冷えとりしたらこうなった 冷えとり生活

【6年目に突入】冷えとりを始めて5年で変化した3つの事

投稿日:2016/10/21 更新日:

にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

 

今日10月21日は記念すべき日。
それは今から5年前の今日、冷えとり健康法を始めた日だから、です。

 

・・・と言っても実際に冷えとり健康法を始めたのはもう少し前のことで、正確には10月21日は「冷えとりブログを始めた日」です。

 

スポンサーリンク

冷えとりを始めて5年

早いもので、冷えとりを始めてこの秋で5年が経ち、6年目に入ります。

 

何事も飽きてしまうことが多い私ですが、冷えとりは最初にその存在を知った時、
「これはきっと一生続けることになるだろう」
と感じました。ピンとくるものがあったのです。

 

その予感は的中、5年が経とうとしている今もこうして冷えとりを続けているし、冷えとりは生活に入り込んでいるのでもうやめることもないしその必要もないという感じです。

 

冷えとり健康法を続けたこの5年、いろいろな変化がありました。

 

私の一番の冷えとりめんげんは心

冷えとりを始めると多くの人は「めんげん」という症状に対面することになると思います。
私も冷えとりを始めてから一ヶ月後くらいに体にめんげんがあらわれました。

 

【めんげんとは】

冷えとりでよく言われる「めんげん」とは、もともと東洋医学における好転反応のことで、漢方や鍼でも使われることのある「瞑眩反応」のこと。

冷えとりでは好転反応とか毒出しと呼ばれることも多く、靴下に穴が開いた場所で毒出しされた場所がわかるとも言われています。

 

ただ、振り返ってみると体にあらわれためんげんは数えるほどで、しかもそれはよく言われているような「壮絶な」ものとは程遠い、言ってしまえば可愛いものでありました。

 

では冷えとりを始めてから大した変化がなかったのか?と聞かれればそうではありません。
私の場合、冷えとりのめんげんが顕著にあらわれたのは「心」でした。

 

泣くことが毒出しになった

昔からよく泣く方ではありましたが、それが毒出しになっているのだとわかったのは冷えとりを始めてからです。

 

それまでは、涙を流す自分を情けないと思っていたし、すぐに涙が出てくる自分が嫌で嫌で仕方ありませんでした。

 

しかし冷えとりを始めてからは、泣く(=出す)ことが私にとってとても効果的なデトックスであることがわかりました。

 

泣くとスッキリすると言いますが、泣いた後はそれまでがウソのようにさっぱりとして、心が軽くなる経験を知ったのです。

 

冷えとりの毒出しは人それぞれで、体にあらわれる人もいれば私のようにメンタルに大きく作用する場合があります。

 

私の場合は、性格的に気持ちを自分の中に押しとどめることが多く、それで丸く収まるのなら・・・と、感情をあらわにしたり口に出すことがありませんでした。

 

それを右から左に流せる正確なら良いのでしょうが、残念ながら私は流せないタイプ。

 

知らず知らずのうちにそれらがオリのようにたまり、何かをきっかけに底にたまったオリがブワッ舞い上がる・・・その時が泣く時だったような気がします。



 

悪夢を見なくなった

冷えとりを始める前はよく怖い夢を見ました。
一番よく見た夢は、窓を閉める瞬間に外側から誰かにガッと開けられる夢。
もしくは玄関のドアを閉めた瞬間に外側から開けられる夢。

 

特に玄関のドアは外から開けられる力がとても強くて、夢の中なのにまるで現実に起きたかのような恐怖で、自分の叫び声で目を覚ますことがよくありました。

 

夢判断などでは「周囲から心を閉ざそうとしているあらわれ」などとも解釈されているようですが、確かにその傾向は昔からありました。そして今もそうですが(笑)

 

ただ面白いのが、冷えとりを始めてから一度だけその夢を見たことがあるのですが、外側から開けようとする強い力に向かって、
「来るなら来てみろ! 今の私は何も怖くないんだから!!」
と威嚇したこと!

 

これまでなら相手のわからないものにただただおびえていただけだったのに威嚇って(笑)
そしてそれ以降、その夢はぱったりと見ることがなくなったのです。

 

どんな理由でその夢を見続けてきたのかはわかりませんが、「冷え」が得体のしれない化け物を作り出していたのかもしれませんね。

 

運動をするようになった

冷えとりを始めてから、ずっと気がかりだったのが定期的な運動を定着させることが出来なかったことです。

 

半身浴や靴下の重ね履き、食事に関してはとりかかれたものの、どうしても運動が定着することがありませんでした。

 

2年ほど前から毎日ウォーキングをするようになり、それまでほとんど運動しなかった生活が少し変化し始めたものの、夏の暑い時期は思うように歩くことが出来ず。

 

筋トレの重要性を知りスロトレを始め、案外自分に筋トレが向いているということがわかってから、ジムで筋トレを本格的に始めるようになったのです。

 

今では週末以外はほぼ毎日ジムやホットヨガに通って汗を流しています。
このおかげで冷えとり半身浴でも汗がかけるようになり、体のむくみが解消してきました。

 

体重や体脂肪も減ってきましたが、何が嬉しいって運動の習慣がついたことです。
この習慣が一生の宝でしょうね。



 

冷えとりを始めてから楽になったことがたくさん!

冷えとりを始めてからの変化を3つ挙げましたが、それ以外にも小さな変化は数えきれないほど起きています。

 

簡単なことのようですが、どれも冷えとりを始める前にはできなかったこと・気づかなかったことばかりです。

 

最初に本屋で冷えとりの本を見た時に感じたあのインスピレーションは間違いではなかった、というのが5年後の感想です。

少し大げさな言い方かもしれませんが、私は冷えとり健康法を実践したことで、生きるのが楽になりました。

 

身体だけではなく、心にもしっかり効く冷えとり健康法。
やり方は簡単、ただ体を温めるだけ♪ できる所から始められるのもいいですね。

 

一人でも多くの方に冷えとりを知っていただき、体が温かい幸せを共有したいです(^-^)

 

そして、最後になってしまいましたが、飽きっぽい私がここまで冷えとりを続けてこられたのは、何といってもこうしてつらつらと書いているブログを読んでくださるたくさんの方がいるから!

 

1人で冷えとりをやっているのだけれど、決して一人ではない、いつも皆さんが見守ってくれている・励ましてくれているおかげで続けてこられました。本当に感謝です。

 

私の冷えとりはこの先もずっと続きますが、もしよければこれからも一緒にお付き合いいただけたら嬉しいです。これからもどうぞよろしくお願いします(^-^)

 


この投稿がお役に立ちましたら応援をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

関連記事

  • この記事を書いた人
haco.

haco.

2011年10月から始めた冷えとり健康法で、体や心に少しずつ変化がおきています。そんな様子を伝えていきます。⇒さらに詳しく

-冷えとりしたらこうなった, 冷えとり生活
-

Copyright© 冷えとりと暮らそ。-冷えとりゆるゆる生活日記- , 2018 All Rights Reserved.