冷えとりブログ 冷えとり生活 最近の記事

あきゅらいず たまりシャンプー

投稿日:2014/02/13 更新日:

口コミが遅くなってしまいましたが、
以前購入した、あきゅらいず美養品の 「たまりシャンプー」を使った使い心地です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

まず、「たまりシャンプー」とは何か?

「たまりシャンプー」は、髪と同じ成分であるアミノ酸由来の洗浄成分と、「草根木皮そうこんもくひたまり」をベースにしたシャンプー。
泡立ててから1~2分程度おき、頭皮を中心にしっかりとすすぐ(髪がきしまない程度)と、リンスなしでもしっとりと仕上がります

 

「草根木皮そうこんもくひたまり」 とは、
あきゅらいずを語る上でなくてはならないもので、
10種類の東洋ハーブから、水抽出法という、抽出のための薬剤を使わないこだわりの製法で抽出したもの。

先日購入した、お試しセットの 「宝石」「すくらぶ」「秀くりーむ」にも使われています。

 

その三点セット、見た目からはあまり「たまり」を感じません。
秀くりーむが、うっすらベージュ色をしている位でしょうか。

 

でもこのたまりシャンプーは、もうガッツリたまり (笑)
色からして 「なんか・・・効きそう!?」 という感じがします。

 

さて、私はこれまで、「自然派シャンプー」 と呼ばれるものはいろいろ試してきました。
お決まりの石鹸シャンプーから始まり、挫折し(笑)、そしてまた挑戦し、
しばらくは石鹸シャンプーでありながら、そう思えないほどのリッチな使い心地に、
オーブリ―のローズシャンプーを使っていました。

これはもう・・・今でも大好きです。
あの香りを思い出すとうっとりするし、髪がしっとりして本当に気持ちよかった。

 

が、泡が立ちません。
もちろん、泡で洗うのではないということはよくわかっているのですが、
それでもやはり、泡立ちが悪いというのは結構なストレスになります。

 

私がオーブリ―を使うのをやめた理由はそこです。
香りも仕上がりもいいのに、本当に残念でした。

 

そこからずっと固形石鹸で(!)洗っていて、ようやく湯洗いに辿り着いたのでした。

 

私が使った、これまでの自然派シャンプーの代表的なものの使い勝手は、
・石鹸  さっぱりしていて頭皮には良さそうだが髪にはあまり良くなさそう
・オーブリ― しっとりして石鹸シャンプーとは思えない仕上がりだが、泡立ちの悪さはストレスレベル
という感じ。

 

あちらを立てればこちらが立たず、といったところでしょうか。

 

でも湯洗いという、究極の方法に出会ってしまった今、
シャンプーに頭を悩ませる必要はもうなくなりました。

 

ただ、あきゅらいずのお手入れを詳しく調べていた時にこのたまりシャンプーと出会い、
かなり興味を持ったのです。

 

で、どうせお試しセットを注文するなら、一緒にシャンプーも試してみようか、
という、ホンのちょっとした興味心で買ってみたのでした。

 

結果、これが大正解。
たまりシャンプー、私にはとにかく合っていました。

 

こういったシャンプーを使うと、必ず頭皮が痒くなるのが常でした。
どんなにいいというものを使っても、洗い流したそばから頭皮が痒くなってくるのです。

 

皮膚に関しては丈夫な方だったため、
それがなんなのか、ずいぶんと長い間気づきませんでした。

 

ずっと、
「頭皮の汚れが落ちていないからだ」
と思い込み、さらにシャンプーを足してガシガシ洗っていたのですから、
無知とは怖いものだと思います。

 

ところがこのたまりシャンプーは、洗った直後も、しばらし経ったあとも、
全く頭皮が痒くなりません。
これ、私にとってはすでに感動レベル。

 

そしてさらに驚いたのが、
髪を乾かししばらくして、歯を磨こうと洗面所に行き、
鏡に映った自分の髪が、あまりにツヤツヤしていたこと(笑)

 

最初、なぜこんなに艶があるのかわからずに、
「あれ? 私、オイルか何か塗ったっけ?」
と思ったほど。

 

もちろん何も塗っていないのはすぐに気づきました。
たまりシャンプーで洗った後、ドライヤーでガーッと乾かしただけ。

 

これまでも何度も書いてきましたが、
私は強いくせ毛。
それが湯洗いという いたってシンプルな方法で改善されてきました。

 

でも、たまに(例えば日帰り温泉などで)市販のシャンプーを使い、
髪を乾かした直後はいいのですが、すぐにうねりが出てきます。

 

湯洗いの時はそんなことになりません。
これまでずっと矯正パーマをかけ続けてきたのに、湯洗いならば仕上がりはクセが気にならないくらいに目立たなくなるのです。

 

ところがこのたまりシャンプーを使った直後も後も、髪はまっすぐなまま、
いつもなら出てくる、嫌~なうねりも出現しないのです。

 

これは・・・もしや運命のシャンプー!?

 

使い心地ですが、泡立ちも良くて、ふわりとした泡で頭皮マッサージをするのはとても快適
オーブリ―のような泡立ちの悪さにイライラすることもありません。

 

そしてたまりシャンプーのいいところは、これ一本ということ。
リンス・トリートメントも必要ありません。

 

驚いたことに、あまりゴシゴシ洗い流さないほうがトリートメント効果があるというのですから・・・
すごいですよね。

 

たまりシャンプーを使った方のレビューの中には、
「ぬるぬるして、なかなか落ちない」
というのがありましたが、私は全く感じませんでした。

 

使い続けるにあたり、一つだけ難点があるとすれば値段?
ちょっとお高いかな。

 

ただ私の場合、これまでかかった矯正パーマ代を考えれば安いものです。
髪も傷まないし。

 

だから、湯洗い、たまにたまりシャンプーというサイクルでやっていこうかなぁと。
湯洗いは本当に楽ちんでいいのですが、
たま~にわしゃわしゃと泡立った泡で洗いたくなる衝動に駆られることが(笑)

 

そういう時は、髪がキシキシになるのを覚悟で固形石鹸を泡立てて使っていたのですが、
これからはたまりシャンプーで洗えば、キシキシどころか ツヤツヤ&うるうる髪になれます。

 

本当に偶然ですが、良い商品に出会えました。
髪質によって使い心地もそれぞれかと思いますが、
私のようにクセ毛や髪の量・矯正パーマをかけたくない、石鹸シャンプーで満足できないなどなど、
共通点がある方にはいいかもしれませんよ。


この投稿がお役に立ちましたら応援をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

関連記事

  • この記事を書いた人
haco.

haco.

2011年10月から始めた冷えとり健康法で、体や心に少しずつ変化がおきています。そんな様子を伝えていきます。⇒さらに詳しく

-冷えとりブログ, 冷えとり生活, 最近の記事
-,

Copyright© 冷えとりと暮らそ。-冷えとりゆるゆる生活日記- , 2018 All Rights Reserved.