布ナプキンの良さを伝えるのは難しい?

昨日、こんなコラムをみかけました。

ショック!生理用ナプキンには恐ろしい害が隠されていた

以前にも書いた通り、私はかなり前から布ナプキン愛用者。
一度使って以来、もう手放せません。

私のようなズボラで面倒くさがりが使い続けられるのだから、
頭で考えずに一度試してみると、布ナプキンの良さがわかるのになぁ、といつも思います。

ただ、このコラムの内容に関しては、正直ちょっと誤解を招くのでは?と心配になりました。
というのも、

紙ナプキンに使われるケミカル素材が、膣を経由して子宮に悪影響を与えるという説があるのです!
とくに、子宮内膜症発症率との関係が指摘されています

この部分、私も以前のブログにこの件に関しては確かにふれました。

ただ、個人のブログがひとり言でつぶやくレベルなら許される気もしますが、
このブログの様に、冷えとりやハーブシャンプーなど、
ある特定のジャンルに興味がある方たちが集まるような場所に書く生地と違い、
不特定多数の人たちが大勢見る場所に置くのは危険な気がします。

私は完全に布ナプキンの生活を送っていますが、
それが誰しもできるとは思っていません。

毎月の生理が非常に辛い方もいるでしょうし、
その量も人それぞれ、とてもじゃないけれど会社勤めをしながら布ナプキンを使うのは無理・・・
という方も少なくないでしょう。

でも実際に長い間布ナプキンを使ってみた経験者としては、
女性にとって、少しでも不快感をなくす重要なツールだとも思っています。

だからこそ、こうして小さな声ではありますが、
布ナプキンの良さを少しでも多くの方に知って欲しくて、ボソボソとつぶやいているのです。

何度も言いますが、それができるのもこの場所が
「ある特定の場所」
であるから。

個人の小さな専門店には、それが欲しい人しか来店しないのと同じで、
冷えとりや布ナプキン、ハーブシャンプーに興味がない人はここにたどり着かないでしょう。

だからつぶやける話もあります。

このコラムには、ケミカルナプキンの体や環境に与える悪影響に対比するように、
布ナプキンの素晴らしさを書き連ねてありました。

書かれている布ナプキンの良さは確かにその通り!という事ばかりなのですが、
その対比のさせ方に少し不安を覚えました。

案の定、そのコラムのコメントには否定的なものばかりが寄せられていました。

「布ナプキンの宣伝とは言え、紙ナプキンを悪く書きすぎでしょw布ナプキンの効果も大袈裟で却って信憑性がないよ」
「世の中の殆どの人が使ってても被害報告が深刻化されてないよ。てか、洗濯方法面倒やん。そりゃー浸透せん筈だわ」
「これはかなり分かりやすいステマですな」
「ちょっと待て、布ナプキンの良さを伝えたいのは分かるが何故科学的根拠が無い事を堂々と言いながら
紙を批判し布を推す記事を仮にもプロが書くんだ!?」
「なぜ紙ナプキンが一般的なのか考えたことあるんだろうか… 」

やはり、です。
布ナプキンを全く知らなかった人が読んだら、軽い怒りさえ覚えるでしょう。
自分が使ってきたものを全否定されているのですから。
しかも、
「怖い病気になる(かも)よ」
という脅しつきで。

悲しいけれど、ステマと捉える方がいても仕方がないかもしれません。

確かに布ナプキンは素晴らしいものです。
ぜひとも多くの女性に使って欲しいと心から思っています。

でも伝え方をちょっとでも間違えると、大きな誤解を招くのも事実。
ましてや、「病気になる」等の情報が含まれると特に、です。

私も良い情報はどんどんシェアして行こうと思っていますが、
こういうのを見るとちょっとドキドキしちゃいますね。

ついつい頭の中に、
「良いニュースは小さな声で語られる」
という言葉が浮かんでしまいます。

あ~、でももったいない!!
布ナプキンの良さ、多くの女性に知って欲しいのにな~。

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. さと より:

    haco.さんへ

    こんにちは。

    私は足に興味を持ち、リフレ(ふくらはぎ含む)アロマなどを学びました。

    学んだだけで自身の中には落とし込めていませんが…

    なので冷えとりにはとても共鳴できたのです。

    冷えとり靴下、布ナプキン…その他(大きなくくりでの癒し関連ごとなどなど)は

    心地よいと感じる人がやればいいことだと思います。

    布ナプキンで最近感じたことは、人間は生まれた瞬間からにそのほとんどの赤ちゃんが

    紙おむつをするんだよなぁって…

    どんなに肌触りがよくても一番最初に触れるものはケミカルな紙おむつ。

    複雑な思いがいたしましますね。

    ここからは私事となります。

    私は現在52歳です(初潮が早かったのでとっくに閉経しています)

    閉経の頃はちょっと夫といろいろありまして悩んでおりましたが、

    その中でリフレに出逢い、そこから繋がる方々のおかげで

    「まずは自分自身を満たすこと」にシフトしていきました。

    ちょうど更年期の頃とも重なったわけですが、

    多少の不調があったくらいで特に困ったこともなく過ごせました。

    とはいえ、まだまだ紆余曲折はあります。

    ですが冷えとりを知り、固まっていたわだかまりのような物が

    解けつつあるのを感じます。

    起こることはすべて必然であると私は考えています。

    半世紀以上、生きてきてそう感じられるようになりました。

    あらがわずに、そのままを受け入れこれからを過ごしていきます。

    hako.さんは冷えとりを通してさまざまなことに

    気づかれたのではないでしょうか?

