更年期障害を冷えとりで上手に乗り切ってもらいたい

昨日息子と一緒にお風呂に入っている時に、
こんな話をしてくれました。

「先生ってね、暑がりみたい」

息子の担任の先生は、ベテランの女性。
年齢は43~44歳というウワサ。

とっても厳しいけれど、子供に対して愛情をもって接してくれる先生で、
子供を安心して預けられる方です。

おちゃめなところもあり、家庭訪問に来た時に、
「私、更年期障害なんですよ~」
と冗談めかして言っていましたが・・・

その話、冗談ではなかったようで。

「今日先生がね、
『暑いよね? クーラーつける? つけたい? つけたいよね?』 って言ったんだけど、
みんな誰も暑くないって言って、先生が不思議がってたんだよ。

でもね、僕たちの方こそ、先生がどうしてあんなに汗をかいてるのか不思議だったよ」

息子いわく、
「先生、汗がタラタラ流れてた」
そうな。

確かにまだまだ日中は暑いですが、教室には結構涼しい風が通ったりするので、
そこまで汗をかくとなると 更年期障害によるホットフラッシュの症状なのでしょうか?

それとも、純粋に熱血指導のたまもの?

学校に用事があって行った時に、ちらりと先生をお見かけしますが、
仕事上だからでしょうか、ストッキングにスカートという服装も多く、
もしかしたら 冷えているのかも?なんて勘ぐったり。

聞くところによると、婦人科系の手術をなさったそうで、
そんな話を聞くとますます 冷えとりを勧めたくなってしまいます。

でもここでも何度となく書いてきましたが、
冷えとり健康法という、知らない人が効いたら怪しい事この上ないものを、
先生に紹介するなんて・・・とてもじゃないけどできません。

いえ、相手が先生でなくても、
冷えとり健康法を伝えるのは相当の覚悟がいると思います。

普段から子供がお世話になっている先生だからこそ、
苦しんでいる状況から少しでも救ってさしあげたい・・・

これって、エゴになっちゃうのでしょうか・・・

私の冷えとり伝授のモットーは、
「相手に気づいてもらう」
ということ。

気付いてもらえれば、「これはね・・・」 と説明ができます。
そこで興味を持ってもらえればもっと深く話を勧められるし、
笑われたら 「おかしいでしょ~^^」 でスルーできるし。

これまでも、私の明らかにおかしい(笑)足元に気づいた人が、
「それは何をやってるの?」
と聞いてきた方がいます。

もう大好物。
待ってました、その反応!みたいな(笑

だから、先生とお会いできる保護者会や面談の時は、
せっせと靴下を重ね履きして、明らかに不自然な足元を見せつけているんですがね~^^;

未だ反応ナシです・・・

あえて触れないようにしてくれているのかも。

冷えとりを人に伝えるのは本当に難しいですね。
私としては、自分が大切に思っている人ほど知って欲しいのですが・・・

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. rastafariancuba より:

    こんにちは!本当冷え取りの説明に関しては、
    なんか宗教チックな・・・とか、なんかに盲信しちゃってるよ、この人的な
    雰囲気になるのがいやで、私も一切人に薦めません。

    身近な人に伝えても、西洋医学ばっかり依存しちゃってたり、
    まったく食養ことも無関心な人には、まったく足蹴り状態で、実姉にには、
    「なに年寄りみたいなことして・・」とまで言われるありさまです。

    信じる心もない人は無理やり冷え取りしても意味なしなんで、
    薬ばっかり飲んで、ケミカル洗剤ばっかり使って、ジャンクばっかり食べて、
    信じる心なしで、損してるな。と感じます。

    本当に更年期にも、すべての人に本当の体の仕組みをしってもらって、
    だからこそ冷え取りがいかに必要なのか気付くだけでもいいのにな。と思います。

    • haco. haco. より:

      こちらがアツくなって語れば語るほど感じる温度差ってありますよね^^;
      その空気をいち早くキャッチし、
      いかに自虐的に終われるか? という感じでやってます。

