未分類

開脚前屈が出来るようになるためのストレッチ

2017/09/28

にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

 

開脚前屈の夢はまだ諦めていません。

 

ただしその気持ちは揺らぎっぱなし(笑)。日替わりで気持ちがグラグラとしてしまいます。

 

でも長年できなかったことが、長い間硬いままだった体が、ヨガを始めたから・運動を始めたからと言ってすぐにできるとは思っていません。

 

気長に挑むと決めたのだから長期戦でいきます。ただ、時々やってくる諦めの気持ちには動画を見まくってやる気スイッチを入れてもらっています!

 

方向性は間違っていないはず、でも気持ちはアップダウン

体が硬いこと、そして開脚前屈だけでなく前屈全般が全くできないということについて、長い間私のコンプレックスでした。

 

もちろん今現在も前屈が出来ていないのですが、それでもヨガを始める前よりも手ごたえがあるというか、時間をかけていけばいずれ出来るようになるという予感はあります。

 

なぜなら、開脚前屈・前屈が出来る人と私との違いがはっきり分かってきたから。

 

開脚前屈が出来る人は骨盤を前に倒すことができるけれど、私は骨盤がガッチリとロックされたままで上半身だけ必死に前に倒しているという違い。

 

このことに気づいてからは、骨盤を前傾させるにはどんなストレッチが効果があるのかということを調べまくりました。

関連 小さいバランスボールで骨盤を前傾しやすくなるようにトレーニング

 

毎日気づいた時にこの運動を行っていますが、理想の股関節の柔らかさにはまだまだ・・・です。心が折れそうになるのはこういう時。

 

方向性は絶対に間違っていないはず、だけど時々「どんなに努力しても一生このままなのでは・・・」という不安が突然よぎるのです。

 

そんな時は動画に助けてもらうに限ります!

 

いろいろなワードを入力して関連動画を調べていたら、効果がありそう!と期待できる動画を見つけました。

 



骨盤を柔軟にする運動

「これはできるかも!」と期待させてもらったこの動画。

 

「うまさきせつこのボディコントロール」という動画の中の一つですが、開脚前屈が出来る人の骨盤ってまさにこの動きをするんです!

 

逆に私はこの動きがとても苦手。というか、ピクリとも骨盤が動かない(^_^;)

 

ただ、開脚をした状態でこの動きをしようとしても、全く動かない骨盤も、動画のように武士のように座った状態でやってみると、これが面白いほどよく動く(^-^)

 

以前ねん挫したところが未だに痛くて正座が出来ないのですが、この武士座りをした時にお尻の下にギムニク ソフトボールをはさむことで、正座も痛みなく出来るし、なにより骨盤がスルスル動くのです。

 

やはり私の場合、ある程度高さがないと骨盤を柔軟にするのは難しい段階のようですね。ギムニクボールは買って正解でした。

 

この動きを練習していけば、骨盤もこれまでよりはぐっと柔軟になるはず。開脚前屈の初歩の初歩・・・といった段階ですが、ここから始めないと前に進めません。

 

このストレッチを経て、そろそろっと両足を伸ばし、できる範囲で前屈。・・・悲しくなりますが(^_^;)

 

でも終わった後は足の先までポカポカ!やはり下半身のストレッチをすると冷えを改善できるというのは本当なのですね。

 

人と比べず自分の上達だけに目を向けるのは辛い作業ではありますが、コツコツ続けるということだけは得意(笑)

亀の歩みではありますが、頑張っていこうと思います。


この投稿がお役に立ちましたら応援をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

関連記事

  • この記事を書いた人
haco.

haco.

2011年10月から始めた冷えとり健康法で、体や心に少しずつ変化がおきています。そんな様子を伝えていきます。⇒さらに詳しく

-未分類
-,

Copyright© 冷えとりと暮らそ。-冷えとりゆるゆる生活日記- , 2020 All Rights Reserved.