【冷えとりめんげん】体の痒み チリチリし始めるとあちこちが痒くなる

シェアする

先日、足の指の間が切れるというめんげんを報告したばかりですが、またしても新たなめんげんが出ました。

それは痒み。

私のこれまでの冷えとりめんげんと言えば「痒み」でした。
どこかが切れてうんぬんよりも、痒くて痒くて掻いて掻き壊して・・・という形のめんげん。

いずれにせよ最終的には「出している」のでめでたしめでたしなのですが。

しかし今回のめんげんはいつもの左足首周辺ではなく全身。
しかも「面で痒い」のではなく「点で痒い」という感じ。わかります?

その痒い点が体中に点在していて、一か所気になるとあちこちが痒くなるという(>_<)
めんげんだとしたらこれは何のめんげんなのでしょうね。

スポンサーリンク

これも心臓の毒出しと思って出しまくろう

最初はホットヨガをしている時に起きました。

チリチリっと痒くなり腕をポリポリ、すると足が痒くなりポリポリ、今度は顔が痒くなって・・・という連鎖反応を起こしたのです。

だからその日は、ヨガに集中できずに痒みばかりが気になってしまい。いつもの終わった後の爽快感や満足感が得られず、痒いという事で気持ちもピリピリしてしまって残念でした。

その日、たまたま履いていた靴にラメがついていて、それが体について痒いのだと思っていました。(以来その靴は封印したまま・・・)

しかし、封印以降も痒みは治まりませんでした。
それはヨガの最中だけでなく、家にいても寝ていても。何が辛いって寝ている時に痒みで目が覚めるのは辛いです。

この痒みの原因は一体何なのか?

発汗が良くなったことで、体の中にたまっていた毒素が出やすくなり、それが皮膚を刺激している・・・とか?

これまでも運動は続けてきましたが、この一ヵ月はこれまでにないほどの発汗をしているので、奥底にあった毒素が揺り動かされた、という可能性もありそうな気がします。

これまでの痒みのめんげんのように一点集中ではないためわかりにくいです。

ただ先日のブログにも書いた通り、夏は心臓の毒出しが盛んで、汗をかくことによって毒出しが進むとのこと。

夏はたくさん汗をかいて心臓の毒出しを

この汗もその毒出しの影響を受けているのかもしれませんね。

全身のあちこちがチリチリと痒いのは本当にイライラするのですが・・・心を落ち着けてやり過ごそう!

にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村


冷え取り健康法 ブログランキングへ

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク