とうとう背中の腫れが

少し前に、背中の痒かったできものが腫れてきたという話を書きました。
まるで膿を持って、今まさに出ようとしている、そんな腫れです。

鏡で見てみても、赤紫色になっていて、
いかにも毒々しい感じの腫れ。

でも、勇気を出してそっと押してみても、
そこには一瞬遅れて痛みが走るだけで、膿が出てくる様子はありません。

それとももしかしたら、この腫れは膿が出てくるようなものではないのかも?

冷えとりを始めてから、初めての腫れ物なので、
どんな風に受け取ったらいいかよくわかりません。

なので放置

放置しているうちに、腫れはどんどん痛くなり、
ソファにもたれると、まず腫れ物が背もたれにあたる、というほどに。

でも放置

そしてそんなことを続けていたある日、
フト、何の気なしに腫れ物を親指と人差し指でつまんでみたところ・・・

なんの前触れもなく、「プチッ!!」 と、あの嫌~な感触が
そう、膿が出たのです

ひょえ~っ

これまでは出す気満々でつまんでいたのに出ず、
今回は、出す気などこれっぽっちもないのに、なぜか出てしまったという

そういうことで、ティッシュの用意もなく、
背中に手を突っ込んでやったものだから 放出した膿はすべてブラキャミに吸い取られ・・・
うぅぅっ

その後もしばらく落ち着くまではズキンズキンしましたが、
ほどなくして痛みもなくなりました、ホッ。

痛みがなくなったので、そっとその腫れた部分を触ってみたところ、
特に全体が小さくなったという感じはなく、
ただ、これまでより、少しは固い感じがなくなったかな?という程度。

依然、腫れは残ったまま。

というか、膿がたまっていた腫れだったんだ~
知らなかった

これまで冷えとりをする前までは、
膿=黴菌が入って化膿した、という認識しかありませんでしたが、
冷えとりを始めてからの膿って・・・どういう意味でしょうか

何度も書いてきましたが、
この腫れはもう二年近くある、虫刺されのような痒みの跡。

それが長い期間で成長?し、膿が出てくるとは・・・

いずれにせよ、病院に行く予定はないので放置ですが(笑)

ま、「出さない」 よりは 「出た」 方がいいのだから、よしとしましょうか

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク