久しぶりに泣いてデトックス


私はもともとすぐに涙が出るタイプ。ドラマを見ていて泣くし、ニュースを見て泣くし、相手の心情を勝手に察しても泣くし、人のやさしさに感動して泣くし。
感情が大きく揺れるとすぐに涙が出てきてしまうので、ちょっと恥ずかしい時もあります。泣きすぎ、私(笑)
でも今回は、心の底から悲しさや寂しさが湧き上がってきて、久しぶりに泣いてしまいました。

スポンサーリンク

お風呂の中で・夜の散歩で

Tears
Tears / crimfants

この写真・・・いいですねぇ。
泣くのをこらえようとすると、なぜか下唇が出ちゃいますよね(笑) この表情になるのがよーくわかります。

さて、号泣した原因・・・というのは特になくて、よくある日常茶飯事のことが、なぜかその日に限ってスポッと心のすきまにはいってしまった・・・という感じで、悲しみの感情があふれ出てきたのです。

普段なら、「まったくもう!」とか「仕方ないか」と、プリプリしたり諦めたりでやり過ごしてきたものが、溜まって溜まって溜まって、ある時にぐわっと湧き上がってくるのでしょうね。

夕食の洗い物をしながら涙があふれてきて、何度かしゃがんで(笑)エプロンで涙を拭き取っても、一度ある一定の量を超えると、もう堰を切ったように止まらなくなってしまうのです。

コップに口いっぱい入った水が、表面張力で保っていたのに、それを超えたら一気にあふれ出す・・・そんな感じ。

悲しい感情の表面張力が決壊し、拭き取った程度ではどうにもならないと判断したので、家族の手前、泣き顔を見られて心配されても困るので夜のお散歩に。

さすがに声をあげておいおいと泣くわけにも行きませんが、流れ出てくる涙をぬぐう必要もなく、それを見られても夜だから涙なんて見えないだろうし。
そう思うと思う存分泣けました。

不思議なもので、歩きはじめた頃は涙が流れっぱなしなのに、しばらく歩いていると意識はただ「歩く」ということだけに集中し始めて、気付くと涙はとっくに乾いていて、頭の中ではすでに楽しいことを考えていたりして。
単純な自分に我ながら呆れてしまうのですが、これはいい方法だな~と気づいたのでした。

散歩に出ずに、お風呂の中で泣くということもあります。声が出てしまうと、お風呂のふたに潜って(笑)、お湯とふたの間で呼吸を確保しつつ泣いたり^^;
命がけです(笑)

泣いた後って本当にスッキリしますね。デトックスとはよく言ったものです。私は半身浴で汗をかくよりも、泣いたほうがスッキリするかも。きっと、心の冷えが大きいのだと思います。冷えとりを始めてから変化があったのは思うに心にだし。

大人になると、感情を開放して思い切り泣くことってなくなってきますよね。赤ちゃんのように、「うわ~ん!悲しいよ!うわ~ん!!寂しいよ!」とは泣けませんものね。
そんな風に、感情にふたをしてしまうと、どんどん感情を押し殺してしまって、ある時何かのきっかけで、感情の防波堤が決壊。

でも河川の決壊は困るけど、感情は時々決壊させてあげないといけませんね。たまには「自分中心」に考えてみることってとっても大切だと思うのです。
私が我慢すればいいんだ・・・じゃなくて、「私、そんなの我慢できないもん!」と感情を解放させてあげないと、圧力がかかりっぱなしになっていずれ大爆発を起こしちゃいそう!

今回の涙は、ちょっとした間欠泉のようでした(笑)
Old Faithful Geyser 5621
Old Faithful Geyser 5621 / YellowstoneNPS

かなり高く吹き上げたかも!?

親になったり大人になったりすると、我慢をしなきゃならない場面も増えてくるし、自分さえ我慢すればすべてが丸く収まることって増えてきます。そういうことの積み重ねで、心に冷えを溜めていく・・・という方も多いと思うのです。

時々爆発★して、「自分本位」になってみることもいいのかなと。散歩して涙を流してスッキリしたり、お風呂でシャワーで髪を洗いながらおいおい泣いたり。
方法は人それぞれ、自分の生活にあった方法で、こまめに「デトックス」をしておいた方がいいと思いますよ♪

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク