夏になってから日中も分厚いウールの靴下を履くようになりました

これまで就寝時のみに履いていた、分厚いウールのカバーソックス。

これを最近、日中にも履くようになりました。
この暑いのに(笑

まずこの商品ですが、さまざまな冷えとり商品を購入した中で一番気に入っているものです。
その名の通り、分厚いです。看板に偽りなし♪

太めのウールで編まれた靴下は目も詰まっていて、履いた瞬間に 「温かい」と感じます。
感覚が鈍く、冷えも強い私がそう思うのですから、かなりの保温力かと思われます。

これを履いただけで安心するという癒し効果?もあり、とにかく気に入っています。
秋・冬・春はお風呂上りにこのウールソックスを履いて、寝る準備完了★ といった感じでした。

このウールの靴下が気に入り過ぎて、出かけた先にアウトドア用品を扱うショップを見つけると、
必ずウールソックスもチェックするようになりました。
最近の 「山ガールブーム」のおかげで、山用品が本当に可愛くなりましたものね。
編み込が入った可愛いウールの靴下が見つかったら儲けもの♪です。

が、その化繊の混合率の多さには・・・ビックリ。
どこを探しても 「ウール100%」 などありません。

これは仕方がない事ではありますが。
本来、山歩き用の保温のための靴下なので、ある程度の強度が必要になるのですから。

841さんのお店のウールの靴下は ウール95%・ナイロン5% と多少化繊は入りますが、
これまで見てきた靴下の中で、こんなにウールの混合率が多い靴下はなかったです。

あとは・・・手編みで編むしかない!?

そんな、「お休み専用」だったウールのカバーソックスですが、
なぜかこの夏、日中も履くようになったのです。

この暑いのに

以前のブログで
「靴下の枚数を増やしてみようかな」
と書いたことがあります。

それまでずっと 重ね履きの枚数は8枚(+カバーソックス1枚)でしたが、思い切って12枚くらいに増やしてみようかなと。

ただ、増やすには靴下を買い足さねばならず、なかなか実行に移せなかったのです。
そこで、 「靴下はそのまま + 分厚いウールのカバーソックス」という手持ちの靴下で組み合わせたところ、これが大ビンゴ

本当に温かくて気持ちがいいのです

というか、外気は暑いので、バランスを取るにはそれこそ上半身を裸でいないとならないのですが(笑
靴下8枚+分厚いウールのカバーソックス、レギンス、ズボンorスカート装着⇒湯たんぽを入れていない寝袋に入る、
そして上半身はブラキャミ一枚で部屋の中の空気を扇風機で回すとちょうどいいバランスがとれます。

あまりに気温が高い時は寝袋に入らないだけで、上記のようなスタイルです。

そして最近では、分厚いウールのカバーソックスを履いたまま外出してしまいます^^;
先日買ったクロックスがギリギリです。
お行儀が悪いですが、つま先をトントンとやって 足を靴の中に押し込みます(笑

実は841さんのお店のスタッフ・タッキーさんも、夏に靴下の枚数を増やし、なおかつ分厚いウールのカバーソックスを履きだした方がいるそう。
タッキーさんは、履きだしたころに風邪をひいたのだとか。

普通で考えると
「健康法をしているのに風邪をひくの?」
と思いがちですよね。
私も最初は風邪をひいた自分を恥じているというか・・・後ろめたい気持ちがありました。

でも841さんがこんなことを書いてらっしゃいました。

本当に冷えている人は夏こそ冷えとりの効果が出やすいんです。
何故かというと冬に頭寒足熱をしようとしても、
どうがんばっても足がそこまで温かくならないのです。
自然治癒力が弱まりすぎて、どんなにたくさん靴下を履いても長時間半身浴をしても、
上半身よりも温かくならないか、温かくなったとしても持続できない。

しかし、気温の高い夏なら足の温度も上がってくれる!
靴下の枚数が少なかったり半身浴の時間が多少少なくても、
上半身を涼しくすれば足温度の方を高く出来ます。
(下半身温度も上がりますが、上半身温度も上がるので上半身を涼しくすることが大事になります)

冷えとり健康法では
上半身より下半身・外側よりも内側 の体温を高くする事が基本。

体温が高くても、上半身と下半身を比べて下半身の方が低かったら冷えている事になります。
温度差を付けることがとにかく大事なのです。

タッキーも先日風邪を引いて熱を出しました。
彼女はとても冷えているので、この気温になったからこそ冷えとりの効果(めんげん)が出て来たようです。

冷えとりを強化したからこそめんげんが出やすくなる。
これは心強い言葉ですね。

実は私も、クーラーをつけて寝ていたわけでもないのに喉をやられ、今喉の痛みに苦しめられていますが、
喉は私のウィークポイントでもあります。

暑い夏だからこそ、冷えとりを強化したからこそ、めんげんが出やすくなったのかもしれません。

夏なのに、脱ぐどころがこんなに分厚い靴下を足して、どうしちゃったんだろ私?
と思っていましたが、心が思う以上に 体は素直に反応しているのかもしれませんね。

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク