冷えとりブログ 最近の記事

“冷えとり健康法”が良い理由

先ほどヤフーで配信されていたコラムの見出しに、

「原因は内臓温度の低下にあり!?
“冷えとり健康法”が良い理由」

 

なんだかドキーッとしませんか??
「内臓温度の低下」
が冷えの原因って・・・。

 

確かによくよく考えてみるとそうなのですが、
切り口が新鮮に感じて思わずクリックしてしまいました。

 

内容はこう。

・・・中略・・・全国冷え症研究所の山口勝利先生に聞きました。

「冷えというと、手先や足先などの末梢が冷えていると思いがちですが、実はもともとの原因は内臓の温度の低下なんです。
冷たいものの飲み過ぎや冷房に当たり過ぎるといった外的要因はもちろんですが、
内臓脂肪が多くついていると血液循環が悪くなり内臓の冷えにつながるんですよ。
内臓が冷えると、そこを温めようと全身から血液が集まるので末梢にまで血が回らなくなり、足や手が冷たくなるんです」

山口先生によると
「冷えを解消すると、代謝が上がって痩せやすい体になる、免疫力が向上するので風邪を引きにくくなる、むくみや肌荒れ、生理不順、不妊が改善されるなど、とにかくいいことだらけ」なんだとか。

さらに、自律神経の働きが活発になり、全身の倦怠感や疲れも解消されるらしい。・・・中略・・・

 

まず、【全国冷え性研究所】というものの存在に驚きました^^;
初めて聞いた・・・!!

検索したところサイトがありました。  http://www.hiesyou.com/

 

なかなか興味深い話題もたくさんあり、ついつい読んでしまったり、
「冷え性チェック」なる簡単なテストもやってしまったり。

 

ただ、治療院で治療に行ったり、販売グッズを使うなど、
遠方に住む私には、
「これを踏まえて自分でやってみようかな」
と思ったり。

 

たとえば、

【院内で行う治療です。厚生労働省認可を受けた医療器械を用いて治療を行います。
この治療は、大変心地良く、ほとんどの患者さんは治療が終わるまでぐっすり寝てしまう程です。
寝ているうちに、内臓温が上昇して冷えを取り除きます。治療時間は30分程です】

とありましたが、具体的にどんな機会を使うかは書いてありません。

 

でも似たようなものだろうと想像つくのが、
「こんにゃく湿布」や「びわ葉温灸」、「イトオテルミー」でしょうか。

 

これらも内臓をじっくり温めてくれる効果があるので、
もしかしたら治療院で使われている機械と同じような効果が得られるかもしれませんね。

 

うちにはびわ葉温灸のセットがあるのでそれで代用できるし、
もっと手軽にこんにゃく湿布なら誰でもできますね。

こちらもやっているうちに気持ち良くて寝てしまうほどです。

 

さて話は少しずれましたが、全国冷え性研究所所長・山口勝利先生は、
冷え性の改善方法も提案してくれています。

 

「まずは、半身浴や腹巻きなどで外から内臓を温めること。
ドライヤーを背中に当てるのも効果的ですね。
靴下を履く場合は、汗を吸収・発散する効果が高いシルクの5本指ソックスの上に、血流を圧迫しないゆるめの靴下を重ね履きするのがオススメです。

また、熱を体外に逃がさないためにはうなじを温めるのが効果的。
室内外問わずタオルやストールを首に巻くと、それだけで体が温まりますよ。

あとは、体を90度まで曲げて“おじぎ”を20回ほど繰り返す。そうすると下腹部に溜まっていた血液が全身に流れるので冷えが緩和されますね」

 

出ましたね、冷えとり健康法。
やはり、冷え性対策を語るうえで、今やはずせない健康法になっていると感じます。
半身浴も腹巻も、内臓をじっくり温めてくれ、結果的に心身の安定や体調の改善につながっていくのだと思います。

 

ドライヤーを背中に当てるのは、
「あれ?風邪のひき始めかな?」
と感じたときに私もよくやる方法です。

 

それよりももっと日常的にやるのは、
背中にタオルを一枚はさむ方法。

 

これをするだけで体温がぐっと上がるから不思議です。
首元にストールを巻くよりも、背中にタオル一枚!!
と声を大にして言いたいです(笑

・・・恰好悪いですけどね^^;

 

それから、「体を90度曲げておじき」という運動、初めて知りました!
これは手軽にできていいいですね。
気づいたときにちょこちょこやってみたいと思います。

 

ここにきて急に寒くなってきました。
「冬将軍到来」という感じ?

 

あれこれ試してみて、ずっと付き合える自分なりの冷えとり法を見つけたいものですね。


この投稿がお役に立ちましたら応援をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

関連記事

  • この記事を書いた人
haco.

haco.

2011年10月から始めた冷えとり健康法で、体や心に少しずつ変化がおきています。そんな様子を伝えていきます。⇒さらに詳しく

-冷えとりブログ, 最近の記事
-,

Copyright© 冷えとりと暮らそ。-冷えとりゆるゆる生活日記- , 2020 All Rights Reserved.