冷えとりブログ 冷えとり生活 最近の記事 足湯で冷えとり

足湯バケツに興味津々

投稿日:2014/02/07 更新日:

冷えとりを始めてこれまでずっと、
「半身浴が一番」
と思っていました。

 

どうせ毎日お風呂に入るのだし、
その時のお湯の量・温度・時間を冷えとり用にすれば、
冷えとり半身浴が出来てしまうのだから簡単。
と。

 

確かにそうなのですが、
家族で暮らしていると、なかなかそうもいかなくなってくる場面が増えてきました。

 

 

スポンサーリンク

 

まず、寒かったせいでしょうか、
一人一人の入浴時間が長くなったこと。

 

うちは夕飯を食べてからお風呂に入るのですが、
子供が帰ってくる時間も 成長とともに徐々に遅くなり、
今では夕飯を食べ始めるのが7時頃から。

 

それから食べ終わって順番にお風呂に入っていくと、
私が入る時間はかなり遅くなってしまいます。

 

疲れていて眠くて、明日も早いから早く寝たい!!という時など、
不本意ながらシャワーで済ませることも。

 

これじゃいかんと思いつつも、
早く入ったところで私がのんびりと長風呂をするわけにもいかず。
なんとも困ったものです。

 

昼間、誰もいない時間にゆっくり半身浴でもしようかなぁと思うのですが、
ここが主婦の悲しいところで、
「そのあと続けて誰が入るわけでもないのにもったいない!!」
という気持ちが先に立ってしまうのです。

 

まぁ半身浴ができなくても、
日中はずっと湯たんぽ入りの寝袋に入っているし、靴下の重ねばきもしているので、
半身浴が出来ない分、少しは補ってくれているとは思うのですが。

 

そんな時に、たまたまどなたかのブログで見かけた、がんばりバケツ というもの。

 

 

スポンサーリンク

本来は洗車をする時ようのバケツとして作られたようなのですが、
かなり深く作られているため、足湯をするのにピッタリなのだとか

 

そう、私が足湯をしない理由、それは
「バケツに入れたお湯がすぐにぬるくなるから」。

 

そばにポットややかんを置いておき、お湯が冷めたら熱いお湯を注ぎ足す、とありますが、
案外そのセッティングって面倒なもの。

 

そもそも、足湯用のバケツでないと両足が入らないということもあり、
窮屈で、しかもすぐに湯冷めしてしまう バケツで足湯がどうも好きになれなかったのです。

 

よく、足湯バケツ として売られているタイプのものも、
なぜかピンとこない。

その理由はなぜなんだろうと自分でもわからなったのですが、
先ほどの がんばりバケツ を見てわかりました。

深さだ、と。

 

家にある普通のバケツは、小さ目で深さもあまりありませんが、
深さがあるバケツならば、湯冷めの比較的しにくいし、膝の下まですっぽりお湯に浸かれます。
これならとても惹かれるし、ぜひともやってみたい。

 

あれこれ探しているうちに、タブトラッグス にたどり着きました。
これって以前よく、雑誌でオシャレママたちが使っているのを見ましたが、私には関係ないものだと思っていました。

 

そっか、プラスチックのバケツで、しかも深いとなると収納場所にも困りますが、
これなら使わない時には小さくできるしいいかも。

 

レビューを読んでみると、やはり足湯に使われている方多し
耐水性・耐久性もあるようだし、色もポップで華やかなのが人気の秘密なのでしょうね。

いいな~、これ。

 

買おうかどうか迷っていたのですが、欲しい色は入荷待ちだそう。
考えることは皆同じ??

 

どこかお店で見つかればいいのですが・・・田舎だからどうだろう。

 

とりあえず、大きいもののようなので(Lサイズが足湯にはいいらしい)、
もう少し落ち着いて(笑)、一度頭を冷やしてから考えようと思います。

 

もしタブトラッグスを足湯に使っていらっしゃる方がいましたら、
ぜひ使用感などを教えていただけると嬉しいです。


この投稿がお役に立ちましたら応援をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

関連記事

  • この記事を書いた人
haco.

haco.

2011年10月から始めた冷えとり健康法で、体や心に少しずつ変化がおきています。そんな様子を伝えていきます。⇒さらに詳しく

-冷えとりブログ, 冷えとり生活, 最近の記事, 足湯で冷えとり
-, , , ,

Copyright© 冷えとりと暮らそ。-冷えとりゆるゆる生活日記- , 2018 All Rights Reserved.