靴下が湿らなくなりました

シェアする

フト気づけば、
毎日毎日取り換えなければならないほど湿っていた靴下でしたが、
いつの日か、以前の洗い替えサイクルに戻っていました

・・・ということは・・・完全復活、ですね

いやぁ・・・、ずいぶんと悶々としましたが、やっとトンネルを抜け出せました。
たくさんの方に優しい言葉をかけていただいたおかげです!
本当にありがとうございました。

愛をいっぱいもらいましたから、今度は私から愛をお返しする番!
といっても、私の経験した情報という形の愛ですが・・・
よろしければこれからも受け取ってくださいね

さて、その靴下ですが、
足の裏に汗を感じても、お風呂から出た後、脱いだ靴下を一枚一枚剥いでみると、
アラ不思議、全然湿ってない

落ち込み絶好調(?)の時は、6枚目まで湿っているほどだったのに・・・

あらためて、精神的なストレスがいかに体に影響するかがわかりますね。

進藤先生や841さんもおっしゃっていますが、
冷えを作るのは、靴下を履かないことでもなく、冷たいものを食べるからでもない、
自分が作っているものなのですね・・・

冷えを治したいと思っているにもかかわらず、
自ら冷えを作っているとは皮肉なものです。

そう考えると、現代社会において「ストレスをなくす」 ということはかなり難しいでしょうね。
変な話、ストレスをなくすためにストレスを感じそう!? です^^;

私が長いトンネルから抜け出せた一番の理由・・・
それは、
「苦しみを手放した」
ということ。

ん? どういうこと?
と思われるでしょうが、うーん、説明しずらいのですが・・・

私は何事においても 「ためこむ」 傾向があります。

大切なもの・手紙・書類といった類の物だけでなく、
感情もため込みます。

特に負の感情に関しては、
聞かされた相手も嫌だろうし、それを言う自分も客観的に見て嫌だし。

それに、たとえ気心の知れた友人に話したとしても、
本当に理解してもらえるかどうかはまた別の話。
楽になるのは、「話せたこと」 だけなんですよね。

だから私は、ついつい内側にため込みがち。

できることなら、庭に穴を掘って叫びたいです。
「王様の耳はロバの耳ぃ~!!!」
と(笑

もちろんそんなことはできないので、内側に溜まってたまって・・・
一旦は治まったかのように見えても、底にたまったオリが舞い上がり、
感情を揺さぶられることもよくあります。

一番の解決策は、「時間の経過」 なのですが、
この「オリ」 がかなりの曲者で、長い間これに悩まされ、完全になくなるまでかなりの時間を要するのです。

でも今回、フト、
「ため込むからまた再度登場されるのであって、捨ててしまえば再登場はない」
と気づいたのです。

まぁ、どちらも大差はないといえばないのですが^^;
でも、気持ち的に大分違うかと。

オリはあれば定期的に舞い上がるけど、
捨ててしまえば舞い上がることもありません。

要するに私の場合、
「固執をするな」
という事だと思うのです。

物を大事にするあまり、負の感情すらも大事にとっておいたのが、長引く原因かと。

だからこの際、嫌なことは忘れるのでもしまい込むのでもなく、手放そうと決めました。
何も考えず、オリが舞い上がってきたら切り捨てる

「何でこんなことになったのか」
「どうして私だけこんな目に」
な~んて、何で・どうしてはもう一切考えない!!

たったこれだけで、ずいぶん楽になれました。
結果、かなりひどいダメージを受けたにも関わらず、いつもよりも早い復活となったのです。

どこにでも、何にでも、学びはあるのだな~と思いました。
乗り越えられるからこそ、与えられる試練、とでもいうのでしょうか。

めんげんと同じですねw

嫌だ・辛いと嘆かずに、それをどう受け止めるか、
きっとテストされているのですね。

そして今回もらったテスト、「合格」っていう結果でいいのかなw
うん、成長できたからきっと合格ですよね。

これからも起こるであろうめんげんも、この調子で合格点をもらっていきたいです

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. avatar 更紗 より:

    初めまして!
    昨年10月に引越しをしたらとても寒い家でした(笑)

    この引越しを気に冷え取りをはじめました。
    と、言ってもまったくの初心者ですので
    こちらのブログを参考に重ね履きと半身浴だけでからのスタートですが
    (二週間に1度の『ロリング治療』を夏頃から受けてました)
    10日ほどで肩に「めんげん」ができました。
    身体中の色々なところが痛みを感じていましたが少し楽になったように思います。

    今日コメントを入れさせて頂いたのは
    『切り捨てる!!』
    と言う言葉に共感したからです。

    色々とストレスが多く心身共にボロボロでしたが
    最近は「我慢せず自分を大切にする!」生活を始めたら
    私にも『切り捨てる』というワードが必要だと悟りました。
    環境上簡単には『切り捨てる』事は困難ですが
    『切り捨てる』生活を実践していきたいと思います。
    ありがとうございました。

    これからもブログの方にも遊びに来させて頂きます。

     >>>>>長いトンネルから抜け出せたて良かったですね。
    私もいつか長いトンネルから抜け出せるよう生きて行きたいと思います。

    かなり重くなったコメントになりスミマセン。

    • avatar haco. より:

      更紗さん、コメントをありがとうございます^^

      冷えとりを始めてめんげんが出ていらっしゃるのですね。
      「痛み」としてとらえると辛い事ではありますが、
      「めんげん」や「毒だし」と捉えると、
      「もっと出ろ~」
      と思えるから不思議ですね。

      切り捨てる、と簡単に書いてしまってすいません。
      でも、切り捨てることが簡単ではないことを人一倍私は知っていると思います。

      もう昔の事ですが、きれいさっぱり、それこそ人に笑って話せるようになるまで、
      20年かかったことだってあるんです(苦笑
      だから、「切り捨てればいいのよ、忘れればいいの」なんて簡単に言われると、
      実はちょっとムッとしてたのです^^;

      だから更紗さん、決して無理して切り捨てなくてもいいと思います。
      必ず無理なく捨てられる時が来ますから・・・
      そしていつの間にか、気づいたらトンネルがはるか後ろにあった・・・
      そうなることを祈っていますw

  2. avatar 更紗 より:

    こんばんは♪
    やっぱり『切り捨てる」のはむづかしいですね?

    色々問題が出てきます。
    私だから問題が大きく感じるのでしょうか?

    とりあえず自分の身体を大切に生活していこうと思います。

    ありがとうございました。

    • avatar haco. より:

      更紗さん、そうですね。
      多分、「切り捨てる」だけだと難しいかも?です。

      一旦受け入れる・とりあえず飲み込む・理解する・・・
      などの作業後に、「手放す」という段階を踏むといいかもしれませんね。

      とはいえ、その最初の段階の「受けいれる」等が苦しいですね。
      望んでいない結果だったりするわけですから、それを飲みこむのはキツイです^^;

      更紗さんだから問題が大きく感じるのではないですから安心してください。
      私はかなりの経験をしてきたと自負していますが・・・
      未だにいろいろな出来事を前にオタオタして取り乱していますから・・・

      最近、「自分を好きになる」訓練をしています(笑
      その中には 「自分を受け入れる」という作業もあります。

      今までずっと自分を否定したり卑下することは得意だったのですが、
      自分を受け入れることはどうも苦手で、四苦八苦しています^^;

      でも、一生「自分」なわけですからね、自分を好きであげないとかわいそうですから・・・
      頑張っているところです!