ホットヨガ 運動で冷えとり

ホットヨガウェアをユニクロで 激しく汗をかく時はエアリズムに軍配

2016/06/02

girl-691612_640

 

ホットヨガが日常に取り込まれた生活が始まりました。

 

まだ自分のペースがつかめていないし、どれくらいやったら疲れがたまるのか・どのプログラムが自分にあっているのか・どの講師の方と相性がいいのかなどを見極めているところ。

 

だから今のところ少々オーバーワーク気味です^^;
大分好きなプログラムや好きな先生がわかってきたのですが、まだ参加したことがないプログラムも多いので、とりあえずレッスンを受けてみたいという気持ちが強いのでもう少し。

 

ところでホットヨガで着用するウェアですが、ここ1年でウォーキングの習慣がついたことにより、「運動しやすいウェア」が以前に比べると増えてきました。

 

とはいえ、ウォーキングをしてかく汗なのでその量はしれています。もちろん大量の汗をかく方もいるでしょうが、私の場合で言えば暑い日に一万歩歩いても胸元や背中が少し濡れる程度といった感じ。

 

しかしホットスタジオ内で行うプログラムと言ったら、その汗の量は比較にならないほど!
「汗ってこんなところからもかくの!?」
と何度思ったことか(笑)

 

まずホットヨガを体験した初日、どんな服を着て行ったらよいのかわからなかったので、白いTシャツと、以前ウォーキング用としてユニクロで購入したジョガーパンツ風のもの(綿)。

 

結果は・・・ひどいものでした(>_<)

全身びっしょり!恥ずかしい状態に

そもそもうちには化繊の服がほとんどありません。
それは私が冷えとりを始める前から化繊の服が好きではなく、綿や麻素材を好んでいたから。

 

ホットヨガの体験に着用していったのはそんな中唯一の「運動に向いていそうな」服。

 

しかし、ウォーキングならまだしもホットヨガという状況では、綿の上下は惨敗。
ホットスタジオ内に入った瞬間から全身に汗をかいて、わかってはいたけれど綿の特性から吸った汗は乾きにくく。

 

例え化繊のスポーツウェアを着ていてもホットスタジオ内では大量の汗をかき服はびしょびしょになるのでしょうが、少なからず乾いていく効果があると思われます。

 

でも綿は汗を吸ったままぐっしょり状態。
しかも大きな声では言えませんが(笑)、私の下着はシルク1枚を抜かしたら全て綿。

 

その日の綿のショーツを履いてホットヨガに行ったのですが、ホットヨガ後は乾いた布地部分が全くありませんでした。

 

下着も汗を吸って乾かず、ウェアも汗を吸ったまま。
ホットスタジオから出てきて、フト鏡に映った自分を見てビックリ!

 

特に下半身の綿のジョガーパンツは恥ずかしいほどにぐっしょりで、微妙に下着のラインをほうふつさせているし(>_<)



やっぱりエアリズムは運動に向いていた

そこで次からは、唯一持っていたスポーツウェアであるナイキのTシャツを着てみました。
これは数年前にスロージョギングをしていた時に購入したもの。ボトムスはその時にユニクロで購入した化繊の物。

 

前回の綿のTシャツに比べれば全然良いのですが、うーん、思ったほど汗の感じが違わない気が。

 

それもそのはず、よくタグを見てみたところ、どうしても綿寄りの服がいいのか(笑)、化繊に綿が少し混ざった素材でした・・・

 

もうこれは仕方ない、運動をする時は冷えとりからちょっと離れてみた方がいいかも。
そう思ってこれまで私には全くの無縁だと思っていたユニクロのエアリズムを買ってみました。

 

そしてこれがやっぱり大正解! 適材適所とはこのことかもしれませんね。

 

まず素材が軽いこと。
ナイキのTシャツと持ち比べてみてもエアリズムは断然軽いです。

 

これはどういうことかといえば、生地の厚みが違うということだと思います。厚みが厚ければ暑いほど、吸った汗を放出しにくくなるはず。

 

しかしエアリズムのウェアは素材も軽く、汗をかいてもすぐに乾く・・・とはホットヨガの場合はいきませんが、それでも綿混のTシャツと比べたらその差は歴然です。

 

まさか私がエアリズムを買う日が来るとは・・・と苦笑してしまいますが、それはそれ、これはこれと割り切ることにしました。

 

ホットヨガではしっかり汗をかいて代謝を上げ、家に帰ってきたら心地よい綿や麻素材の服に身を包めばよいだけのこと。

 

こういう考えも私にとってはある意味「新しい扉を開けた」感じがする(笑)

 

できればシルクのホットヨガウェアなんていうのがあったらいいのだけどなぁ。
太極拳用のシルクウェアはあったけど(^-^)

ホットヨガウェアで有名なのはルルレモン

なんでも、ホットヨガウェアとして有名なのは「ルルレモン」というブランドだそうですね。
海外セレブがこぞって愛用しているのだとか。

 

ルルレモンは1998年にカナダのバンクーバーで誕生したブランドで、創業者のチップ・ウィルソンがヨガやスポーツをする女性のために、誰もが魅力的に見えるようなスポーツ専門ウェアとして開発したのだそうです。

 

機能的でしかも丈夫、そしてスタイリッシュなデザインも人気の秘密だそうですが、私はまだユニクロでいいかな(笑)

 

にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 
今日もお付き合いいただきありがとうございます


この投稿がお役に立ちましたら応援をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

関連記事

  • この記事を書いた人
haco.

haco.

2011年10月から始めた冷えとり健康法で、体や心に少しずつ変化がおきています。そんな様子を伝えていきます。⇒さらに詳しく

-ホットヨガ, 運動で冷えとり
-, ,

Copyright© 冷えとりと暮らそ。-冷えとりゆるゆる生活日記- , 2020 All Rights Reserved.