      私もこれまで、玄米菜食から見た健康法を主に実践してきたため、
      あまりに西洋医学に依存している実態を見るたびに恐ろしくなることがあるのです。

      もちろん西洋医学を全否定せず、
      受け入れたうえで共存していければなぁと思うのですが。

      「冷えとりが更年期に効く」
      と言ってしまうと眉唾に聞こえますが、
      仕組みを知れば知るほど、冷えとりが効果あると思うんですよね~。

      これも自分が冷えとりで心身ともに健康になって、
      周りの気づきを待つしかないのでしょうか。

  2. ミミコ より:

    はじめまして。コッソリといつも拝読させて戴いています。
    冷えとり歴1年のミミコと申します。

    私、今年47才でズバリ更年期障害で婦人科通院しています。
    若い頃から子宮トラブルがあって子供は授かることが出来ませんでした。
    今は昔よりも出番が少なくなった布ナプ見ながら
    ゆるゆるだったり、がっつり引き締めたりしながら冷えと付き合ってます。

    で、私自身はかなり低体温のせいなのか、同級生がホットフラッシュで苦しむ中
    今は全く無いのです。いくら下半身暖めを強化しても、上半身も寒くて…

    子宮にトラブルがある方は治療の為に生理を止めますよね?
    私の場合、3度止めているんですが、その時は完璧な更年期でしたよ。
    別人のような体質になってしまって、ホットフラッシュも経験しました。
    もしかしたら先生は今、生理を止めているのかも知れませんね。

    相手を気遣う事、冷えとりと言うものをお勧めしたいことはエゴでは無いと思います。

    ただ、自分よりも年上で、自分が体験した事が無い病気と闘っていらっしゃる方には
    靴下重ねて万病が治れば病死する人が居るわけ無いでしょ?
    と、結局靴下重ねるだけでは無くて、半身浴も必要で、食生活も変えなくてはダメで
    湯たんぽも必要、お金も必要、と説明すればするほど最初の話と違うじゃん
    って怪しまれる(誤解される)事もあると思うのです。私がそうでしたから^^;

    半身浴・食生活の改善、人間ってそれだけで体調が整うんですよね。
    別に靴下を無理に重ねなくても、穏やかに過ごそうと心掛けるだけで違うし。
    私は冷えとりをして欲しいと思う方には、まず半身浴でのリラックスだけを勧めます。
    そこから先は、また次のステップでと、そのほうがお互いの関係に負担になりませんでした。
    長々とすみません。
    私も熱く冷えとりを勧めて何度か失敗しているので難しさに共感してしまいました^^;
    先生が、いかにも怪しげな(笑)足元に早く気づいて下さると良いですね♪

    • haco. haco. より:

      ミミコさん、コメントをありがとうございます^^
      そして貴重な体験談をありがとうございます!!

      本文には書きませんでしたが、
      その先生も子宮を摘出なさったそうで、お子さんもいらっしゃらないのです。
      そんな話もチラリと聞いたので、つい冷えとりを・・・と思ってしまったんです。

      それにしても話を聞けば聞くほど、
      女性にとって生理は大切なのだなぁと感じます。

      自然の流れにそって、穏やかに終わりを迎えられれば幸せですね。

      冷えとり健康法は、手軽で簡単にできるだけに、
      大きな病気が治るわけがないと思われるのは当然だと思うし、
      かくいう私だって、そのあたりはグレーゾーンというか、
      答えはまだわからないというのがお正直なところです。

      ただ、おこってしまっている病気は治らないとしても、
      これからなる病気はある程度防げると思うんですよね。

      先ほどもコメントでお返事したんですが、
      そのあたりは 西洋医学との共存がいいのかなぁとも思います。

      ミミコさんのおっしゃる通り、
      最初は半身浴を勧めてみるのがいいかもしれませんね。
      どう考えても・・・靴下重ね履きは 抵抗される確率が高いですものね^^;

      どうしてもつい、勧めたくなってしまう冷えとりですが、
      そこをぐっとこらえて、焦らずに、怪しげな足元を見せつけるのがいいかも!?

      ミミコさん、ありがとうございます^^