背中の汗

この夏、とにかく大量の汗をかいています。
もともと汗はあまりかかない方でしたが、近年の暑さのせいか、夏はそこそこの汗をかいてきました。

冷えとりを始めて最初の夏だった昨年、
汗もかいたけれど、その汗が 「悪さをする」 ことはありませんでした。

ところが冷えとり2度目の今年(2013年)の夏、
大量の汗に苦しめられています。

それは、痒み。

私の場合、最初のめんげんが 「足の痒み」だったのですが、
この汗も痒みに変わりました。

頭皮からも汗をかいてタラタラ垂れるのですが、
一番不快なのは背中の汗。

家ではいつもブラキャミ一枚で過ごしているのですが、
そのブラの上の部分、肩からブラの部分にびっしょりと汗をかくのです。

これが ブラ付きタンクトップだとまだ汗を吸い取る布の部分があるのですが、
キャミソールタイプだと汗は吸いとる生地もなく噴き出し続けるだけ。

拭いても拭いても噴き出すので、しまいには背中に薄手のタオルを一枚はさみこんで過ごすように。

あまりの大量の汗に、またしても
「これって更年期障害のホットフラッシュ・・・?」
と疑ったことも。

・・・というか、未だに謎ですが。

ホットフラッシュというとイメージ的に、
なんの前触れもなくぶわっと汗が噴き出す・・・という感じがあります。

私の場合、もっとも汗をかくのは 朝起床してから家事が終わるまでの2時間。
ひと段落つくと、スーッと嘘のように汗が引いて行くのです。

ついで多いのが日中の暑い時間帯。
これは仕方がないでしょう。

ただ、その汗のかき方が今までに比べてはるかに多いわけです。
先日もそのことで、初めての経験をしました。

子供が映画を見たいというので、ショッピングモールに併設された映画館に連れて行ったのですが、
私はあまり興味がない映画だったので、あとで待ち合わせることに。

その間、久しぶりに一人でウィンドウショッピングをしていたのですが、
暑くて考えることは皆同じなのか、人の多さでクーラーもあまり効いていないほど。

暑いな~と思いながら雑誌を見ていると、背中に感じた汗。
この汗、吸いとるものは着ている服しかない!!

自分の背中が、汗でびっしょり濡れて黒ずむ姿を想像したら、
もういてもたってもいられなくなり、いったん家に戻ったほど。

先ほども書いた通り、もともとあまり汗をかく体質ではなかったので、
背中が汗で濡れるなどという経験をしたことがなかったのです。

よく、汗で悩む方が多いという話を聞いたことがあるし、
その汗を止めるためのノウハウなどもみかけたことがありましたが、
全て他人事として見聞きしてきました。

それが今、自分に起こっているとは・・・

少々、いや、かなりショックな出来事でした。
そして気持ちは
「やっぱりホットフラッシュかなぁ・・・」
とどんどんネガティブな方向へ。

そんな時に、コメントで昨年の夏に同じような経験をなさったという体験談をいただき、
救われるような思いでした。

一番気が楽になったのは、
「冷えとりを始めて同じような経験をされた方がいる」
ということ。

冷えとりをしていると、めんげんが悪い病気かもと心配になったり、
こんな症状、私だけかもと不安になる事が多いのですが、
実際に同じような症状が出たという話を伺えると本当に心強い

これでとても気持ちが楽になりました。
(じゅんこさん、ありがとうございます!!)

そして、同じように私が体験してきた症状で救われる方がいるなら、
どんな経験も無駄ではないのだなぁと実感しました。

なんだかいつもこの部分でグルグルと巡っている気がしますが・・・

先駆者の言葉は、行く先の暗闇にいつも光を与えてくれますね。
そんな光に、私も少しでもお役に立てるよう、経験談を書き続けて行ければと思っています。

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. avatar M より:

    背中の汗、わかります!

