破れた靴下の再利用法

破れた靴下の再利用法

冷えとり歴が長くなると、それなりに破れた靴下がたまってくると思います。

「それなりに」 というのは、
冷えとりを続けていくと、最初はポコポコ靴下に穴が開いても、
ある時期からそれが落ち着いてくる・・・と聞いたから。

実際、私も
靴下の破れが頻繁過ぎて、冷えとりを挫折しそう
と泣き言を言っていた時期もありました。

ところが今ではほとんど穴が開かなくなり。
まさに 「ある時期を超えた」 のかもしれませんね。

以前、
冷えとり 靴下 の 穴を あて布で補修
する方法を紹介しましたが、
今回ご紹介するのは、再利用というよりは 「第二の人生」 ? 的な使い方

暑くて暑くてたまらん時、
よくハンカチやタオルに保衛剤を包んで首元を冷やしたり、
リンパの部分にあてたりして涼んでいました。

そのハンカチやタオルを、穴の開いた靴下で再利用w

靴下に保冷剤を押し込めば、あっという間に完成!

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. avatar リリィ より:

    ぉぉ!
    なんてリアルタイムな…
    実は、やぶれかぶれな靴下たちの修繕作業を
    目の前に、ちょっと途方に暮れ気味です。。

    保冷剤はほとんど使うことないので、
    やはりここはガンバッテ、
    つまみか当て布補修でできればなぁと
    思ってマス。

    • avatar haco. より:

      ふふふっ・・・
      途方にくれますよねぇ、大量の修繕作業・・・

      昨年はタオルをいくつかミシンで区切り、
      そこに保冷剤を入れて首に巻いていたのですが、
      今年は絹でお肌ツルツルになりそうです(無駄に・・・)