背中のめんげん、その後

先日の背中のめんげん ですが、
成長?を続けております

前回、写真を載せるのを忘れていました
不快に思われる方もいるかもしれないので小さく載せてみます。

senaka

今思えば可愛いもんでした・・・(えぇーっ!?)
今は不気味に成長し、思わず 「うわっ!!」と言ってしまったほど

こちらはあまりにも・・・なので写真なし。
というか、写真も撮ってないです

前回は、子供に
「撮って~」
と気軽に頼めるレベルでしたが、今やそんなことを頼んだら、
きっとドン引きされるかと思われ

その一番の原因が、色。

先日撮った写真では、蚊に刺されたような赤みでした。
が、
昨日お風呂に入ろうとして、偶然洗面台の鏡に映った自分の背中を見て、
紫色に変化したできものにビックリ

なにこれ、気持ち悪い~

しかもサイズも成長を続けていて、今や以前の倍はあろうかと。
赤ちゃんの手ぐらいあるんじゃないかなぁ

むむぅ・・・ (´-ω-`)

ただ良いこともあって、
これまでは背中が背もたれ等に触れると 「痛っ!」 となっていたのが、
痛みが和らいできてのですよね。

一点集中だったのが、分散された、という感じ?

そして懲りずに、やんわりと押して膿を出そうと試みていますが、
やはり膿ではない感じ。
出る雰囲気ではありません。

一年以上も、痒みのできものとして存在してきましたが、
それが今では ちょっと気になる存在になっています。

でもこれって、痒みのできものの時から 何かの毒だしだったわけで、
その毒だしが進んだのか、奥の方から出るようになったのか、
どういう理由はわかりませんが、きっと私の体にとって、
「ここから出す」
ということなのかなぁと。

だからきっと、悪いことではない、と信じることにしました。
そして、毒だしめんげんだと思うのなら、レッツ促進(笑

修復不可能になった絹の靴下をひっぱり出してきて、
背中のめんげんの部分に充てております

ちょうどブラキャミがあるところなので、うまく抑えになってくれて
ずれずに毒だし作業をしてくれています。

さぁ、今後どうなるのか?
レポート第三弾をお待ちください

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク