冷えとりブログ 冷えとり生活 最近の記事

花粉症2013、冷えとりでどう乗り切る!?

投稿日:2013/02/14 更新日:

 

あまり話題にはしたくないのですが・・・
避けては通れません。
はい、花粉症問題です。

 

前にも書いたと思いますが、
私は20年以上のスギ花粉持ち。

 

一般的な花粉症の症状である、
「蛇口をひねったように鼻水がジャージャー流れる」
というタイプではなく、
「ピタッとふたをしたかのように、全く鼻で息ができなくなる」
タイプの症状。

 

これは・・・かなり辛いです。
常に口呼吸をしていなければならず、それが精神的にイライラさせられます。

 

その状態が二ヵ月は続くのですから、
花粉の時期前から気が重くなるわけです。

 

でも昨年、冷えとりを始めて最初の花粉シーズンは、
いつもよりもかなり軽く乗り越えることができてビックリ。

 

花粉の飛散量も少なかったようですが、
それでも、マスクをしていればなんとかなったのも、
花粉の反応を引き起こす 「内因」が減った?という可能性もあります。

 

さぁ、そして今年、花粉2013。
今年は・・・・手ごわそうですね・・・・。

 

なんでも
「飛散量は昨年の2倍以上」。

 

そう聞いただけでくしゃみが出てきそうです。

 

あまりに具合が悪くなり、日常生活に支障が出るようであれば薬も飲みますが、
できることならば、飲まずに過ごせたら・・・
多くの人がそう思うと思います。

 

さて、今年はどう乗り切る!?

 

まず、私の場合はこの時期、毎日洗髪することを心掛けたいと思います。

 

というのも、
ハーブシャンプーと湯洗いをするようになってから、頭が痒くなったり臭ったりしないものだから、ついつい何日も洗わずにすごしてしまいます^^;

 

普段ならそれでもいいけれど、
一歩家から出ればそこは花粉地獄。

 

花粉にまみれた髪を洗わずにいたら・・・
どんなにマスクをしようとも、アレルギー症状を引き起こす要因になります。

 

とにかく、半身浴と洗髪で、その日一日の体をリセット。
これを徹底したいと思います。

 

それから、 「春は肝臓の毒だし」だそう。
花粉症の症状をついつい目の敵にしそうですが、

花粉症は肝臓の解毒を促すので目の敵にせず、花粉症を毒出しのきっかけととらえ、
目の充血、かゆみ、くしゃみ、鼻水などをしっかり出せば、毒出しになる

 

こう考えると、少しは気休めになりそうな気がします。
普段のめんげんも
「痛いな~痒いな~嫌だな~」
と思うよりも、
「毒が出てる~どんどん出ろ~」
と思う方が気が楽ですものね。

 

花粉症=めんげん と受け止めれば、案外難なく乗り越えられるかも。

 

私の住む地域では、ピークは3月上旬から。
しっかり備えたいと思います。

 


この投稿がお役に立ちましたら応援をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

関連記事

  • この記事を書いた人
haco.

haco.

2011年10月から始めた冷えとり健康法で、体や心に少しずつ変化がおきています。そんな様子を伝えていきます。⇒さらに詳しく

-冷えとりブログ, 冷えとり生活, 最近の記事
-, , ,

Copyright© 冷えとりと暮らそ。-冷えとりゆるゆる生活日記- , 2018 All Rights Reserved.