深呼吸の大切さを知りました

シェアする

先日、ヨガの話題に触れて以来、 ヨガがやりたくてやりたくて、ウズウズしていました。
確か家にヨガのDVDがあったはず・・・
本についていたDVDなのですが、悲しい事に本は見つからず。
でもDVDだけは無事に見つかりました。

家にあったDVDは2枚。

気分は綿本先生♪だったので、早速綿本先生のDVDを再生。
この本はずいぶん昔に買ったもので、発売は2005年でした^^;

最近のものを買い直そうとも思ったのですが、このDVDのレビューがよく、とくに
「呼吸法が詳しく載っているのがいい」
というコメントもあったので、これで様子をみてみることに。

私の希望としては、とにかく体が硬いので、それを克服しようと無理せずに、
気持ちよく体が伸びる、ストレッチのような感覚でヨガをできること、
そして、ヨガをしてる間、瞑想のようなことができればいいな~と思っていました。

で、実際にDVDを見終わって、
「はぁ~」
とため息をついてしまいました(苦笑

なんというか、荷が重すぎる(笑

ま、すべてをDVDの通りにやろうなんて最初から思っていないので気持ちを切り替え、
出来るポーズを出来る範囲で、すべてを通してやろうと思うから荷が重くなるので、
1つのポーズだけでも(たとえば 寝る前に「英雄のポーズ」をしてみるとか)やってみようかなと。

ただ、DVDを見て知ったのですが、 ヨガって呼吸が大事なのですね^^;

というか、以前はこのDVDを見ながら結構続けてやっていたのですが、
その時は、いかに体を柔らかくするか、いかに綿本先生のようなきれいなポーズがとれるかと、
そんなことばかり考えて、呼吸の事などこれっぽっちも考えたことがありませんでした。

レビューにあった 「呼吸が詳しく載っている」というのを意識しながら見ていると、
確かに綿本先生がポーズに合わせて
「ここで大きく息を吸って・・・・そして吐いて。 また息を吸って・・・」
と、常に呼吸を意識して教えてくださっているのがわかります。

それほど、呼吸が大切、ということだったのですね。

その後、ヨガのポーズをとることはないのですが、
気付いた時に、 大きく深呼吸をすること を心がけています。

特に緊張していたりストレスを感じている時に深呼吸をするのではなく、
本当に、気づいた時・思い出した時にやっています。

すると、本当に面白いのですが、酸素が体の隅々に行きわたり、足先がぐわ~っと血が巡るのがわかります。
そして一呼吸おくと、ほわっと足が温かくなる。
それに気づいた時、ビックリしたと同時に
「呼吸って、こんなにすごいんだ」
と驚かされました。

それから、DVDの中で綿本先生が何度もおっしゃるのが
「肩の力を抜いて。 肩があがってしまっているのを下して」
ということ。

これ・・・実は私も数年前から気になっていたことなのです。
数年前というか、具体的には5年前から。
ちょうどその頃、子供の進路のことでかなりのストレスを抱えていた時期。
そしてその経済的なストレスは、今でも常にのしかかっています。

そのうち整体か何かに行って、この肩の緊張を取らなければ・・・・と思いながらも、
なかなかそんな機会はなく過ごしてきました。

その頃からの写真を見ると、自分の肩が笑えるほど上がっています。
首が埋まっているほど^^;

それをこんなところで、しかも自分で治せるというのが意外でした。
そしてずっと気になっていたことだったので本当に嬉しかった。

私は大小さまざまなストレスや緊張に囲まれて、気づくと呼吸が浅くなっています。
浅くなるどころか、私には緊張で息を止めるクセがあります

それでは緊張が解けるわけがありませんね^^;

思いがけない事で、思ってもいなかったことが解決していき、そして繋がっていきます。
冷えとりを始めて以来、意外なところで 長年の悩みが解消し、呼吸の大切さに気付かされました。

「〇〇を始めると人生が変わる」とよく言われますよね。
〇〇に入る部分はなんでもいいんです。
ヨガであったり、冷えとりであったり、マクロビオティックであったり。

それが 「〇〇を始めた」=「人生が変わった」と、途中を省略されがちなので突飛もない話に聞こえてしまうわけですが、
冷えとりを始めた、自分の体に興味を持つようになった、体の声を聞きたくてヨガを始めた・・・
と、いろんな段階を踏んで行った上で、最終的に
「だからこんなに私の人生は変わった!」
ということなのでしょうね、きっと。

私は冷えとりを始めてから、興味があったもの、興味が全くなかったものと、世界がどんどん広がってきました。
そしてたくさんの気づきがありました。
きっとこれからもたくさんの繋がりがあるでしょう。

だからあえて、
「冷えとりを始めてから人生が変わった」
と言いたいです

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. avatar しょうこ より:

    おはようございます。

    綿本先生のDVDと緊張で呼吸を止めてしまうというフレーズにびびっときて、書き込みをしています。

    私も綿本先生のDVDを持っています!!
    そして、今はしていません(笑)
    したらいいんですけどね。ヨガをするときには靴下を脱がなくてはいけないというのがなんというか、めんどくさくて・・・
    寒いですし・・・

    そして、私もすぐに呼吸を止めてしまうんです。
    で、意識的にしようとしても逆に苦しくなってしまって。
    なかなか、大事に呼吸をする、と言うのは難しいなぁと思っている最中です・・・

    • avatar haco. より:

      しょうこさん、おはようございます^^

      私も綿本先生のDVD、何年「寝かせた」ことでしょう(笑
      無事に再生できてホッとしました。
      そして綿本先生の優しい声に癒されています(*^.^*)

      >ヨガをするときには靴下を脱がなくてはいけないというのがなんというか、めんどくさくて

      わかりますっ!!
      というかきっと、冷えとりをしていてヨガをやっている人、皆さん 「うんうん!」とうなづいているのでは?

      私は30分通してやることはなく、1ポーズをやる程度のなんちゃってヨガなので、
      靴下は履いたままやってます^^;
      気付いた時にちょっとやるくらい。
      あの重ね履きの靴下を脱いで、また履いて・・・と思うと、それだけでヨガから遠ざかりそうなので(笑

      そしてやっぱり苦しいと呼吸を止めちゃいますね。
      いつも 「呼吸!呼吸!!」と意識するようにしています^^