冷えとり靴下の洗濯、最近はこんな感じです

冷えとり靴下の素材は絹やウール。
当然のことながら、通常の洗剤では洗濯できません。

まだ冷えとりを始めたばかりの頃、
うっかり他の洗濯物と一緒に洗ってしまったことがあり、
そのたびにかな~りショックを受けていました。

悔やんだところでもうすでに洗ってしまっているので諦めもつきましたが、
うっかりやってしまうたび、
「あ゛あ゛あ゛あ゛~!!!!!」
と大きな声をあげてしまったものでした。

はい、何度も何度も、懲りずにやってしまってました。

夏ごろからは、
粉洗剤の 「しゃぼんだま石けん」 で洗っていました。

夏なので水温も高く、洗剤を溶かすのが簡単だったのと、
わしゃわしゃと泡立てて洗濯するのは、やはりとっても気持ちよかったから。

ただ、粉石けんの泡はしっかり泡立てても、
水流を弱めればすぐに消えてしまいます。

ネットに入れているとはいえ、
やはり手洗い水流モードのような優しい洗い方ではなく、
ガシガシとかき回されるカワイコちゃんたち(靴下)を見ていると・・・

ちょっとだけ胸が痛んだものでした^^;

そしてここのところの気温の低下に伴い、
靴下用の洗剤も衣替え。

・・・といっても、市販のおしゃれ洗い洗剤なのですが。

液体はやはり便利ですね~w
洗剤はさっと溶けるし、水流は手洗いモードで済むし。

ただ何度も書いていますが、
いつかはやはり、環境に優しい洗剤にかえないといけないな、と。

以前、たくさんのエコ洗剤を教えていただき、
使ってみたい洗剤がいくつかあるのですが、
いかんせん、それだけのために送料がかかるのがどうも・・・・

何か頼む時に一緒に・・・と思っているうちに、
結局ずるずるとここまできてしまいました。

本当は洗剤に悩まされることなく、
重曹やクエン酸、アルカリウォッシュなどを使って洗えるなら一番いいのですが、
タンパク繊維なので、アルカリウォッシュ単体では洗えないようなので・・・

そして当然のことながらエコ石けんはお高い。

冷えとり靴下生活を続けていくのには、
このあたりの不安の解消も必須と言えそうです。

とりあえず、不本意ながらも界面活性剤入りのオシャレ着洗い洗剤を使い、
いい洗剤(地球に優しく、買うのが簡単で使い続けられる値段のもの)に出会えるまで
焦らずに待ちたいと思います。

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク