冷えとり生活

フィンドホーンのフラワーエッセンス・エロスで自分を受け入れる

投稿日:2018/05/25 更新日:

フィンドホーンのフラワーエッセンス・エロスで自分を受け入れる

にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

 

フラワーエッセンスというと、ホメオパシーのレメディーを思い出します。あの時も「不思議なもの・・・ちょっと胡散臭いもの」というイメージを持っていました。

 

そして今回のフラワーエッセンスも、レメディーに抱いた感情をそっくりそのまま思い出しました。

 

そんな「怪しい(笑)」ものを今回購入に至ったのは、それを紹介していた人がとても信頼のおける人だったからです。

 

今回購入したのは「エロス」という、引いてしまうような名前のフラワーエッセンス。エロスに求めるものは人それぞれでしょうが、私は昔から気になっていた、自分に対する自己評価の低さに対してここで向き合ってみることにしたのですが、その助けになってくれれば・・・と思ったのです。

 

スポンサーリンク

フラワーエッセンスって?

ところでフラワーエッセンスって何なのでしょう?

 

フラワーエッセンスとは、花などの植物の波動を新鮮な水に転写したもので、人間の心と体・精神の調和に活用した自然療法です

 

・・・という最初のくだりを読んだだけでもう・・・きな臭さでいっぱい(^_^;)
安心してください、こうして書いて、そして実際に購入した私ですら「ウソっぽい」と思っています(>_<)

 

ではどうしてそんな怪しそうなものを購入したかと言えば、先ほども書いた通り、長年ブログを読んでいて信頼を置いている方が紹介していたから。

 

そして、自分を受け入れるということに対して、何らかのスイッチが細かったという理由もあります。

 

はい、今日から自分を受け入れます!と宣言して実行するのもいいけれど、フラワーエッセンスにちょっとだけ背中を押してもらって、あとはいつもと変わらない生活をして自分の変化を感じる・・・というのも楽しいかなと思ったことも理由の一つでしょうか。

 

自然のものが好きで選んできた延長線上に冷えとりがあり、そのさらに先にフラワーエッセンスがあったというと今の自分の気持ちにピッタリかなと。

エロスで得られる効果

フラワーエッセンス「エロス」はその名で想像がつく通り「愛」に関するフラワーエッセンスです。
フィンドホーンのフラワーエッセンス・エロスで自分を受け入れる

 

恋愛関係やセクシャルな方面につい目が行きがちな商品名ですが、本来は「愛」という全ての物に対して有効なのだそう。

 

実はこのフラワーエッセンスを知ったのはずいぶん前でした。その時には「エロス」という名前だけでもう激しい拒絶反応(^_^;)

 

自分には関係ない、今後とも必要ない、なんならちょっと軽蔑、くらいに思っていました。今思うと心が冷えていますね(>_<)

 

でも「全ての愛」と捉えると、セクシャルな部分が急になりを潜め、母性というか慈悲というか、優しい大きな温かいもののように感じてきます。

 

もともと母性本能が強い私はここでやっとこのフラワーエッセンスに興味を持ち始めました。物の見方・見る方向でこれほど変わるものなのですね。

 

そして私には今現在もあまり関係ないものですが(笑)、エロスを使い出してから恋人ができたり子供を授かったり、職場で「色気がある」と言われたとかモテキが来たとか、もうあげていたらキリがないほど効果は抜群なのだそう。

 

もちろん医療的な効果はないので「気の持ちよう」と言ってしまえばそれまで。でも物事なんてほとんどが「気の持ちよう」の部分も大きいかなと。

 

特に私などは1人で悶々と考えてしまうタイプなので、「気の持ちよう」を上手に利用したら、これほど便利なフラワーエッセンスはないのでは?とすら思うのです。

女性らしさや自己肯定感が欲しい

そもそも私がこのフラワーエッセンスに興味を持ったのは、自分に対して優しさを持ってないなと常々感じていたから。

 

母であり妻である自分は、自分のことを後回しにするのは当たり前だと思って過ごしてきたし、それが嫌ではなかったし、そうすることが良妻賢母だとすら思ってきました。

 

粗忽者なのですぐにどこかに体をぶつけてしょっちゅう「痛い!」と言っていますが、痛みは少し経てば消え忘れ去っていきます。

 

そんなことを繰り返して過ごしてきて、フト「私って自分を大切にしてないなぁ」と感じるようになってきたのです。

 

それは自分の親と話をしている時に気づきました。

 

親も高齢になってきたけれど、それなりに元気でいてくれます。それには感謝しかないし、出来るだけ親孝行をしてあげたいなと思っています。

 

しかしそんな高齢の親でもやはり子供はいつまでも心配で愛情をかける存在であるようで、自分のことよりも私のことを気づかってくれたりしてありがたくなります。

 

そんな時に、「ここまでして大事に思ってもらっているのに、自分が一番自分のことをおざなりにしているのでは?」と思うようになりました。

 

それに気づいて以来、体がどこかにぶつかった時は「乱暴に扱っちゃってごめんね」と声に出して自分の体に謝るようにしました。

 

ただこれはこれでいいことだと思うのですが、しょっちゅう自分の体に痛い思いをさせたり、感情を押さえつけている自分が許せない気持ちになってきたのです。

 

もっと自分を受け入れないと。おっちょこちょいの自分でもいいから、それを「これが私」と受け入れられるようになりたいなと強く思うようになりました。

 

そんな時に偶然目の前にあらわれたのがエロスだったので、「これは単なる偶然ではない」と捉えて購入に至った・・・というわけです。

エロスの味は?

フィンドホーンのフラワーエッセンス・エロスで自分を受け入れる

気になるエロスの味ですが、最初に蓋を開けて香りを確かめた時、想像とは全く違っていました。もっとふんわりといい香りを勝手に期待していたのです。

 

しかし実際は鼻を近づけてもほとんど香りはしません。

 

そして舌下に数滴落としてみて・・・・うっ(>_<)

 

ま・・・まずい(-_-;)

 

「保存のためにブランデーが入っている」ことは知っていましたが、結構なブランデーの味(というか香り?)です。

 

普段からウィスキーやブランデーを飲むことはないので、この味はパンチがありました。お酒が苦手な人には辛いかも?(そういう場合は飲み物に落としてもOK)

 

エロスを飲み始めてまだ数日ですが、特に劇的な変化は感じていません。でも逆に言えば自分を嫌になっていません。

 

これってもしかして、私にはすでに効果が出ているということなのかも!?

 

フラワーエッセンス、俄然興味がわいてきました。気分に合わせて使い分けられるようにもなってみたいです(^-^)


この投稿がお役に立ちましたら応援をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

関連記事

  • この記事を書いた人
haco.

haco.

2011年10月から始めた冷えとり健康法で、体や心に少しずつ変化がおきています。そんな様子を伝えていきます。⇒さらに詳しく

-冷えとり生活
-, ,

Copyright© 冷えとりと暮らそ。-冷えとりゆるゆる生活日記- , 2018 All Rights Reserved.