    私は昨年の6~8月(冷え取りを始めて2度目の夏)、背中にびっしりとあせもができました。大人になってこんなにあせもが…なんて。
    しかもかゆくてかゆくて。あせもが出来るほどの汗って…さすがに更年期かと思いました。

    かいてかさぶたになったところが、ただ動くだけで、ピキッと割れるというか、それがとにかく痛くて。でも、血は出なくて肌は少し黒くざらざらとしていました。

    夏の終わりとともにいつの間にか治り、そして今年の夏。猛暑にもかかわらず、汗は出るけど、あせもは全くできていません。あせもと思っていたのは私だけで、あせもなんだけど、あせもじゃない、肺の毒だしは背中にでる、と知ったのはつい最近です。

    毒だしだったのかなあ。

    今年は寝汗がすごいです。
    クーラーを入れて、湯たんぽを入れてますが、汗びっしょり!
    毒よ、出ていけ~~って感じです。

    • avatar haco. より:

      Mさん、あせもはさぞかし大変だったことと思います。
      更年期って、思っちゃいますよね^^;
      その境目がわからないから慌てちゃいます・・・

      昨年できて、今年(しかもこの猛暑)はできない、
      ということはやはりめんげんですよね~
      いや~、わかりやすいというか、やっぱり冷えとりってすごいですね!

      ということは来年は寝汗がなくなる?
      私の背中の汗も来年はなくなるかな?

      それを楽しみにしたいと思います。
      Mさん、ありがとうございますw

  2. avatar じゅんこ より:

    こんにちは
    ブログを読ませていただいて、びっくりいたしました。

    実は、私も、これって噂に聞くホットフラッシュではないのって、去年焦っていたんですよ~~!!!
    去年は、「ホットフラッシュ」で検索しまくり(笑)でした。

    汗をそんなにかくことなかったので、上半身汗だく体験が人生初
    びっくりを通り越して、恐れおののいていました。
    背中は大量の汗とほてり、胸の上&胸の下(みぞおち、お腹)とこれまた大量の汗。
    びっしり水滴にびびりまくり「何、これ?」状態でした。

    ちょっと動くだけで大量の汗が出て、そのたびに痒いものですから、
    掃除して休んで、掃除して休んで・・・その繰り返しで。
    あと寝起きの汗と痒み、ほてりも大変でした。

    ブラジャーも出来ず(痒くてホックを止められない)、初めてパット付きのタンクトップ買いました。
    んが、今年はブラジャー大丈夫です。お掃除も楽々です。

    去年検索していた時にみつけたサイトなんですが
    http://www005.upp.so-net.ne.jp/nakagawa/
    「大量の汗かきが治りました」という箇所に、ウチモモを揉むように書いてありました。
    去年、それを信じて、お風呂で揉んでいたのですが、
    秋が来て、汗が気にならなくなり、正直、今日までこの事(ウチモモ)を忘れていました(笑)
    下半身と汗ってやはり関係あるのかなって改めて思いました。

    私は恥ずかしながら
    めんげんが出ると、いつも「一生続くかもしれない!」って、大騒ぎしてしまうんですが
    冷えとりを続けるうちに、”毒が出切れば終わる”って、最近何となく分かってきました。

    でも、新たなめんげんが出ると、また騒いでしまうんですが(爆)
    冷えとりは、恐れとの戦いなのでしょうか。恐れを手放せる人になりたいです。

    • avatar haco. より:

      じゅんこさん、心強い経験談をありがとうございます~!!

      私も検索しましたよ、ホットフラッシュ^^;
      CMで原日出子さんをお見かけするたびに
      「やっぱり更年期かなぁ・・・」
      と落ち込んだし。

      私もじゅんこさんと同じで、人生でこれまでこんな汗をかいたことがなかったので、
      最初こそ
      「発汗が良くなった♪」
      と喜んでいましたが、すぐに不安になりました。
      不安になるほどの量だったので・・・

      内ももを揉むって・・・初めて聞きました!
      そして教えていただいたサイト、とっても興味深いです^^
      揉むところ、あっちこっちあるなぁ(笑

      一生このめんげんが続くかもしれない、
      私もそう思います。
      一生続くことも考えるけど、今の状態がもっと最悪になった時の事を一瞬にして想像してしまい、
      とても恐ろしくなります・・・

      めんげんが出るたびに大騒ぎしてしまうのも同じです。
      それはブログでもわかると思いますが^^;

      なかなか恐れは手放せませんね。
      心配という名の恐れ。一番厄介かも。

      それを手放すため、せっせと冷えとりに励んでいるのかもしれませんね。

      じゅんこさん、ありがとうございますw