温活は冷え取るだけでなく若返り効果も絶大?

シェアする


女優の夏樹陽子さん。最近では、NHK連続テレビ小説「マッサン」の中で、相武紗季さんのお母さん役として活躍されていますね。
夏樹陽子さんと言えば、私も子供の頃からテレビや映画でお見かけしているような気がしますが、今もお変わりなく美しいままですよね。

そんな夏樹さんの年齢をつい先日知って驚いてしまいました。ナント、1952年生まれの62歳!!

スポンサーリンク

年齢を重ねても美しい人は、普段から冷たいものを取らないように気を付けている?

Hot water
Hot water / kevin dooley

少し前に夏樹陽子さんがテレビに出演されていて、最近の生活の様子をお話ししていらっしゃいました。
なんでも今は、女優業の傍らでジュエリーデザイナーもされていて、忙しく全国と飛び回っていらっしゃるのだとか。

取材の待ち合わせにはフェラーリで登場するなど、とにかく62歳という年齢がにわかには信じがたいほどいきいきしてらっしゃって、
「私もこんな風に年齢を重ねたいなぁ・・・」
とうっとりしながら見ていたほどです(フェラーリではなく、生き生きしているというところが、ですw)

その時だったか忘れてしまいましたが、普段から美を保つために、ストレッチを継続して続けているともおっしゃっていました。

私もこの本を実際に見てきましたが、どれも簡単なストレッチでハードルは高くなさそうな感じ。
ただ!それを「やるか・やらないか」のれべるではなく、「続けられるのか」というところですよ、大きな違いは。

年齢を経ても美しい方々というのは、特別なことをしているわけでもなく、規則正しい生活・規則正しい食事・適度な運動を、コツコツと続けれいる方なのだということが最近になって実感していることです。

ダイエットも、お肉も魚もご飯も食べるのは一見ダイエットには向かないような気もしますが、結局は「バランスよく食べる」ということが一番大事なのですよね。

夏樹陽子さんも、簡単なストレッチではありますが、それを長年・コツコツと続けてきたからこそ今の美しさがある、ということなのでしょう。

そして昨日もテレビに出演されている際、その時のテーマが 「いま熱い!ホットな食べ方」というもので、なんでも最近は、普通なら冷やして食べるものを、あえて温めて食べるのが流行っているのだとか。

例えばヨーグルト(!)なども、レンジでチンして食べることで、気温が低い時期に食べても体温が下がらず、ヨーグルト自体も酸味が消えまろやかな味になるのだとか。

そして、冷たい喉越しがたまらないビールもホットで飲むとまた違った味わいを発見できるのだそう。黒ビールにシナモンスティックをさすと、泡がしゅわしゅわ~っと立って素敵な演出になるというおまけつき。

番組では「温活女子会」なるものも紹介され、プリンをチンして食べたり、チンしたコーラに生姜を入れて飲んでいたりと、あっと驚くようなユニークな「温活」を紹介していました。

それを見ていた夏樹陽子さんも、
「私も氷の入ったものはほとんど飲みません」
とおっしゃっていました。やはり、身体の事をトータルに考えてらっしゃるのだなぁと改めて感じました。

私も普段は白湯を飲んだり、常温で飲むようにしていますが、今の季節はそれでもいいですが暑い時期はどうしても冷たいものが飲みたくなってしまいます。
そんな時にせめて常温のものを口にすることで、代謝は良くなるし、その後の季節の体にも大きな変化がなく過ごせるのかもしれませんね。

昔から人気のある商品である「桃の天然水」にも「桃の天然水ホット」なるものが発売されたのだそう!
最近ではスーパーやコンビニでも、冷たい飲み物の他に「常温」も置いてあるのを見かけるようになりましたが、冷たいものを避ける生活・内臓を冷やさないようにしようという傾向はどんどん広がっているようで嬉しくなりますね。

私もできることをコツコツ・長く続けて、いい歳の重ね方をしていきたいです。

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク