冷えとり用スリッパを履かない生活にシフト

にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

冷えとりを始め靴下の重ね履きをするようになってから、何度かスリッパを買い替えてきました。
関連記事 靴下の重ね履きでも余裕!冷えとりを始めてからスリッパを買い換えました

関連記事 室内用スリッパを買い替え

関連記事 スリッパの衣替え サイズも素材も夏仕様に変更

靴下の重ね履きをした足に合うようなスリッパをこれまでいろいろ履いてきましたが、中でもやはり値段と質で優秀なのはユニクロでした。以来、スリッパの買い替えはいつもユニクロ!

しかしここにきてある変化が起きてきました。スリッパを履かない生活にシフトしてきたのです。

スポンサーリンク

マメに床を掃除すればスリッパなしでもOK

冷えとりを始める前から家の中ではスリッパを履く生活でした。これは実家にいる時から。フローリングの床が足に冷たく感じるためでした。

その習慣は今でもずっと続いていて、冷えとりを始めて靴下の重ね履きで足がパンパンになっても履けるスリッパを探しました。

その結果、サイズが豊富で履きごことも良いユニクロのルームシューズにたどり着いたわけですが、一つだけ問題がありました。

それはスリッパが大き過ぎてつまづいたり転びそうになること。

靴下の重ね履きのため、ユニクロルームシューズのLサイズを履いていますが、もともとの私の足のサイズは23.5センチ。普通ならLサイズは大き過ぎます。

しかし、内絹外ウール靴下サーモヘアソックス毛布ソックスを重ね履きした足は25センチ近くにも大きくなっているためLサイズのスリッパを履くことにより、実際の足が床を踏む感覚が薄れてきます。

それにより思わぬ事故につながりそうになったことも何度か(>_<)
関連記事 大きいスリッパに要注意!

関連記事 冷えとりスリッパは危険!?あわや骨折危機

今思い出しても恐ろしいです。

そんなことを繰り返していたからか、最近はカーペットの横で脱いだスリッパを、履かずにキッチンに移動したりすることが増えてきました。

そもそも家の中でスリッパを履く理由としては、床の汚れが足裏につくのを防いだり、足が冷えることを防いでくれる効果があるからだと思います。

では床の汚れが足裏につかないようにするにはどうしたらいいか?




それは掃除をする他にありません。掃除機やモップで埃を取り除き、水拭きできれいに磨いておく。そうすれば足の裏に極力汚れが付かないようにすることも可能では!?

私が靴下の重ね履きの一番外側に履いている毛布ソックスですが、これだけは毎日洗って新しいものに変えています。

スリッパを履かずにつく汚れはこの毛布ソックスだけなのだから、基本的に床をきれいに磨き上げていれば、足裏につく汚れは最小限に抑えられます。

そしてついた汚れは一日の終わりに洗うのだから、これをスリッパ代わりと考えてみるのはどうだろう!?

そう思い付いてまず始めたのは床磨きの徹底。毎日掃除をしていたとはいえ、最初のうちは水拭きをしてもしても汚れがついてきてビックリしました。

それも今はすっかりなくなり、日々の汚れをリセットする程度になったのでOK。早速「スリッパなし生活」を始めてみました。

すると思っていた以上に快適!スリッパを脱ぎ履きすることって、結構な手間だったのだなとわかりました。

ましてや私の場合、スリッパを脱ぐのも履くのも靴下の重ね履きでスルリとはいかないので、早く用事をしたい時などは気持ちだけが先走りすることもありました。(そしてこういう時に転んだりする)。

それがない生活というのはなんてストレスレスなのでしょう!毎日の床掃除は少々大変ではありますが、それ以上にストレスフリーで快適です。

また、足裏が極力汚れないように掃除をすることも楽しくなり、家の中もだんだんきれいになってきて大満足♪

スリッパを履かない生活をしてみたことで、これまで行き届かなかった場所まで掃除をするようになりました。

ただし期間限定(?)冬は寒さからスリッパを履くかも

このようにスリッパレス生活を楽しんでいるわけですが、この状態がいつまで続けられるかはわかりません。

今は気温も高くスリッパなしでも足は床の冷たさを感知していませんが、これが冬になったら・・・やっぱりスリッパが恋しくなるかもしれません。

それはその季節になったら考えよう。あまり先のことを考えすぎて行動を起こせなくなってしまうので、今はスリッパなし生活を楽しもうと思います(^-^)

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク