手の汗、その後

シェアする

以前にも
「手に汗をかく 手掌多汗症」
と書きました。

もちろんこれは、医療機関に行って認定されたわけではありません。
インターネットが今のように普及する以前は、
こういう手汗をかく人が近くにいるわけでもなく、
原因もわからずにただただ、ひたすら濡れた手のひらを隠して生活していました。

大人になってからはそう困ることはありませんが、
学生の頃には何度も何度も辛いなと感じることもありました。

中学生の頃など、運動会等で手をつなぐ場面などもあり、
その度に、
「緊張しちゃて」
を、手に汗をかいている言い訳をしましたっけ^^;

インターネットを使い始めた頃に、検索で手の汗に悩む人が多くいることを知り、
もしかしたら私がこれまで、ネットで一番感激したことって、
手汗のことだったかもしれません(笑)

以前とは違い、今はさほど手の汗に悩むことはなくなったとはいえ、
やはり不便を感じることは多々あります。

学生の頃は、ノートに書いていると、手の汗でノートがグニャグニャになるので、
いらない紙を四つ折りにし、その上に右手が乗るようにしてノートをとっていました。
だから、どのノートにも四つ折りの紙がはさんでありました(笑)

ノートを使わなくなった今はパソコンのキーボートを入力していますが、
その最中に手が濡れてきた時は、シルクの手袋をすかさず装着☆

指先は湿ったままではありますが、
手のひらに浮いている汗を吸い取ってくれるため、比較的快適に入力作業ができるのです。

冷えとりを始めてから、
体の熱のバランスが狂うとさまざまなことが起こる、ということに気づきました。

特に私の場合、昔から体内の温度が上昇した時などに吐き気を催し、
まだ冷えとりをしていない頃から、冷たい廊下などに寝転がり、体を冷やせば吐き気が治まることを経験的に知っていました。

その時にふと、
「もしかしたら、冷えとりを続けて行けば 手の汗も治るかもしれない」
と淡い期待を抱きました。

これはあくまでも、「手汗が体内の温度変化によるもの」 だとしたら、の場合ですね。
ただ私の場合、それだけではなく精神的なものが強く反映されるので、
さすがに無理かなとは思っていましたが。

誰でもそうだと思いますが、
緊張すると手にうっすらと汗をかくという経験はあると思います。

私もそうで、自分の順番が回ってくると思うとドキドキして手に汗をかいてきます。
しかしそれが、「尋常ではない汗」 なのですが^^;

ただやはり、この手の汗は、冷えとりでは治らなそうです。
足の冷えはだいぶ緩和されたし、そのほかにもいろいろ冷えとりによる効果はあったと感じていますが、
多汗症に関してはやはり別物と考えるのが良さそう。

でも諦めたわけではないのです。
直接的に冷えとりと手汗は関係ないとしても、
極度に緊張したり、極度に焦ったりするような部分が、
冷えとりによって自分の中でうまく処理できるような、心の余裕みたいなものが出来るようになれば、
それが間接的には反映されるのではないかなと。

「~健康法をしたら~が治った!」 とか、
「~には~が効く!」
というのはあまり好きではありません。

冷えとりも、それをすれば足が暖かくなる、という部分だけ着目するのではなく、
トータル的に体のバランスを整えていくもの、と捉えています。

そうしていくことで、何年かかってもいいですから、
今よりは少しだけ、手の汗が減ってくれたらうれしいなぁと思うのです。

長い付き合いでしたからね^^
急にお別れするのはさみしいですもの(笑)

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. avatar ピッピ より:

    手汗について

    参考になるかどうか分からないのですが
    書いてみます。
    手汗が治るという話ではないのですが…、

    お医者さんから聞いた話です。

    実は、緊張したときに手、足に汗をかくのは
    人間が進化する前
    サルだった時の名残なのだそうです。

    外敵に襲われたとき
    サルは、木を伝って逃げていたそうですが、
    その折に、手足から汗をかいた方が
    都合が良かったから
    手に汗をかくようになったとか。

    人間社会は、
    近年急激に変化しているにも関わらず、
    人の身体は、
    環境の変化に進化が追い付いていないと聞きました。

    付け足して説明をすると
    緊張したとき手に汗をかくのは、
    自律神経に関わるそうです。

    これから戦うぞ、頑張らなければと思うと
    交感神経が活発になり
    血管が収縮し、集中力が高まり
    身体がたたかう体制に入ります。

    逆に、リラックスしているとき
    副交感神経が活発になり
    血管が開き、身体が休戦状態になり、
    緊張がほぐれ、疲れが取れます。

    ゆえに
    緊張したときが
    交感神経が活発になった時。
    手に汗をかいているとき
    交感神経が過多になって
    緊張状態が続いているので、

