冷えを感じるのは必ず右足、つるのも右足

以前のブログに、
右足だけ冷えを感じるのはナゼ?
という記事を書きました。

フトした時に足先に意識を集中すると、
足がポカポカしているのがわかります。

冷えとり以前ならありえないことです。

この
「意識を集中すると気づく」
というのが注目すべきところ。

それくらい、足の温かさが日常化しているということだと思います。

逆に、足が冷えている時はすぐにわかります。
こちらは意識しなくても、
「冷えてるよ~」
と、足先からシグナルがあるという感じ。

そしてそのシグナルは必ず右足、なのです・・・

冷えを感じるのは1週間に1度のこともあれば、
2週間に一度のことも。

しょっちゅう感じるわけではありませんが、
たまに感じる冷えだからこそ敏感になります。

冷えを感じた時は靴下を足したり、レッグウォーマーをしたり、
湯たんぽをしたりするとすぐに解消します。

だから冷えを感じても特に慌てることはありません。

以前のブログにも右足だけに冷えを感じることについて、
「コーヒーが原因
と書きました。

が、相変わらずコーヒーをやめていないので、わからないままです

それと少し前から右足がつることがあります。
これは運動不足だ体と思っていたのですが、
「冷えとりを始めてから起きたことは全てめんげん」
という考えでいくと、この「つる」というのもめんげんなのでしょうね。

ちょっと伸びなどをするとすぐに
「アイタタタタ
となってしまうので、右足をかばいつつ伸びをするのも もうすっかり慣れてしまいましたが

一つめんげんが去ったと思うと、また新たなめんげんがやってきて・・・
一体どれだけの毒をため込んできたのでしょう(笑

でもため込んできた年月を考えれば、
この短期間で出してくれるというのはありがたいことかもしれませんね

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク