熱が出た次の日の靴下は・・・

◆ 熱が出た次の日の靴下は・・・

先日、喉の腫れから熱が出た ことを書きました。
残念ながら、溶連菌の熱は冷えとりでは下がらなかったのですが、
熱が出た次の日、全身に汗をぐっしょりかいて、着替えようと靴下を脱いだら・・・

あぁ、
やはり盛大に靴下に穴が開いていました

左足の靴下も

もはや時間の問題?

普段、6枚も8枚も靴下を重ね履きしようとも、足は常にさらりとしたまま。
非常に快適です。

ところがこんな風に体調を崩した途端、足にぐっしょり汗をかくんです。
不思議ですねぇ。

この時も、
「あぁ、これで熱が下がる」
と、久しぶりに穴を見て喜んだのですが、さすがに溶連菌の熱は手ごわくて。

結局、二日病院に行かず、行った頃にはだいぶひどい状態になっていたので、
「どこから来た熱なのか?」
を見極める必要がありそうです。

寒気からくる熱ならば治した実績があるので
この次は見極めを間違えないぞ~

いやいやいや、もう五年は熱を出したくない・・・

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 靴下の穴で色々と体調に
    気づきがあると言うのはすごいですね。

    参考になります。

    応援完了です。

    • avatar haco. より:

      頭痛解消法★吉野さん、コメントをありがとうございます。

      あまり宗教チックな考え方に凝り固まらないように気を付けてはいますが、
      擦れなどではない穴の開き方に、体調との関係性を疑わずにはいられません。