    バランスを取るために
    リラクゼーションをされると
    副交感神経が優位になり、
    緊張がほぐれ
    汗の量も軽減するかもと思いました。

    リラクゼーションって
    いろいろあるそうですが、

    ゆっくり深呼吸をする呼吸法や
    身体にギュッと力を入れて抜く筋弛緩法とかあるそうです。

    • avatar haco. より:

      ピッピさん、ありがとうございます^^

      サルの進化の話、興味深く読ませていただきました~^^
      自律神経に関しては、私も関係あるのだろうなぁと思っていました。
      物心ついた時にはすでに手汗があったので、
      遺伝的なものもあるでしょうが(親戚にいるらしい・両親は違う)、
      人一倍気をつかったり、人の顔色を伺うこともあるので、
      そういう関係もあると思います。

      簡単に治るものではないなぁとわかってはいたのですが、
      ピッピさんのコメントを読んでいるうちに、
      なんだか手汗はそんなに悪いものではないのでは?と感じてきました。

      これも個性、と大胆ですが割り切ってしまうことで、
      もしかしたら私の中で変化があるかもしれませんね。
      これまでは隠すことしか考えていなかったので。

      面白いお話をありがとうございました!

  2. avatar じゅんこ より:

    haco.さん こんにちは

    手の汗に悩まれていたのですか・・・。
    それは、とても辛かったですよね。

    実は姉が同じ症状を子供の頃からもっていまして、私としては、ひとごとではないのです。

    ところで、腰痛・肩こり・首の痛みなどは以前ありませんでしたか?
    とても姉が辛がっていた症状(とくに腰)で、よく子供の頃からマッサージしていました。(訂正:させられていましたw)
    姉の場合は偏平足ももっていたので、それが強い腰痛になったかもしれませんが。

    姉のご主人がよく整体に通っていまして、姉も行くようになったら、「手の汗が大分良くなった」と言っていたのです。
    その頃は「良かった」と思い、あまり深く考えませんでしたが
    ”手の汗と腰と整体”は関係あるのかな・・・?とhaco.さんのブログをみて、ふと思い出しました。

    そこでちょろっと調べたのですが
    http://www.itai-koshi.com/answer8.html
    http://www.juzen.net/hyperhidrosis_hand.html
    首の骨(頚椎)のズレが原因のようなのですよね。(もうご存知でしたらスミマセン)

    http://www.kenkounet.org/case3-37.html
    人にもよると思うのですが、どれくらい通えば良いのかの参考になるかと思い、こちらも貼ります。

    それでは失礼します。

    • avatar haco. より:

      じゅんこさん、ありがとうございます。
      そしてビックリでした!
      手汗をそういう方向から考えたことは一度もなかったので^^;

      いやぁ~、これはちょっとよく調べてみないといけませんね!
      腰痛・肩こり・首の痛みは意識したことがありませんが、
      子供の頃から姿勢が悪く、「前腰」というのでしょうか、
      立っている姿勢の時に腰が突き出るような立ち姿になっていました。

      今でもそうなので、気づくと治すようにしているのですが・・・

      そういう姿勢なので、どうしても首も前に突き出るような感じになってしまうので、
      もしかしたらそれが関係しているのでしょうか・・・?

      かなり小さい頃からのことなので、姿勢だけに限らないかもしれませんが、
      道が開けたような気分です。
      じゅんこさん、ありがとうございます~!!

  3. avatar じゅんこ より:

    良かったです^^

    夜寝る前に、「手汗・腰・整体」のワードをふと思い出したのです。
    朝いちで調べよう・・・と思って昨日は寝ました(笑)

    姉に聞いた時は「整体で!?」と半信半疑でした。
    私自身があまり整体にいいイメージをもってなかったのです。
    肩こりで色々通いましたが、どちらかというとマッサージメインで治療ではなかったのです。
    「もう、これ以上通わせないように、治療するのが本来の役目でないの?」
    と、なんだか納得いかなかったのです。
    アドバイスも何も無かったですし、頚椎の説明もありませんでした。
    これでは、町のクイックマッサージと変らないでないのと・・。

    ですが、整体師(カイロプラクティックになるのかな!?←違いがわからんです)の中にはプロ級もいるのだなと今回改めて分かりました。
    そして、今はネットの時代ですので、存分に調べて、超プロを探して下さい(笑)
    本当に、全国のプロ整体師さま、疑ってすみませんでした。

    • avatar haco. より:

      じゅんこさ~ん、「朝いちで調べよう」と思ってくださったなんて・・・
      感動です~(涙

      本当に、整体で汗が治まるなんて、考えたこともありませんでしたから、
      ただただ、驚いています。

      でも昨日から調べまくりです~(笑)
      いくつか行ける範囲のところをピックアップしたので、
      口コミなども調べてみたいと思っています。

      本当にありがとうございます^^