背中の虫刺されのような跡、再び

夏の頃に、背中を虫に刺されたような跡がずっと痒かったということがありました。

肩甲骨のあたりに1個、
腰のラインに1~2個。

ずっと蚊に刺されたのだとばかり思っていましたが、
フト気づけば2ヶ月ほど痒みが続いていて、
その時にやっと、
「これもめんげんでは?」
と気づいたのですが・・・

その後、いつの日にやら痒みはなくなり、
背中なので見えませんが、きっときれいに治ったのだと思います。

がしかし
またまたやってきました、虫刺され(?)

今度も肩甲骨のあたりにポチリ。
しかも、前回と同じ右胸の後ろあたり・・・

まぁ、これで完全に
「虫刺されではない」
と証明されましたが。

二度とも同じ場所にできるということは、
これもきっとどこか同じ場所からの毒だしになるのでしょうねぇ

なんだろう・・・
思い当たることは・・・

食べ過ぎ (こればっか)

私は以前841さんがおっしゃっていたように、
「靴下のどこに穴が開いたからどこそこが悪いということを、だんだん考えなくなる」
という言葉通り、めんげんが出た部位の意味を考えることはあまりありません。

ただ、同じ場所に、時間をおいてまた出たということは、
「養生しろよ~」
という体からのメッセージとして受け取らないとバチが当たるかも

いやいや、バチというのはあれですが、
原因を探らないと、毒を出しきれなくなった時が怖いですよね

そう考えると冷えとりのめんげんってありがたいですね~・・・
原因究明を急ぎます・・・

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. avatar たじっこ より:

    わたしは食べ過ぎると、すぐに口内炎できますー。
    物理的に痛くて食べられなくしてくれてるんですね。私の体、ありがたやー(笑)

    食べ過ぎが収まらなくて、ちっともちゃんと冷えとりできませんわ。

    皮膚のかゆみってどこか気になりますよね~。
    わたしは、右手の手のひらが真ん中から順番に外側へかゆみと湿疹が移動して行って
    3カ月くらい経って、やっと治りました。

    なんだったんでしょうかー。って思いますが
    やっぱり毒だしなんでしょうね~!

    • avatar haco. より:

      たじっこさん

      そう、口内炎って、痛くて食べられないようにしてるのですよね。
      それでも痛みをこらえて食べる私って・・・
      やっぱり冷えとりの最大の敵は食べ過ぎですよね~^^;

      その「めんげんの移動」、おもしろいですね~!
      でもまさにめんげんでしょうね、それw

      めんげんって、「私もそのめんげん出た~」というのも多いけれど、
      オンリーワンなめんげんも多いですよね。
      それを聞くのも楽しい(?)です^^