足首から、汁

にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

冷えとりを始めて少し経った頃から、両足のすね、足首付近が猛烈に痒くなり。
これは冷えとりのめんげんとして 超メジャーな現象で、体の毒素が外に出ている、いい傾向なのだとか。

これが毒素が出せない状態だと、体の中に留まって「悪さ」をするそうな。
冷えとりの進藤さんによると、
「痒いものは かけ」
という いたってシンプルなお答え。
かくことで、どんどん悪いものが外に出て行くというのです。

スポンサーリンク

自分の足もよく見かける写真のように

冷えとりをしている方のブログを拝見すると、
それはそれはもう、痛々しい掻き壊した傷の写真がたくさんありました。

私はといえば、
めんげん自体を未だに素直に受け取っていないタイプ。
あまりなんでもかんでも「めんげん」で済ませることが、どうも納得できないでいるので。

だから、私の場合は めんげん云々よりも、
「痒いからかく」
という方向性から ポリポリとかいておりました。

・・とはいっても 一応女子のはしくれ。

見えない部分・積極的に見せない部分ではあるにせよ、
体に傷が残るのはあまり嬉しい事ではありません。

だから「掻く」と言っても、
ペシペシと叩いたり、上から押さえるようにしてみたり、
あまり力を入れずにそ~っと掻いてみたりと、
それこそ ご機嫌を伺うように掻いていたのですが。

ある日、フトした瞬間に、
足首のあたりに 「パリッ」とした感触があり。

その「パリッ」は日に何度かあり、次第に気になる痛みに変わるように。
お風呂に入る頃には 早くその部分を確認してみようと焦って服を脱いだほど!

そして、その「パリッ」の正体がわかりました。
掻き壊した部分の皮膚が、ズリッとむけてる・・・

とうとう、よく写真で見ていた例のあの脛になってしまったのです。
まだまだ規模は小さいですが。

それにしても不思議です。
さっきも書いたとおり、乱暴に掻いたわけではないし、
傷にならないように 意識して気をつけていたのに。

でもこれはほんの序章に過ぎず、
日に日に範囲は広くなり、ちょっと動くたびにバリッという感覚があり、
痛くてたまらず・・・
もちろん、靴下には黄色い汁が。

そうこうしているうちに、
最初は右足だけだったものが、左足にもでき始め、
両足が、バリッバリッ(涙

お風呂に入る時もしみますが、
不思議と半身浴をしている間は落ち着いているのです・・・

薬をつけたい衝動にかられている毎日ですが、
せっかくなので静観してみようかと^^;
Mっ気、ありそうw

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク