冷えとり夏パジャマ 二枚のサッカー生地パジャマをローテーションで

シェアする


毎年夏ごろになると気に入ってきていた無印良品のパジャマ。シックなチェックで綿の開襟シャツタイプのパジャマなのですが、さすがに真夏は生地が肌にペタッとくっついて暑く、着ていられなくなります。

夏はサッカー生地や楊柳が好きなのでパジャマ売り場をよくうろうろするのですが、なかなか見つからなくなってきました。求めているものは単純で、昔ながらのものなのですが。

スポンサーリンク

綿100%サッカー生地のパジャマは今や希少?

そんな時に生協のカタログで見つけた、「先染めサッカースモックパジャマ」。

先日のブログにも書いた通り、このピンクを夏前に買って、あまりの着心地の良さにやはり?青も追加購入^^;

ピンクとブルーを毎日洗ってローテーションしています。

先日母と買い物に行った時に、パジャマや下着が売っている場所を通りがかったのですが、その時に母に、
「最近はサッカー地や楊柳素材の服が少なくなったよね。あったと思っても、綿100%じゃなかったり」
と話していたところ、その話を近くで聞いていたらしい見知らぬ年配の方が、
「本当にそうですよね」
と言ってきたのでビックリ(笑)

でも、ある年齢に達する方々は、これまでずっと綿100%で、しかも夏には織りを変えることで肌に触れる面積を減らすという日本ながらの涼しく過ごす知恵が詰まった服を着ていたのでしょうから、それを見かけなくなったことはさみしいかぎりだと思います。

本当に簡単なことではあるのですが、綿の生地を、ポコポコと凹凸させることによりすきまができ、肌にピタッと密着せず、空間ができることによって感じる涼しさはあなどれません。
多分、体感温度が変わると思われます。

いまはそれを、「ひんやりする素材」に変え、綿から化繊に移りつつあるわけですが、ユニクロなどでもこういう昔ながらの日本の知恵を生かした素材のものを出していって欲しいですね・・・

昨今では国産の食が見直されてきているし、つい先日ではイトーヨーカ堂のPB衣料品は「メイドインジャパン」商品を強化すると発表したばかり。
それに対し、
「少しくらい値段が高くても国産を買いたい」
という声も見かけ、なんとも嬉しくなりました。

私も値段が多少高くても国産を買いたい派。案外こう思っている人って多いのではないでしょうか?その声を届けるには、せっせと日本製を買う事が私が唯一できること。
小さい力かもしれませんが、声を届けて行きたいですね。

そして、先ほどの夏パジャマですが、あまりにさっぱりしていて気持ちがいいので、旦那さん用も購入★

洗濯物が干してある時、ペアルックのようでちょっと恥ずかしいのですが(#^.^#)
でも旦那さんも
「お風呂上がりにこれを着ると、肌につかなくてサラッとしてる」
と喜んでくれました。

普段、うちの旦那さんはこういう細かいところに気づかないタイプですが、こういうものは着た瞬間にわかるのかもしれませんね。

夜は大分涼しくなり、ヒンヤリする夜風と鈴虫の声で眠りにつけるようになりましたが、まだまだこの2着の夏パジャマをヘビーローテーション♪で乗り切りたいと思います。

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク