めんげんのひそかな楽しみ(笑

シェアする

こういう楽しみ方ってどうかと思いますが・・・
すねのめんげん、最近はこんな楽しみを見出しています。

昨日のブログで、
「脱衣所で痒くなる時と、半身浴中に痒くなる時がある」
と書きましたが、これは脱衣所で痒くなった時のお楽しみ。

靴下を履いている時に痒くなると、
靴下を下げるのももどかしいほどですが、
お風呂に入るのに脱いでいるわけですから気分がいいです
思う存分、バリバリ。

空気が乾燥してきて、肌も乾燥し、
たまに
「鱗粉が舞う」
こともありますが(笑

でも掻いた後、お湯に浸かれば毒が出る~
などと思いつつ、ひたすら痒みがおさまるまでバリバリ掻きます。

ところどころ血が出たりなんかして(!)、いったん満足。
鱗粉とひっかき傷の血を洗い場で流し、いざ入浴

すると・・・

ビリピリビリ。

今掻いたばかりのすねや甲が、
お湯の暖かさでピリピリ

いつも最後に入るので、一番湯ではないのですが、
まるで一番湯に入ったかのような、あのピリピリ感

要するに足に傷が出来ているから・・・なのですが、
これが・・・気持ちいい~

変な趣味を持っていると誤解されそうですが(もちろん違います^^;)、
まるで膝下だけ炭酸水につかっているような、
痛痒いと気持ちいいの中間というか・・・

これはお湯に足を入れた直後だけで、
すぐに馴染んで普通のお湯に浸かっている感覚に戻るのですが、
結構クセになります(笑

足を入れ、ピリピリしてくると思わず、
「来た来た来た~」
と嬉しくなっちゃう

傷が出来た肌のあとのことを考えると憂鬱になりますが、
冷えとり的に考えれば 「絶賛毒出し中」ということでw

とりあえず、足の痒みで傷が出来ることへの恐怖が減った、
というのがなによりかな??

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク