冷えとり健康法とは?

シェアする

最近、何かと話題の 「冷えとり健康法」。
なんとなくわかるような、わからないような・・・?

よく、
「体の冷えをとると 健康になる」
といいます。

それはなんとなくはわかっているけれど、具体的にどうしたらいいかわからない。
そういう方が多いのではないでしょうか。

そもそも、「冷え」とは何でしょうか。

下半身の体温が低く、上半身の体温が低い状態を 「冷え」といいます。
ただ、足元を温かくしていても、それ以上に上半身の体温が高くなっていると、
それも「冷えている」ことになります。
また さまざまな要因が冷えを引き起こすきっかけにもなるのです。

怖がらせる気はありませんが、「冷え」は病気の原因になると言わざるを得ません。
それに気付いた 進藤義晴先生が研究を重ね、体の芯から冷えをとる健康法を編み出したのです。

とはいえ、冷えをとるのは難しい事ではありません。
日常生活の些細なことを気をつけたり、少しだけ考えながら生活をするだけで、
今までとはガラッと違う毎日を過ごせることは間違いなし!

今からでも遅くありません。
できることから 日々の冷えとり生活を始めてみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする