生理と鉄分不足の関係

シェアする

先日のブログに、
生理が一ヵ月なかった
と書きましたが、実はちょっとした出来事がありました。

生理がこなかった心中は先日書いた通り。
来ないのならもう仕方ないし、来てくださるのならウェルカム。
そんな気持ちで過ごしていました。

それとは別に、このブログでも何度か書いていますが、
この夏はむずむず脚症候群の症状が出て困っていました。

何度か鉄分入りの飲料なども飲みましたが、特にこれといって症状が激変するわけでもなく、
「飲んだ時はちょっとだけ症状が軽くなった気がする」
という程度のものでした。

だからサプリメントなどで鉄分を補給することはすっかり諦めていたし、
秋になって涼しくなったら、少しウォーキングをして、運動する方向を模索してみよう、
と思っていました。

9月に入り、暑い・涼しいを繰り返し、いつしか過ごしやすい季節に。
汗も夏に比べかく量はぐんと減りました。

その頃からむずむず脚の症状もずいぶんと緩和され、
やはり原因は夏場の大量の汗によるものか・・・?と考えていました。

そんな時にテレビCMで見かけた、「カゴメラブレ鉄分」。

松田龍平さんのコミカルな演技が笑えます

それだけでなく、「一日分の鉄分」という、
まさに私が求めていたキャッチコピーにもう飛びつきました。

カゴメラブレを寝る前に飲み、次の日の朝。
ナント、その時に一ヵ月なかった生理が始まったのです。

これは・・・鉄分不足だったから?
鉄分が不足していたからむずむず脚症候群になったし、生理も来なかったの?

うーん、それはまた違うと思いますが・・・
単なる偶然というか。

ただこんな一節を見つけました。

・・・中略・・・ また鉄不足がひどいと、これ以上生理で出血させて鉄を失いたくないという人間の防衛反応から月経が停止してしまう場合もあります。 このように鉄不足が月経不順の一因である場合は、鉄を補給することでまた生理が再開します

まさにそれ、ですね
鉄分を補給した途端、生理が再開したのは事実です。

それにしてもこれまでこんなことは一度もありませんでした。
どんなに汗をかいても鉄分やカリウム不足になったことはないし、
生理が来なかったことはありませんでした。

やはり、加齢によるさまざまな変化、ということになるのでしょうか・・・

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク