ノーブラで過ごすようになってからブラジャーの締め付け感を改めて知る

シェアする

にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

この夏は家の中ではノーブラで過ごしていました。
関連記事 朝家事の後はしばらく裸族で過ごしています

リネンのノースリーブシャツの下がノーブラというのが定番でしたが、時々は文字通りの「裸族」で過ごす大胆なこともしていました。

ずいぶんと涼しくなった今は裸族はもちろんのことノーブラで過ごす日も減ってきました。以前のように 「ユニクロのブラキャミ+シルクのブラシート」 を着用しています。

しかし、ひと夏をノーブラ&裸族で過ごしてきたからでしょうか、ブラキャミですら締め付けが苦しいと感じるようになったのです。

スポンサーリンク

解放されて初めてわかる締め付けの強さ

つい先日、「胸を開く」というブログ記事を書きました。
関連記事 冷え性改善で呼吸を意識してみる 胸を開いて空気をたくさん取り込む

ヨガを続けているうちに、背中の柔軟性も出てきたのでしょうか、肩甲骨をギュッと縮めて胸を前に突き出すようなことも楽にできるようになったことも幸いしたのだと思います。

ある夜、半身浴をしようとブラキャミを脱いだ際、胸まわりの緊張がスッとほどけるような感覚がありました。と同時に、吸い込んだ息がスーッと胸の奥深くまで入ってきたのです。

これまでブラキャミを愛用してきたのは、ブラジャーとは違い締め付けがなく楽だったから。
それでも胸を締め付けていることには変わりなかったのです。

ノーブラで過ごしてみたからこそわかった真実。

また、裸になった時に胸を開くようにしてみると、普段気づいた時に胸を開いたりヨガの最中にそうするのとは、さらに一段階呼吸が深まるのもわかります。

要するに、ヨガの最中ですら、いえもしかしたらヨガの際にはスポーツブラをしている分、ブラキャミ着用時よりも胸を開きにくい状況になっているのかも!

とはいえ、ヨガの時にノーブラというわけにもいかないし、普段の生活でノーブラで過ごすというのもなかなかできない場合が多いでしょう。

その打開策としては、ノーブラで過ごす時間を細切れでもいいからできるだけ多く持つことかなと思います。

ノーブラの時間は長ければ長いほどいいと思います。ノーブラで過ごしてみて、どんなにか胸が開くかを一度体験してみるのが一番いいかもしれません。

寒くなっていく季節であれば、服を重ね着すればノーブラでもまわりが気づきにくいかもしれませんね。もしくは・・・トップにバンドエイドを貼ってみるとか?(^_^;)

ノーブラで胸が垂れるのを気にするのならぜひ筋トレを♪
気づいた時に簡単な大胸筋の筋トレをするだけでも全然違いますよ。ブラに上げてもらうのではなく、自分の意志で持ち上げたいものです。

「自分の体を自分でコントロールする」のはとても気持ちがいいことです。ブラの締め付けに慣れてしまっていると、体からの声に気づかなくなってしまうかも。

解放してあげるという最高の贅沢を味わってみませんか?

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. avatar 七日 より:

    こんにちは。
    初めまして。
    私は本格的な冷えとりを始めたのが、
    去年からでして
    まだまだ初心者なのですが
    ブログ拝見させていただき
    とても勉強になります。助かっております。
    ありがとうございます。
    また、
    突然で大変失礼かと思いますが、
    どうかお許しください。

    冷えとりをしている際に
    寝具のこだわりありますか?
    私はひどい冷え性なんですが、
    湯たんぽを使っていますが、
    冷えがひどく
    布団が良くないのではないか
    とか
    最近考えるようになりました。

    過去記事を検索させていただいたのですが、
    布団についての記事がなかったように
    思いまして、(見つけるのが下手ですでに書いてあったらごめんなさい!)
    もし、よろしければ、寝具のこだわりがあれば教えてほしいです。よろしくお願い致します

    • avatar haco. より:

      七日さん、コメントをありがとうございます(^-^)

      このブログが七日さんの参考になっているのなら嬉しいです。

      さて寝具ですが、私はそんなにこだわりはないんです。
      冷えとりと同じで、化繊ではない天然素材の寝具を使っているというくらいでしょうか。

      夏の間はリネンのシーツと、夏用の羽根布団にリネンの掛けカバーをかけています。
      冬は綿を少し起毛させたような素材のものです。

      夏も冬も化繊で冷たく感じる商品や化繊を起毛させたものが多くなりましたが、それだけは避けています。
      これは特に冷えとりだから・・・というわけではなく、単に自分の好みですが(^_^;)

      それから枕ですが、これまで様々な枕を使ってみたのですが肩こりがなくならず、数年前から枕を使わずにタオルを敷いて寝ています。
      最少は居心地が悪かったですが、今では枕を使うと必ず寝違えてしまうほどになりました。

      ベッドのマットレスはマニフレックスです。メーカーに問い合わせたところ、湯たんぽを使用してもOKとのことなので安心して使っています。

      とにかく、肌にあたるものは下着や服だけでなく、寝具も天然素材にしているというのがこだわりといえばこだわりでしょうか。

      こんな感じですが、七日さんの参考になれば幸いです(^-^)

  2. avatar 七日 より:

    お返事ありがとうございます!!
    私も枕は竹枕や病院で使うような枕など試してきましたが、
    バスタオルを丸めて使うのが落ち着きました^ ^
    参考にさせていただきます!
    マニフレックスのマットレス良さげなんですね。気になります!
    ありがとうございます

    • avatar haco. より:

      七日さん、お返事が遅くなってしまい申し訳ありません。

      バスタオルは自分の求める高さに合わせられるのでいいですよね(^-^)
      私もバスタオルで使うようになってからは寝違え知らず!です。

      マットレスは硬さの好みもあるでしょうから、一度実際に寝てみるといいかと思います。
      マニフレックスに関してはどこでも(イオンの寝具売り場なのでも)置いてあるので、横になってみて感触を確かめてみてください。

      私は購入に至るまで、何度も何度も何度も(笑)確かめさせてもらいましたよ(^-^)