    お子様のまだ小さくていらっしゃいますが、

    素敵な女性なのだなと記事を楽しみに拝読しております。

    長々と大変失礼いたしました。

    • haco. haco. より:

      さとさん、素敵なコメントをありがとうございます。

      実は私も今、ある分野に関して興味が深くなり、
      思い切ってその扉を叩いたところでした。

      「やれたらいいな~」「できたらいいな~」
      とは思っていたけれど、まさか本当にそうなるとは思ってもいませんでした。

      きっかけは、先日の大きな落ち込みでした。

      そこから抜け出したい一心で、自分の救いを求めてすがるように叩いた門でしたが、
      今思えば、やれたらいいなの状態を抜け出すために背中を押された出来事だったのでは?とすら思えるほどです。

      本当に・・・
      起こった出来事をどう受け止めるかで、その後が全然かわってきますね。

      さとさんが書いてくださった後半の部分は、
      今まさに私が歩むことになるであろうことで驚きました。
      自分を愛すること、自分を認めてあげること、
      それをしないと私は前に進めないということが、つい最近やっとわかったばかりです。

      全ての事が表裏一体、陰と陽。
      楽あれば苦ありといいますが、私は「苦」と捉えずに、「成長の場」と捉えたいなと思います。

      冷えとりを始めて以来、いろいろなことに興味を持ち始めましたが、
      先日のどん底で、新たな扉を開けた気分です。

      やはり、あれは高くジャンプする前の体を縮めた状態だったのですねw

      その時にそれに気づいていれば、どんなにか楽だったことか^^;
      この次はきっと、この経験を活かしてもっと楽に過ごせると思いますw

      さとさん、ありがとうございました。
      宜しければぜひ、これからもブログにお付き合いいただけると嬉しいです^^

  2. たまご より:

    わかります!私も布ナプキンを始めて使ってから、布ナプキンしか使っていません。旅行の日に生理になってしまっても、現地で洗う手間を買ってでも布を使いたいです。だって、使ったからこそ良さがわかるから!でも、周りにはなかなか受け入れられないですよね。「生理がつらい」といつも言っている友人に勧めても「めんどうだから」とかいろんな理由をつけて一向に布ナプキンを使おうとしないことも多いし。結局、食わず嫌いなのにもったいない!私も、私の周りの布ナプキンをを利用している人も、1回目の生理から全然違った!と共通しています。全ての人がそうじゃないかもしれないけど、猜疑心を持つ前に、使って見たらわかるのに・・・と思ってしまいます♪

  3. おおもり より:

    こんにちは。初めてコメントします。
    ブログを興味深く読ませていただきました。

    確かに布ナプキンを使ったことがない人にとっては、ステマに感じるかもしれませんね。
    病気になったり、健康に危機感を持たない限り布ナプキンに興味を持たないでしょうね。。

    わたしは5年前、子宮内膜症と卵巣嚢腫になったのをきっかけに
    2年前に布ナプキンデビューしました。
    そして、半年前に子宮内膜症が治りました。
    病院で検査してもらったところ、消えていたんです。
    卵巣嚢腫も約5センチが→2センチ弱に。

    また、生理の時のひどい吐き気&痛みも完全になくなりました。

    布ナプキン以外に湯たんぽ、お灸、食生活、化学物質を取り込まないなど、
    取り組んだことはたくさんありますが、布ナプキンの効果はかなり大きいと感じています。

    布ナプキンの良さがもっと広まればいいのに…と思いますが、
    友達に勧めて実際に使い始めた子はいませんね(笑)

    布ナプキンや冷え取りの努力は決して無駄にならない、
    将来更年期が軽くなるはずだ!と思って日々頑張っています。

    • haco. haco. より:

      おおもりさん、コメントをありがとうございます^^

      布ナプキンの良さ、なかなか伝わりにくいものですよね。
      その伝わりにくさは冷えとりとよく似ているかも。

      私も布ナプキンを使用してずいぶん経ちますが、
      幸いこれまで何の病気とも無縁でここまでこられました。
      それが布ナプキンのおかげかどうかはわからないのですが、
      とにかく、不快感がない、というだけで続いています。

      でもおおもりさんの体験を聞くと、布ナプキンの本当の力が見えてくるような気がしますね。
      子宮や卵巣の不調は、化学物質のナプキンのせいだ、という人もいるし、
      そう言ってしまうと極端過ぎて受け入れられないと思いますが、
      そう思うならまず、布ナプキンをぜひ試してほしいという気がします。

      私も何人かに布ナプキンを勧め、2人始めてくれましたがそれもずいぶん昔のこと、
      今でも使っているかどうか・・・

      おおもりさんのように、はっきりと効果がわかっていると続けるモチベーションになりますね。
      いいお話をシェアしてくださってありがとうございます!