冷えとりで溶連菌は治りませんでした・・・

◆ 冷えとりで溶連菌は治りませんでした・・・

あまりの喉の痛さに目が覚めた朝。

自分の風邪がいつも喉から始まるのはわかっているので、
「これはちょっとマズイかも・・・」
と思っているうちに、あれよあれよという間に上がっていった熱。

前回、冷えとりで熱を下げた実績 もあり、
「また冷えとりで熱を下げちゃうぞ~! ムフフw」
な気分で挑んだのですが・・・

それから丸二日、9度近い熱にうんうんと唸りながら、
最終的には病院に駆け込むことに。

今回ばかりは、冷えとりが全く歯が立たなかった感じ。
それどころか、お医者さんには恐ろしいことも言われてしまい・・・

まず初日ですが、
下半身を温めるために、湯たんぽ3個を使い横になりました。

いつもなら、しばらくすると熱くなってきて汗が出てきて、
ぐっすり眠って目が覚めると熱が下がっている、というパターンが多いのですが、
今回ばかりは熱くなるどころか、体は冷える一方。
ゾクゾクとした寒気で眠気なんてやって来やしません。

それでもじっとしているしか術はなく、
節々の痛み(熱が上がってきた証拠)に耐えながら夕方まで待ち、そこで半身浴。

お湯につかった瞬間こそ気持ちよかったものの、
お湯に入っているのに体は冷たく、いくら入っていても温まらず・・・

その晩は体の痛みに耐えながら、ウトウトして次の日の朝。
状況は全く変わらず。
というよりも、前日よりもさらに悪くなっている様子。

喉の痛みは、まるで焼きごてを押し付けられたかのごとく痛み、
唾を飲み込むことすら大変なほど。

血膿が出ているのもわかりました。

前日と同じように湯たんぽ3個と一緒に寝たり半身浴をしたり靴下の重ね履きをしたり、
フラフラした頭で考え付く限りのことはしましたが、全くと言っていいほど効果がなく。

さすがに3日目の朝になり
「病院に行こう・・・」
と心を決めました。

病院に行って先生が喉を見た瞬間、
「スゴイよ、喉! 真っ赤っかっかか~だよ」
と言われ。
すぐに溶連菌の検査をしたら陽性。

そこでやっと納得がいきました。
道理で、この喉の痛さ!

その昔、息子から溶連菌をもらったことがあり、
その半端ない痛みに辟易したことがあったのです。

そして先生からは、
「溶連菌はね、ほっておいたら腎臓や脳に影響することがあるからね、きちんと治さないと」
と言われ、ゾッとしました。

あのまま「冷えとりで治す!」と意地を張っていたら・・・と思うと、
自分の無知さが怖くなったほど。

冷えとりで熱が下がるのは実証済み。
これは自分でも経験した事なのでわかります。

でも、それも「熱の種類」によるのかもしれません。
今回の場合は、「敵」が大き過ぎたのかも(苦笑

この件の教訓。
いただいたお薬でしっかり治し、完全に治ったら今度は冷えとりで毒だし!

冷えとり初心者、試行錯誤中(笑

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. can より:

    はじめまして。hacoさんの読みやすい文章にいつも楽しく拝見させて頂いております。

    先日の「冷えとりって宗教?」と今回の記事。
    冷えとりをしている私としてはとても考えさせられ
    そして靴下を重ね履きしたいのは何故なのか?
    初心にかえることができたものでした。アリガトウ!

    hacoさん、まずは大変なことにならず本当に良かったです。
    「健康法」をしているからということで意地を張って自分を縛ってしまうのでしょうね。
    その気持ち分かります。
    お薬を飲んでしまったら何もならないではないか!なんて思ったり。
    でも健康法はあくまでも健康法。臨機応変に考えて行動しなくてはいけないことだって
    あるんですよね。
    う少し肩の力を抜いてやっていかなくちゃいけないのかもね。
    それと病院へ行ってお薬をもらうことだって悪くない!

    健康法の方ばかり見ていて周りが見えなくなるのが一番怖いんだよね。
    私も心にとめていこうと思います。

    • haco. より:

      canさん、初めまして♪
      いつも読んでくださりありがとうございます。
      そして、嬉しいコメントをありがとうございます~♪

      canさんのコメントを、「うんっ、うんっ!」とうなずきながら読ませていただきました。
      「なぜ靴下を重ね履きしたいの?」
      いつもそう自分に問いたいですね。

      熱が出て病院に行くまでに時間が経ってしまい、
      今思えば 「もっと早く行っていればこんなに長く苦しまないで済んだのに」と思います。
      そして、そこまで縛ってしまった考えにもちょっとドン引き(苦笑

      結局、自分も苦しんだけれど家族に必要以上の心配をかけてしまったし、
      こうなるともう「エゴ」だなぁと。

      健康になって、家族のためにテキパキ働いて、笑顔でいられるようにと始めた健康法なのに、
      これでは本末転倒もいいとこ!

      まだ熱程度で済んだだけでも幸いでした。

      結局、また頑固な心と、長く飲み続けている薬で体を冷やしてしまいましたが、
      ここからだよね! と自分を納得させています。

      これで終わりにしてしまうのではなく、冷えたらまた温めればいいと。
      しかも、canさんがおっしゃるように 臨機応変に。
      頑固が一番体を冷やしますからね。
      それがわかっただけでもよ良しとします(苦笑

      canさん、ありがとうございました^^