首元が広く開く服が多くなった春の冷えとりファッション

シェアする

冷えとりの基本的な服の着方として、
「首元を開いている服」
というのがありますが、
冬の間は寒く、いつもタートルをきて首周りを温めていました・・・

でも、もう大丈夫!
多少気温が低くても、下半身をしっかり温めていると寒さを感じませんね。

今日は寒いですが、この日は暖かくて風が心地よかった・・・(*^。^*)

20140429

ブラウス / HEART MARKET
カーゴパンツ / ニッセン・麻混
スニーカー / 25.5センチ

内絹外綿レギンス / 841
冷えとり靴下8枚 / 841

久しぶりに冷えとり靴下を8枚履いてみました♪
やはり履いた瞬間、暖かい~^^

ただ時間が経つと湿ってきて、日によってはその湿りで足が冷えることも。
意外にも、4枚重ねばきだと 湿ってもすぐに乾くのですよね。
ケースバイケースというか、気温や体調に応じて変えてみる必要がありそうです。

20140429_1

首元、開いています。
でも寒くないのは嬉しいですね。
春ですねぇ。

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク