冷えとりと布ナプキン 冷えとりと生理 冷えとりブログ 冷えとり生活 最近の記事

生理に感謝の気持ちでいっぱい

 

私はありがたいことに昔から、女子にありがちな「生理痛」というものにほぼ無縁のままきました。

 

ごくごくたまに、生理痛なるものを感じることもありますが、
それも数年に1度程度。

 

しかも振り返ってみると、たいがいそれは秋口のこと。
そのたびに 「あぁ、今年は暑くてよくクーラーの効いた部屋にいたからなぁ」と反省していたのです。

 

もちろん、まだ冷えとりなんていう言葉も知らない、独身時代の話です。
生理痛がひど友人が何人かいましたが、学校や会社を休むこともあるという話を聞き、
本当に驚きました。
その後も実際にそういう経験をしている方はたくさんいると知り、
改めて自分の置かれた状況を感謝したものでした。

 

生理痛がひどい人からよく、
「早く閉経したい・・・」
という言葉を聞きます。
そんなものなのかなぁ?と思っていましたが、確かに立っていられないほどの痛みを感じる人にとって、
毎月毎月やってくる激痛はさぞかし辛い事なのでしょう。

 

私はこれまで書いた通り、生理をうっとうしがることはありませんでしたが、
それでも生理が始まると
「あぁ、始まった・・・」
と、なぜかネガティブにとらえがちでした。

 

まぁ、ナプキンを交換するためにマメにトイレに行ったり、
下着を汚してしまったら嫌だなぁとか、そういう方面からですが。

 

前にも書いた通り、布ナプキンを使い始めてからは珍しさもあり、
毎月の生理が、というよりも、「布ナプキンを使うのが楽しくて」待ち遠しくなりました。

 

そして冷えとりを始めた今。
布ナプキンを使い始めた頃以上に、生理が楽しみでなりません。

 

なぜなら、女性にとって、一番の毒出しは生理だから、です。

 

生理初日の夜の横もれ不安、二日目の量の多さなど、
以前なら 「嫌だなぁ~」と思っていたことが、
「毒、出てる出てる♪」
とウキウキしてくるから不思議です。
気の持ちようとはよく言ったものです。

 

そして毎月、
「必ず来てくれる生理、一ヵ月に一度、体の大掃除をしてくれることへの感謝」
をするようになりました。

 

毎月来るのが当たり前。
女性として生理が始まってから、妊娠・出産以外、来るのが当然と思っていましたが、
よくよく考えると、これってすごいことです。
女性の体って、神秘的です。

 

そのことに毎月感謝しつつ、
「ついでに毒もたくさん出して行ってね。 ゆっくりしていってw」
なんて、ちゃっかりと都合のいいお願いもしちゃうわけです^^;

 

自分の体に感謝、
女性に生まれてきたことに感謝。

そして月に一度は、こんな風に殊勝な気持ちになれることにも、感謝! です。

 


この投稿がお役に立ちましたら応援をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

関連記事

  • この記事を書いた人
haco.

haco.

2011年10月から始めた冷えとり健康法で、体や心に少しずつ変化がおきています。そんな様子を伝えていきます。⇒さらに詳しく

-冷えとりと布ナプキン, 冷えとりと生理, 冷えとりブログ, 冷えとり生活, 最近の記事
-,

Copyright© 冷えとりと暮らそ。-冷えとりゆるゆる生活日記- , 2020 All Rights Reserved.