頭寒足熱と天然素材

シェアする

冷えとり健康法を実践していて、参考になるのはやはり 冷えとり健康法を私よりも先に始め、一歩先を歩いてくださる先輩方の経験談です。
これは・・・本当にありがたいですね。
私が今悩んでいること・疑問に思っていることは、先輩方が通った道。
あとをついていけば、必ずその先には光がある!! ・・・と、先輩方の通った道を見失わないように必死です(笑

さて、先日のブログ記事で 冷えとりファッションの微妙な変化 をお伝えしたところですが、
私が考えていることとそっくり同じことを 冷えとりショップ841のスタッフさんがブログに書いてらっしゃったので、
嬉しくなってシェアさせていただきます

こうやってスタッフに聞いてみますと、特に「冷えとり用」という事だけを重視しておらず、
選択肢の一つとして「素材」や「締め付け感の無さ」 「着回し」 といった物と一緒に含まれているように思えます。

私自身もどうせ冷えとりをするなら楽しんで♪と思いますし、気持ちが上がるファッションだって大事ですよね。
「頭寒足熱 」と 「天然素材」 の基本さえ理解していれば、そんなに難しく考える必要もないのかなぁー と感じました。

「そうそう! その通り!!」
と思わずひざを打ちそうになったので(笑)、太字にしてみました^^;

そう・・・悩んで悩んで悩んだ末、最終的に行き着くところはそこなのだろうな~と思うのです。
素敵な重ね着ができなくて、自分の冷えとりファッションのセンスのなさにガッカリさせられっぱなしなのですが、
それでも 「頭寒足熱」していれば心地いいし、「天然素材」 を身に付けていれば安心だし。

この 「心地いい」 と 「安心」 の二つに繋がるキーワード、気づきました?

これは私の場合だけかもしれませんが、この二つには
「冷えを作り出さない」
という 強力な魔法がかけれていたのでしたw

心地いい、だから冷えない。
安心できる、だから冷えを作らない。

だから最小限、頭寒足熱できていて、天然素材をきていたら、ある意味「最強の冷えとりファッションが完成している」とも言えるのではないかな~と。
あとは小食に気を付けていれば、アラ! 冷えとりって簡単~

・・・がしかし、その小食っていうのが最強のラスボスでもあるのですけどね^^;

でも、「ラスボスを倒すぞ~」という勢いで挑むのではなく、
「ねぇねぇ、仲良くしません?」という方向から攻めていきたいと思います(笑

仲良くして、うまく付き合って・・・そのうち玉砕?みたいな ←腹黒

小食に関しては今トライしていることがあるので、それはまたもう少し先に報告しますねw

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク