シルクふぁみりぃさんのブラシート 化繊ブラジャー対策やワイヤー対策にも

先日注文してあった、シルクふぁみりぃさんの「ブラシート」が届きました。
その時のブログはこちらです。

冷えとり健康法を実践されている方の中には、「皆さん、ブラジャーってどんなものをつけているのだろう?」と思っている方も多いかと思います...

注文してからすぐに手元に届くこの嬉しさ!ありがたいです。
さっそく着用してみた、その着け心地をレポートです!

スポンサーリンク

暖かいだけじゃない!この安心感も大切

届いたブラシートを広げてみるとこんな感じ。

サイトによると、置き寸の丈は21cm、幅は29.5cm。
引っ張った時には110cmになるそう!

生地のアップはこんな感じ。

裏(先ほどとは反対側)と布のフチはこんな感じです。

しっかりしているのでほつれたり破れたりという心配はなさそうです。

透け感はこんな感じ。

手を差し込んでみると透ける厚みではありますが、ブラシートの目的はブラの下にはさむものなので問題なし。むしろ夏場などは暑くなくて快適そうです。

本来なら朝パジャマから着替え、ブラジャーを装着する際にこのブラシートをつけるわけですが・・・私はその前にどうしてもやりたいことがありました。

それは、お風呂から上がって寝るまでの間をパジャマで過ごす際にブラシートをつけたかったという事。

子どもがまだ小さいうちなら気になりませんでしたが、段々大きくなってくると子どもは行き志していないかもしれないけれど、こちらは胸が気になってきます・・・

冬場はまだ厚手の布地になるからいいですが、夏はもうアウト(>_<)

それが気になってパジャマを着ている時には猫背気味になったり。
かといって寝る時にブラジャーはつけたくないし、起きている間だけつけて寝る時に外す・・・というのも面倒くさい。

でもブラシートをつけてからパジャマを着れば、何もないよりは多少カモフラージュできるかなと。これはあくまでも気持ちの問題になってきますが。

素肌に直接ブラシ―トをつけると、その瞬間に体温が伝わってふわっと暖かくなります。これは予想外の嬉しさ!薄い一枚で覆われているだけで得られるこの安心感!

薄手なので肩が凝るということもないし、我ながらナイスアイディアと自画自賛(笑)

ただ、しばらくしてフト気づくと、いつの間にかブラシートが下がってしまったり上がってしまっていたり。それも当然の事です、本来の目的とは違うので。

しかし私的には気づいた時に直せばいいことなので問題なし。胸の周りのほんわか暖かく包まれたまま就寝しました。

そしていよいよ次の朝。 その日はユニクロのブラキャミを着てみました。朝は暗くて寒く、引き出しに入っているブラキャミも冷え切っています(>_<)

いつもなら温まったパジャマを脱いだ瞬間にサーッと体温が奪われ、しかも冷たいブラキャミを装着することでさらに体温を奪われます。

毎朝
「寒い寒い寒い寒い・・・」
と呪文のように独り言を言いながら着替えるのが日常となっています^^;

でもその日は、前の晩からつけていたブラシートだけは暖かい体に残っているので、いつもより寒くないような気がしました・・・気のせい?

そしてブラキャミの装着。いつも「冷やっ」とするあの感覚が嫌で、つい息を止めてしまうのですが、すでに暖まっているブラシートの上からの装着なので全然大丈夫!

寒くない、冷たくない♪

ブラシートが一枚はさまったことで、胸周りがもたつくかなと思ったのですが、良い意味で薄手なので全く問題なし!むしろこの薄さが暖かさを保っているように感じました。

やっぱり買って大正解!
ブラシート、本当におススメです。今ある下着を買い替えずに、冷えとり的に安心して過ごせるという精神的な安心はかなり大きいです。

色はオフホワイトとブラックの二種類ですが、注文した際にはオフホワイトが品切れになっていたのでブラックにしました。

でもこれ、オフホワイトと二枚あるとアウターに合わせられて便利かもしれませんね。

そして意外だったのが、その日はトップスに胸元がVに開いた服を着ていたのですが、フト動いた瞬間鏡を見た時に胸元から黒のブラシートがチラリと見えました。

これがとってもいい感じ!
ブラキャミだけだと胸元の膨らみが見えてしまうのですが、その部分をブラシートが綺麗に隠してくれていました。

それを見た時の安心感ったら!
丸首を着ている時には気になりませんが、最近はVネックのニットを着ることが多くなり、前かがみになる時などは胸元を押さえることもあったのです。

気にし過ぎかもしれませんが、若い方ならともかく(笑)、私のような年齢になってくると、不必要に見せてしまうことは、それが偶然であってもあまり良いものではないと思うのです。

だから胸元からブラシートがちらりと見えた時には嬉しくなりました。

もちろん、ブラシートをつける場所によって見えないようにすることも可能ですし、私の場合も正面から見た時には見えず、動いた際にちらっと見える程度でした。

肌に直接化繊をつけていないという精神的安心感、
そして胸が常に暖かいという安心感!これは何事にも代えがたいものがありますね。

冷えとりをしている人だけでなく、
「化繊のブラジャーをするとチクチクする」「ワイヤーがあたって痛い」
という方にもこのブラシート、ぜひおすすめします!

そして実は以前からもう一つ気になっていた商品があり、入荷のお知らせが届いたのでこちらもその場で(笑)注文済み♪ 届くのが楽しみです!

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. haco.さま、素敵なブログをありがとうございます。
    読ませていただき、とっても嬉しかったです!!

    パジャマの下に……って、グッドアイデアです。
    私も次男28歳、長男33歳まで自宅に同居しておりましたので、お風呂上りにいつも気遣っていたのです。
    彼らは気にしていませんが、こっちがヤダなぁって思っていた感じ!
    販売していながら、その使い方には気が付きませんでした。
    もう、今は夫と二人暮らしなのでホント気楽です。
    下宿屋のおばさんほどの食事作りにも、洗濯ばぁやからも卒業出来て、うれしい限りです。

    ブラシートは、乳頭からのデトックスを目指して作りました。
    化繊で乳頭を覆うと、私は窒息しそうな気がしてダメでした。

    お使いいただいて、喜んでいただけることが私にとって何より嬉しいことです。
    どうぞ、これからも末永くよろしくお願いします。

    本当にありがとうございました!!

    • avatar haco. より:

      シルクふぁみりぃの桐生さん、わざわざまたコメントをありがとうございます。

      桐生さんもやはり「風呂上がり問題」には思うところがあったのですね。
      そう、あちらは気にしてはいないのでしょうが(笑)、やはり母親としてどうなの?と常々思っていたので、
      このブラシートを見つけた時は
      「これで風呂上がり問題も解決★」
      と思ったのでした。

      ここのところ、テレビでもやたらとお乳に関するニュースを目にすることが多くて・・・
      なんとなく気が滅入るのですが、滅入っていても仕方がないし、せめてバストケアをしてあげたい、とも思っていたところだったので、
      ブラシート一枚胸を覆っているだけで胸が暖かく、ケアしてあげてる!という気持ちになれるのも嬉しいです。

      私も胸は乳頭からデトックスが出来ると思っています!
      だからマッサージした後は乳頭からガス抜きのような動作をしています。
      これは母乳をあげている時に教わった、乳腺炎にならない方法ですが、今でも時々思い出した時にやっています。

      胸が暖かいと、きっと悪い事にはならない・・・
      なんとなくですがそう思っています(^-^)