葉とは

投稿日:

 

以前も書いたことがあると思いますが、
好きな作家さんの一人に、益田ミリさんがいます。

今は 映画「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」が公開中でもありますよね。

 

益田さんの著書の最大の特徴と言ったら、脱力感のある絵柄。
これはいい意味で、ですよもちろん。

 

その脱力感のある絵とはうらはらに、ビシッと発信される重要な感情に、
読んでいていつもハッとさせられます。

 

その感じが大好きで、ついつい本屋さんでも手にとってしまうのです。

 

その益田ミリさんが、朝日新聞に持ち回りで(多分3人)エッセイを書いていらっしゃるのですが、
それが私の楽しみでもあります。

 

その担当のエッセイが今朝の朝日新聞に載っていて、朝から嬉しい気分になりました。
今朝の内容は・・・

 

「大人になった自分にかけてあげたい言葉」。

 

うんうん、わかります。
今現在、いろいろな事を経験してきた自分なら、過去の私にこう言えるのに・・・
と思うことがよくあります。

 

その逆バージョン、「過去から未来に」ですね。

 

で、益田ミリさんが大人になった自分に一つだけかけるとしたら、選んだ言葉がこれだそうで。

 

冷えとり

 

プーッ!!
大好きなミリさんからこの言葉を聞くとは。

 

これには前振りの話がありまして、
なんでも益田ミリさんが子供の頃、銭湯の脱衣所で若いお姉さんが身に付けていた
「小さな下着」
を見て、
「私は絶対に大人になっても着ない」
と思ったのだそう。

 

でも当然のことながらある時期にくればその手の下着は着用するわけで、
そんな時代を超え、今は腹巻がついた下着を愛用するまでになった44歳のミリさんが、
昔の自分にかける言葉に選んだのが 「冷えとり」だそうw

 

やっぱり益田ミリさん、大好きだなぁ。

 

私も、高校生の短いスカート&生足や、
若いお姉さんたちが流行とはいえ冬に短いショートパンツを履いている姿を見るにつれ、
「生理辛くないかなぁ・・・出産が大変にならないかなぁ・・・」
と、ついつい余計なことを!と怒られそうな心配をしてしまいます^^;

 

とはいえ、自分の若い頃だって、親にいつも
「靴下を履きなさい」
と言われてましたっけ・・・

 

やっぱりいろいろな経験をしないと難しいのでしょうか。

 

以前、益田さんがアウトドア用品・モンベルのズボン下を愛用しているという話を聞いたことが。

散歩やハイキングをするのがお好きのようだし、
自然と冷えを意識するような生活になっていったのかもしれませんね。

 

ところで、私が未来や過去の自分にかけてあげたい言葉って何かなぁ・・・
う~ん、いろいろありますが、一番は
「もっと自分を好きになってあげたら?」
かな(笑

 


この投稿がお役に立ちましたら応援をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

関連記事

  • この記事を書いた人
haco.

haco.

2011年10月から始めた冷えとり健康法で、体や心に少しずつ変化がおきています。そんな様子を伝えていきます。⇒さらに詳しく

-冷えとりブログ, 冷えとり生活, 最近の記事
-, , ,

Copyright© 冷えとりと暮らそ。-冷えとりゆるゆる生活日記- , 2018 All Rights Reserved.