冷えとりブログ 冷えとり生活 最近の記事

骨盤矯正で冷えとり

投稿日:2012/12/14 更新日:

 

先日、骨盤矯正の施術を受ける機会がありました。

 

友達がやっているコミュニティに、
カイロプラクティックの先生をお招きした会で、
これまで一度行ってみたいなぁと思いながらもなかなか行くことのできなかった
整体というものを初めて経験できました。

 

私は自他ともに認める猫背。
猫背だからなのか、腰も前腰というか、
安めの姿勢をした時に、気づくと腰が前に出ている感じ。

 

だから中学生の頃から腰痛持ちだったし、
親からもよく
「背中が丸くなってるよ」
と指摘されたものでした。

 

結婚し出産を経験。
子育て中は不自然な格好で授乳をしたり、
抱っこの時は、子供を腰に乗せるような抱き方もしていました。
(あ、実はこれ、骨盤にとってもよくないそうですよ。)

 

まぁ、骨盤どころかあっちこっちの骨がゆがんでいるだろうし、
どこかで一度リセットしたいな~と常々思っていたので本当にいい機会でした。

 

制限のある時間の中で、まずは
「いかに自分の体がゆがんでいるか」
を確認するテスト。

 

よくある、目をつぶってその場足踏みをして、
目をあけてどれくらい進んで(あるいは下がって)いるか、とか、
実際に一人ずつ先生が足の長さなどを計ってくれたりもしました。

 

私の場合、
「左足が右足に比べ1.5センチ短いですね」
とのこと。
それから、左の肩の方が上がっているそう。

 

これは、きき足関係していたり、
バッグを同じ肩にばかりかけていたり・・・などが原因なのだとか。

 

でも日常生活をおくっているうえで、ゆがみはどうしても出てくる、
それをその日の終わりに自分でリセットしましょうというのが先生の考え。

 

2時間という短い間ではありましたが、
骨盤バンドを使った骨盤の体操や、青竹枕を使った肩甲骨の体操を教えていただきました。

 

その結果、
足の長さは同じになり、肩の上がり方もだいぶ変わったのです。

やはり、ため込まずにその日のうちにリセットするのが大切なのですね~。

行った運動はどれも簡単なものばかり。
骨盤バンドを腰や肩などに巻いた運動は検索すればたくさん出てきますし、
枕も特別なものを購入しなくても、家にあるもので代用すればできることばかり。

 

ただ・・・
青竹枕はとっても気持ちがよかったので、思わず欲しくなりましたが。

 

最初の説明のあと、
先生が一人一人の体をチェックしてくれたのですが、
その時私の足を触った先生が、
「冷え性ですか?」
と。

 

多分・・・
他の人に比べて靴下を何枚も重ね履きしているのが触って分かったのかと。
(先生は五本指靴下を一枚履いてらっしゃいました)

 

「冷え性も骨盤矯正で治りますからね~^^」
ということだったので期待していたのですが、
なぜかその日は夜まで足はカキーンと冷えたまま。

多分、知らない人の中で過ごしたことや、
部屋の中が暑かったので、上半身と下半身のバランスがとれなかったのだと思います。

 

そして最後に先生からの注意として、
「今日は好転反応があるかもしれません。お風呂はシャワーだけでさっと済ませてください。
また、尿が濁ることもありますが、それも好転反応ですから安心してくださいね」
とありました。

 

尿が濁る!!

 

なぜかそれを期待して待っていたのですが、残念ながらクリアな(?)尿のままでした(笑
それから、好転反応という言葉を初めて聞く人はもしかしたら怖さも感じたかもしれませんが、
めんげんで慣れている私にはウェルカム状態。
ドンとこ~い!!
でしたが、特にこれといったものはなく、こちらも肩すかしを食らった形に。

 

まぁそれは冗談としても、
教えていただいた骨盤体操は手軽にできるものばかりだったので、
こまめにやっていきたいと思います。

 

冷えとりを始めて一年が経ちましたが、
冷えとりからいろいろなことに繋がっているな~と感じます。

こうして骨盤体操を受けられたのも冷えとりのおかげ。
たくさんの方と知り合え、また新たな情報もたくさん聞くことができました。

 

これから先、どんなことやどんな人に繋がるかと思うと、
ワクワクしてきます。

 


この投稿がお役に立ちましたら応援をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

関連記事

  • この記事を書いた人
haco.

haco.

2011年10月から始めた冷えとり健康法で、体や心に少しずつ変化がおきています。そんな様子を伝えていきます。⇒さらに詳しく

-冷えとりブログ, 冷えとり生活, 最近の記事
-, , , ,

Copyright© 冷えとりと暮らそ。-冷えとりゆるゆる生活日記- , 2018 All Rights Reserved.